2017-10

今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事 - 2017.10.20 Fri

今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事です。

2009~2011年のキルトジャパンでの連載に加筆されて1冊に・・・

このころ京都でのレッスンギャラリーに出かけて、布を選んでいただいたこともあったなぁと遠い目・・・

私たちの世代(@パッチワーク)はまず松浦さんから入ったなぁと思います。

変わらない端正な作品群です。

懐かしい世代も、見たことないとおっしゃる世代もぜひどうぞ。



今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事

キルトジャパン2009年7月号から2年にわたる連載「松浦香苗の伝えたい針仕事」をまとめたものに、新作を加えて再編集しました。トラディショナルパターンをテーマにした作品とそれにまつわるお話がメインで、読み物としても楽しむことができます。布柄、色合わせ、仕上げと作り方といった作品作りのこだわりや、松浦さんが考案した針と糸を使わないパッチワーク、アンティークのお針道具などの貴重なコレクションも必見です。作品制作における原点から現在に至るまでを集約。ファンはもちろん、パッチワークキルト初心者からベテランまで、見応え十分な内容の一冊です。





初めての高野山 その4 - 2017.10.20 Fri

◆ 高野山霊宝館

img095.jpg img096.jpg

平清盛が自分の頭の血で胎蔵界の大日如来を描いた曼荼羅(通称『血曼荼羅』)が見られるということで行ってみました。

さすがにいろいろな宝物をお持ちで、いろいろ面白く、興味深く・・・

運慶の八大童子はたぶん東京に行っているだろうなと思ったのですが、ひょっとして全員は行ってないかもしれないという淡い期待はあっさり・・・
img100.jpg
代わりにと言ってはなんなんですが、快慶の四天王↑が思いの外よかった♡
繊細であっさり風味。(年のせいかな(笑))
春の快慶展@奈良博に行っておけばよかったかなとちょっと後悔。
そういう意味では高野山開創1200年記念高野山の名宝展(2015年@あべのハルカス美術館)にも行っておけば・・・(・・;)


奥の院の発掘出土品も展示されていて、アンタッチャブルな世界なのかなと思っていたのでちょっと意外。

第38回大宝蔵展「高野山の名宝」平家物語の時代と高野山

平家物語は12世紀頃からの平家の繁栄と滅亡を語った物語ですが、物語の中には何度か高野山が登場します。代表的なものに、平清盛が大塔を再建した時にお大師様に出会った話があります。この出会いをきっかけに信仰心を深めた、平清盛は自分の頭の血で胎蔵界の大日如来を描いた曼荼羅を奉納しました。その曼荼羅は『血曼荼羅』と呼ばれ今も霊宝館に収蔵されています。
大宝蔵展では、この重要文化財『両界曼荼羅図』(血曼荼羅)を始め平安、鎌倉時代の貴重な文化財を展示すると共に、平家物語の中で登場する高野山を紹介いたします。

img099 (2)

平成29年10月14日(土曜日)~12月3日(日曜日)
高野山霊宝館

金剛峯寺をはじめ、高野山に伝えられている貴重な仏画・仏像などの文化遺産を保護管理し、一般にも公開する目的で大正10年(1921年)に開設された、博物館相当の施設です。建物は宇治平等院を模して建造され、高野山でも数少ない大正建築として登録指定文化財に指定されています。






秋の長雨が降り続き、しかも寒くて、あっさり退散。
20時間ほどの滞在でした。
高野山には一度上ると、生前 からの自分の罪がすべて消えるという言葉があるそうです。



ほとけさまの種類↓

初めての高野山 その3 - 2017.10.20 Fri

SN3S0013_20171020164525a63.jpg初めての高野山 その3です。


◆ 一乗院

宿泊は別格本山一乗院にて。宿坊初体験。

高野山には現在117の塔頭寺院があり(街を歩けば〇〇院が連なっているのには驚くばかり)、そのうち宿坊寺院は52カ寺!
これを弘法大師が望んでいたとは思えないのだけれど、生き残る術としての高野山の選択だったのでしょう。

