2017-03

七月大歌舞伎 @大阪松竹座 - 2016.07.06 Wed

shochikuza_201607.jpg oosaka_201607.jpg

jakuemon_201607oosaka.jpg

久しぶりの大歌舞伎。(去年の2月の鴈治郎さんの襲名披露からだからすごい)

今回は芝雀さんの雀右衛門襲名披露公演です。 
(宝塚は卒業で、歌舞伎は襲名披露で集客する(・・;) ちなみに来年のお正月は橋之助さんと3人の息子さんの襲名披露公演です(・・;))
祝い幕
mini_160706_1047.jpg

金五郎の鴈治郎さん、どんどん(ちょっと前の)お父様と口跡が似てこられて、錯覚するくらい。

夕霧名残の正月は先代の雀右衛門さんの夕霧も観ているのですが、演出(振付)が全く変わりました。
芝雀さん、もとい雀右衛門さんは(私の認識では)地味な方なので、今後華やかになっていかれることを期待。
秀太郎さん、台詞が聞き取りにくくて、お声が小さくなられたのかとちょっと心配。

仁左衛門さんは相変わらずお若くて、切られ与三がこんなに似合って素敵!
赤間別荘の場(切られ与三が切られるところ)が入るのは珍しいらしくて儲けものでした。


中村芝雀改め 五代目中村雀右衛門襲名披露
七月大歌舞伎  昼の部 @大阪松竹座


    大森痴雪 作 戸部銀作 補綴  今井豊茂 演出
一、小さん金五郎(こさんきんごろう)

 お崎という許嫁をもつ若旦那六三郎は、芸妓のお糸に夢中になり、家宝の茶入れを五十両で質入れしたため勘当され、今は太鼓持六ツ八となっています。お糸と別れさせることを頼まれた髪結いの金五郎は、お糸を宥(なだ)めて六ツ八との起請を預かり、渋る六ツ八に祝言を承知させますが、納まらないお糸は同じ芸妓の小さんに加勢を頼みます。
 五十両の金の工面を巡っての小さんと金五郎の張合いはみどころで、大詰めの立廻りには独特の色気が感じられます。情緒にあふれ喜劇味のある上方狂言の面白さをお楽しみください。

金屋橋の金五郎     鴈治郎
芸妓額の小さん    孝太郎
太鼓持六ツ八実は木津屋六三郎    亀 鶴
芸妓大村屋のお糸    児太郎
奈良屋権左衛門    松之助
千草屋女房お縫    寿治郎
千草屋娘お崎    廣 松
女髪結お鶴    吉 弥
広瀬屋新十郎    錦之助


      今井豊茂 脚本
二、夕霧名残の正月(ゆうぎりなごりのしょうがつ) 
      由縁の月
 病によってこの世を去った遊女・夕霧の四十九日。彼女の恋人であった藤屋伊左衛門は、放蕩の末に家を勘当され、借金を抱え、夕霧の死に目にも会うことができませんでした。すっかり落ちぶれていた伊左衛門は、夕霧の死を知り、起請を香華の代わりに手向けようとするところ、気を失います。そこへありし日の姿のままの夕霧が現れ、喜ぶ伊左衛門は夕霧との逢瀬を楽しみますが、やがて夕霧はその姿を消すのでした。
 地唄の「由縁の月」などをもとに書かれた舞踊劇をご覧いただきます。

藤屋伊左衛門     藤十郎
扇屋夕霧 芝雀改め雀右衛門
太鼓持鶴七    廣太郎
同  亀八    廣 松
扇屋三郎兵衛    友右衛門
扇屋女房おふさ    秀太郎


   三世瀬川如皐 作
三、与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)
       木更津海岸見染の場
       赤間別荘の場
      源氏店の場
 江戸の大店伊豆屋の若旦那与三郎が木更津の浜見物をしているところへ、この界隈の顔役赤間源左衛門の囲われ者であるお富が通りかかり、互いにひと目惚れします。逢瀬を重ねる二人の関係を知った源左衛門により、与三郎は全身に三十四箇所の刀傷を受け生死の境をさまよいます。与三郎が死んだと思って海に身を投げたお富でしたが、和泉屋多左衛門に救われます。それから3年、命を取り留めた与三郎は「切られ与三」の異名をとってならず者の仲間に入っています。ある日、兄貴分の蝙蝠安に伴われて鎌倉・雪の下の源氏店にたかりに入ったところ、死んだと思っていたお富と運命的な再会をするのでした。
 おなじみの名せりふが織り込まれた世話物の名作にご期待ください。