一乗院は弘仁年間に開かれて以来約1000年の歴史があり、特に九条家とのつながりが深かったのだそう。
(大名や公家などはそれぞれ御用達の塔頭寺院が決まっていた)

ichijouin.jpgご本尊は弥勒菩薩。
(本堂は写真撮影禁止のための表紙で)
鎌倉仏を平成20年に修復されたのですが、そのとき文化財としての価値より信仰の対象としての価値を選ばれたのだそう(・・;)

そのほか、阿弥陀如来、千手観音、毘沙門天、不動明王などもお持ちで、朝の勤行の前に見せていただけます。
HPでもでも見られます)

本堂の欄間や天井絵、室内装飾もとてもきれいです。




密教というものを誤解していたように思います。(清貧に甘んじるつもりはさらさらない)

SN3S0082_201710201728401c1.jpg上段の間

SN3S0078_20171020172839204.jpg上段の間の曼陀羅

SN3S0072_2017102017283573d.jpg塗りの扇面散屏風
空海の一生を描いている


SN3S0075_20171020172836ab7.jpg調度もそれぞれ狩野派などすばらしい

SN3S0083.jpg

SN3S0071_2017102019435373c.jpg

SN3S0070_201710201921419e5.jpg

SN3S0076_201710201728386c0.jpg

SN3S0063.jpg宝来

あちこちにかけられている切り絵の奉書は「宝来」と言って、しめ縄の代わりに掛ける縁起物。
弘法大師・空海が中国からもたらしたもので、高野山には農地がなく、しめ縄を作る稲わらを入手するのが難しいことから、この宝来を神棚や床の間、玄関などに掛ける習慣のようです。
専門の業者があって、市販もされてます。


SN3S0062_20171020192136c69.jpg


この一乗院は料理自慢の宿坊として選んだところ

・夕食
SN3S0065 (2)

SN3S0064_20171020194612052.jpg

SN3S0066_201710201943514d3.jpg

・朝食
SN3S0067_20171020194352b21.jpg

もちろん精進料理ですが、品数の多さ、目でも美しく、何よりほんとうに美味しい♡
町場の料亭に劣らないと思いました。

本も出されています。

高野山 一乗院のこころとからだをととのえる精進料理





朝食の前には朝の勤行に参加。(6時起床、6時20分本堂に集合、6時半~約1時間)
僧たちの声明のあと、宿泊客も般若心経を詠み、焼香。
なかなかない経験でした。

お庭も美しい。
SN3S0077_2017102020105783f.jpg

SN3S0079_20171020201058054.jpg

SN3S0080_20171020201059114.jpg



神仏習合(・・;)
SN3S0081_20171020201101e4d.jpg




初めての高野山 その2 - 2017.10.20 Fri

初めての高野山 続きです。
               画像はクリックすると別タブで大きくなります

◆ 奥の院

高野山の信仰の中心であり、弘法大師が入定(にゅうじょう・永遠の瞑想に入ること)を されている聖地です。一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、おおよそ20万基を超える戦国武将(の6割)の墓所をはじめ企業の供養塔や阪神大震災の慰霊碑の数々が樹齢千年に及ぶ杉木立の中に立ち並んでいます。
okunoin.png

SN3S0018.jpg一の橋・奥の院の入り口

SN3S0019.jpg卒塔婆形町石
壇上伽藍でいったん一になった町石ですが、壇上伽藍からか奥之院に至る参詣道に別の36基があります

SN3S0020_20171020084127c28.jpg信州松本水野家(他に2か所)

松本にはよく行くのでなんとなく親しみを感じて

SN3S0021.jpg武田信玄

SN3S0022l.jpg石田三成

SN3S0025.jpg

織田信長、明智光秀、石田三成、伊達政宗、武田信玄・勝頼、上杉謙信、真田家などの戦国武将から始まって、豊臣家、徳川家、大名たちまで呉越同舟で、深山幽谷の趣の中苔むした墓石の林立はなんとも言えない雰囲気・・・
ほんとうのお墓ではなく、いわゆる供養塔なのでしょうが、なぜこんなに?という疑問がわくのが自然なところ。
宗派関係なく(密教とは限らず)もう大師信仰なのでしょうね。
徳川が特に奨励したという話もあります。
弘法大師のそばに眠れば必ず浄土へと導かれるという信仰です。