伊豆屋与三郎     仁左衛門
お富   芝雀改め雀右衛門 
鳶頭金五郎    橋之助
番頭藤八    松之助
赤間源左衛門    團 蔵
蝙蝠安    歌 六
和泉屋多左衛門    梅 玉


小さん金五郎 11:00-12:00
      幕間 30分
夕霧名残の正月 由縁の月 12:30-12:50
      幕間 20分
与話情浮名横櫛  序幕・二幕目 1:10-1:55
     幕間 10分
与話情浮名横櫛 三幕目 2:05-3:00





  mini_160706_10560001 (2)
  京都先斗町のキレイどころたくさんお見え。
  南座では見慣れた景色ですけれど、大阪松竹座ではこんなに団体では見たことがなかった・・・
  下の普通のお席にもたくさんいらしたんですよ。
  昨夜火事があったばかりですけれど、おねえさんたちには関係ないのかもしれません。
  今年の京都の顔見世は先斗町の歌舞練場で行われるのでしたね。


阿弖流為(あてるい) - 2015.10.14 Wed

aterui1.png

aterui2.png

歌舞伎NEXT 阿弖流為 あてるいを観ました。

高橋克彦さんの『火怨―北の燿星アテルイ』を読んだのが2005年のこと。
そのときからの阿弖流為(あてるい)の大ファン❤ (私には珍しく再読を繰り返しています)

2002年に劇団☆新感線で染五郎さんが舞台化されていたのを知って惜しいことをしたと思っていたのですけれど(アテルイ) それを歌舞伎化したのが本作!
これはもう見るっきゃない!!
染五郎さんは『マンガ日本の歴史7』を読んで阿弖流為に注目されたのだそうです。
そういう子ども向けの概論のマンガに阿弖流為が載っていたことに、ちょっとびっくり!

舞台の方、"歌舞伎"とはまた違ったスピード感あふれる場面転換&殺陣&照明&音響・・・等で基本的には面白いものでした♪
役者さんたちも皆さんそれぞれところを得て、ステキ!
私的に今回一番目を瞠ったのは七之助さん❤
久しぶりに観たという気もしますが、こんなにちゃんと台詞を言える(伝えられる)人になっていたのかという驚きは気持ちよかった!

が、私が阿弖流為を好きなのはその軍略なのですね。
そこを舞台でどう表すのかと思ったのですが、やはりそこはムリ。
阿弖流為や田村麻呂、立烏帽子の心情を描き出すのでいっぱいいっぱい。
ま、それでも まつろわぬ民 (←朝廷側が一方的に決めつける)の存在そのものにスポットがあたって、気づきがあればいいかなと思います。
なにせ坂上田村麻呂は有名なのに、阿弖流為は知る人ぞ知るという存在なんですもの。
  (昨今の沖縄の基地問題だってそうでしょ?なんで政府&本土の都合をムリヤリ押しつけるの?)


 あ~! 『火怨―北の燿星アテルイ』 また読み直したくなってきた♪


歌舞伎NEXT 阿弖流為 あてるい

 古き時代、日の国――。大和朝廷は帝による国家統一のため、帝人(みかどびと)軍を北の地に送り、そこに住むまつとわぬ民、蝦夷(えみし)に戦を仕掛けていた。その頃、都では、蝦夷の“立烏帽子(たてえぼし)党”と名のる盗賊一味が人々を襲っていた。それを止める一人の踊り女。彼女こそ立烏帽子。女だてらの立烏帽子党の頭目だった。町を襲う盗賊が自分たちの名を騙る偽者であること暴くため変装していたのだ。そこに都の若き役人、坂上田村麻呂もかけつける。