当然のことながら奥の院(=弘法大師)に近いほど価値が高い・・・。

信長の墓は江戸時代の絵図では中ほどにあったのが、いつの間にか(誰かが寄進したのでしょうが)御廟近くに移転していたそうです((『「敵将」信長の墓、なぜ一等地に 子孫が移す? 高野山』

かと思えばふぐの慰霊碑や企業の供養塔など現代のものも。(真新しい○〇家の墓も)
SN3S0024l.jpg

SN3S0027_20171020091154daa.jpgロケットやらコーヒーカップやらなんでもありのモニュメント


これらの奥に燈籠堂、その奥に弘法大師が今も生きて祈り続けているという御廟があります。
ま、信仰ですからとやかくは言いますまい。
今も1日2回お食事も運んでいます。(スパゲティなども召し上がるそうです)

四国お遍路のお礼参り(結願)に来られているらしき方もお見掛けしました。


◆ 金剛峯寺
高野山真言宗3600カ寺の総本山
ただし明治時代に清巌寺と隣接の興山寺を統合して命名。
本堂は壇上伽藍の金堂。

SN3S0052_201710201008005b1.jpg

SN3S0053_201710201008012be.jpg

SN3S0054.jpg大主殿

東西60m、南北70m


SN3S0056_2017102010080411d.jpg

SN3S0059_20171020100805d2b.jpg



◆ 女人堂

その昔、高野山には七つの登り口があり、高野七口(こうやななくち)と呼ばれていました。
明治5年(1872年)に女人禁制が解かれるまで、女性の立ち入りが厳しく制限され、そのため各登り口に女性のための参籠所が設けられ、女人堂と呼ばれました。
この女人堂は唯一現存する建物。
SN3S0048_2017102015211787a.jpg

SN3S0050.jpg

SN3S0051_201710201521215be.jpg

SN3S0047_20171020152116538.jpg不動坂口



初めての高野山 その1 - 2017.10.19 Thu

先月のブラタモリ、3週続いた高野山シリーズ(#82,83,84)を見て、行ってみたくなった高野山へ行ってきました。
高野山へ行くのは私は初めて。実は和歌山県に足を踏み入れるのも初めて。

京奈和道の県内不通区間が8月に開通したばかりで(しかも無料)、けっこう行きやすくなりました。 
(平城宮跡をどう通すかという難所のおかげで全線開通はいつになるのか不明・・・)

◆ 慈尊院
まずは参詣道の起点慈尊院へ。
高野山の麓・九度山町にあります。
昨今九度山と言えば真田ですが、空海がこの慈尊院に滞在されていたお母さんに会いに月に9回山を下りた故事にちなんで九度山と名付けられたのだそうです。(高野山は女人禁制でした。)
SN3S0010.jpg

SN3S0005.jpg

SN3S0004.jpg

SN3S0007.jpg卒塔婆形町石

高野山への表参道・町石道の起点になる百八十町の町石です。
この卒塔婆形町石が1町(約109m)ごとに建てられているそうで、それをたどって21㎞の山道を登るという参詣道(町石道)があるのですが・・・・・・さらさらご遠慮申し上げて、車で高野山へ。

車でもなかなかの登攀ルートです(・・;)
途中で、いくつか町石を見ました。



高野山(こうやさん)は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置する。平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている[1]。
2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録



◆ 壇上伽藍
高野山の二大聖地のひとつ。弘法大師が真言密教の根本道場を開くにあたり最初に整備に着手した場所です。
境内にはたくさん(19だそうです)の建造物が所狭しと建ち並びます。(奈良や京都の比ですが)

中門 2015年再建
SN3S0029_20171019165856de1.jpg SN3S0031_20171019165859668.jpg 
四天王が安置されている。
正面の2体は1819年の左・多聞天、右・持国天。
後ろは現代の広目天と持国天


金堂
SN3S0032_20171019165900777.jpg
武田五一設計。 本尊は秘仏。

SN3S0044_20171019170252a2f.jpg
後ろ側


六角経蔵
SN3S0033_201710191659024fd.jpg SN3S0037.jpg
一切経が納められていて、把手がついており、経蔵自体を回すことができるようになっていて、一回りすれば一切経を一通り読誦した功徳が得るといわれているそうです。(チベットのマニ車みたい)
もちろん一回りしてきましたけど、ご存知の方は少ないようで人気はなかった・・・。

山王院
SN3S0034_20171019170106556.jpg
その奥の明神社に祀られている丹生明神、高野明神(狩場明神)を礼拝する場所
高野山の神仏習合の象徴
文禄3年(1594年)に再建された重要文化財

准胝堂
SN3S0040.jpg
平安時代中期の天禄4年(973年)頃、准胝観音を本尊とする。
准胝観音は、空海が得度の儀式を行う際の本尊として自ら造ったと伝えられている、

御影堂
SN3S0041.jpg
弘法大師がお住まいになっていたとされるお堂。
平城天皇の第三皇子で、空海の十大弟子の一人となった高岳親王(真如)が描いた「弘法大師御影像」が納められているので御影堂と呼ばれた。
御逮夜法会(旧暦御影供の前日)の後のみ、一般内拝OK。

根本大塔
SN3S0042_20171019170250dd5.jpg
空海が密教道場のシンボルとして建設を始めた、日本で最初の多宝塔。
内部は大日如来を本尊とした立体曼荼羅になっている。
何度も落雷や火災に遭い、現在のものは1937年(昭和12年)に再建。鉄筋コンクリート造。

三鈷の松
SN3S0043_2017101917025190e.jpg
空海が唐から帰国するとき、明州の浜から日本で真言密教を広めるための場所を示してほしいと三鈷杵(法具)を投げたところ、その唐から投げた三鈷杵が引っかかっていたと伝わる松の木(・・;)
三鈷杵を象徴する葉が3枚の落ち葉。(財布に入れておくと・・・お定まりの云々)

SN3S0046l.jpg鐘楼のレリーフも美しい。




(付け焼刃で読み漁った)参考図書は↓

ビーズファスナーのポーチ - 2017.10.06 Fri

SN3S0059_20171006143412752.jpg

ビーズファスナーなるものを発見し 一目惚れ♡  かわいい~♡

で、どうせならと一番かわいい色を購入し (もっとシックな色目のもあったのに)

こんな色目はほぼ使ったことがないので、合うような生地が見つからなくて、引き出しをゴソゴソ(;'∀')

探せばあるもので、ぴったりの布を発見! いつ、どこで、何のために買ったのでしょう(・・;)

ピースワークするつもりだったのに、ぴったりすぎて、1枚布で制作しました。

ペタンコポーチです。


うしろはこんなの
SN3S0061_20171006144553306.jpg
ミシン刺繍にしようか、さんざん迷って、ほどくのがいやで手でしたヘタレです(;´▽`A``

フリーモーション、もう長いことやってないしねぇ。(迷っている間に練習すればいいのに・・・)

ビーズファスナー、もう2年も前に新発売だったそうで・・・遅れてる・・・(>_<)



豊国神社、方広寺、六波羅蜜寺&建仁寺 - 2017.10.04 Wed

国宝展鑑賞が予想外に早く終わってしまったので、前から京博付近の地図を見るたびに気になっていた、北隣の豊国神社&方広寺へ、そこからまた北へ六波羅蜜寺、そこからまた北へ建仁寺へ。
どこも初めて。東山ももっと東はよく行ったのですが、この辺は全く歩いたことなかったなぁ。
結果京阪電車二駅分(七条~四条)歩きました。お天気も良く、風も涼しく気持ちよかったのでね。
(写真はクリックすると大きくなります。)

● 豊国神社
神号「豊国大明神」を 下賜された豊臣秀吉を祀る。豊臣家滅亡とともに徳川家の命により廃絶となったが、のち に明治天皇の勅命により再興されたそうです。
絵馬がひょうたんの形で、納得。
SN3S0059.jpg SN3S0060.jpg

SN3S0061.jpg

SN3S0062_201710041642476eb.jpg SN3S0064.jpg
唐門は国宝。伏見城から移築したと伝えられている桃山期の四脚門


● 方広寺
豊臣秀吉が発願した大仏(盧舎那仏)を安置するための寺として創建された。1798年の落雷により大仏、大仏殿は焼失している。
SN3S0068.jpg SN3S0067.jpg

SN3S0065.jpg SN3S0066.jpg

SN3S0065 (2)
 あの大坂冬の陣のきっかけとなった「国家安康」、「君臣豊楽」の鐘
 でもあんな無茶な因縁をつけておいて鐘は(鋳つぶされもせず)現存しているのですよ(-_-;)
 (第2次世界大戦のときはどうしたんでしょうね)

 みんなが聞くからでしょうね。白く表示。





● 六波羅蜜寺
有名なお寺なのですが、初めて。で、丹の色の鮮やかさにびっくり。空也上人が開山。
宝物館に行ってまたびっくり。国宝や重文の仏像がずらっと! もちろん空也上人のあの像も運慶・湛慶や空海、清盛の坐像なども。
運慶作の地蔵菩薩坐像は東博へ出張中でお留守。

SN3S0070.jpg SN3S0069_20171004171727309.jpg


● 建仁寺
SN3S0084.jpg (京博に展示中)宗達の風神雷神図屛風の所有者です。
 初めてなのですが、相国寺ととてもよく似た伽藍配置で間違えたかと(笑)
 禅宗だからなのか、京都の市中にあるからなのか・・・


・方丈 襖絵がそれは見事!(高精細デジタル複製を一般公開) お庭も!
SN3S0082.jpg SN3S0071.jpg 

SN3S0072.jpg SN3S0073.jpg

SN3S0076.jpg SN3S0077.jpg

SN3S0074.jpg SN3S0075.jpg

・法堂
SN3S0081.jpg SN3S0080.jpg

SN3S0079.jpg 

写真撮影自由で、祇園花見小路あたりでレンタル業者が多いのか、キモノを着て写真を撮る外国人の多いこと!
確かに絵になります。
ただほんとうの着物はそんなに安っぽいペラペラのケバイ色柄のものじゃないのよと言いたくもなりますが、ま、観光用だもの仕方ないか~(-_-;) (中に日本語で話す女の子2人組がいて、逆にビックリ)


そのまま花見小路を北に上がり、四条で西に折れて

耐震工事中の南座。1階部分は定式幕カラーの囲いに覆われてましたが、どこまで工事が進んでいるのでしょうね。
上の部分、全然違って見えたのですが、そういえばまねきの上がっていない南座をしげしげ見たことないような気がして、違っているのかどうかわからなくなってきて・・・(・・;)
SN3S0085.jpg
隣の祇園饅頭はしっかり営業していたのでお月見団子を購入。

今夜は十五夜。
ほんとに満月がきれい♡ 



『開館120周年記念 特別展覧会 国宝』  1回目 - 2017.10.04 Wed

img076.jpg img077.jpg

『国宝』展です。
喧しく宣伝しているのですが、4期に分けて一挙公開!というところがミソで
つまり4期行かないと全部は見られない!

とりあえず1回目行ってきました。
中で5分ほど並んだだけでスムーズには入れましたが、会場は混んでいてなかなかじっくりとは見られない・・・。
(「立ち止まらずに進んでください」とアナウンスがかかるほどではありませんが)

観たことがあるものも多いのでね。
今回はそんなに大感激したものはなかったかなぁ。

今回は火焔型土器を観たかったのですが、「火焔型土器ナンバーワン、16年ぶりの県外公開!」ということで期待したのですが・・・小さい・・・前にドイツからの里帰り展で初めて現物を見て感動したときのはもっと大きくて、食うや食わずだった(と思っていた)縄文時代にこんなに意匠も素晴らしくて大きなものを作っていたんだと感動し、その感動をもう一度と思ったのですが・・・。

等伯の楓図は智積院で見るときよりぐっと映えていた印象。
(隣に狩野派の人のちまちました楓図があったのでよけいに・・・ヾ(・・;)ォィォィ ん?狩野派のちまちまって言うのも珍しいかも)

彫刻(=仏像ってことなのだけど)はどれもステキで、中でも浄瑠璃寺の多聞天はよかった♡ (恐るべし浄瑠璃寺!地元で見ろって話なんですけど、浄瑠璃寺って高校の遠足で奈良駅から歩いて行ったことがあるだけなので一度行ってみなければ)


出品一覧・展示替え予定表はこちら(pdf)です。
ご覧になりたいものがいつ出品されているか確認してからお出かけください。



私の観たいものが4期に分散しているのはひょっとしてイジメなのでしょうか(笑)


開館120周年記念 特別展覧会 国宝

2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使用された「古社寺保存法」制定より120年にあたります。当館開館と軌を一にするこの節目の年に、昭和51年(1976)に「日本国宝展」を開催して以来、実に41年ぶりとなる「国宝展」を開催します。古より我々日本人は、外来文化を柔軟に取り入れつつ、独自の美意識によって世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。歴史的、芸術的、学術的に特に優れ、稀少である国宝は、何よりも雄弁に我々の歴史や文化を物語る、類い希なる国の宝といえましょう。本展覧会では、絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から、歴史と美を兼ね備えた国宝約200件を大きく4期に分けて展示し、わが国の悠久の歴史と美の精華を顕彰いたします。


@京都国立博物館 平成知新館
2017年10月 3日 ~ 2017年11月26日
 Ⅰ期 10月3日(火)~10月15日(日)
 Ⅱ期 10月17日(火)~10月29日(日)
 Ⅲ期 10月31日(火)~11月12日(日)
 Ⅳ期 11月14日(火)~11月26日(日)



GOOD DAY その1 - 2017.09.29 Fri

SN3S0058 (2)

某書に載っていたGOOD DAYという作品。(ん~パターンの名前なのかな?)

斉藤先生(とそのお弟子さん)にしてはずいぶん大きなピースと布のシンプルさに驚き、1枚作ってみたら面白くなって

・・・増殖中(;'∀')

このブロックが126枚と書いてあるのですが、まぁそこまでは作れないとは思いますが・・・(・・;)


いえ、刺しゅうも忘れてはいません・・・(・・;)


scrap-valley.jpg
Scrap Valley

すぐに使いたいバッグ  - 2017.09.29 Fri

sugu.jpg  作りながら基礎が学べる すぐに使いたいバッグ  (よくわかるパッチワークキルト2) です。

簡単で、センスよく♪
かわいいなと思った作品がいくつかあったので購入。

作り方も懇切丁寧に載っていますので初心者にもGOOD!


作りながら基礎が学べる すぐに使いたいバッグ (よくわかるパッチワークキルト2)

よくわかるパッチワークキルトシリーズ第2弾は「すぐに使いたいバッグ」。人気のトートバッグのバリエーションをはじめ、ワイヤー口金入りのバッグ、ウォレットケースとしても使えるショルダーバッグ、ハトメ使いの大人カッコイイクラッチバッグなど37点を掲載。定番のバッグからトレンドを取り入れたアイテムは、初心者から愛好家まで楽しむことができます。作品は複雑過ぎないものにし、ポイントをおさえた詳しいプロセスで、作りながら基礎を身につけることができるので、パッチワークキルトをはじめてみたい方におすすめです。キルトのある素敵な暮らしをテーマにしたシリーズ本は、オールカラー、実物大型紙つき。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (779)
パッチワークの作品づくり (226)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (343)
パッチワークの展覧会 (88)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (183)
ハンドメイドの作品づくり (62)
刺繍&その他手芸の本 (98)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (116)
暮らし (599)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

Search

Monthly Archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: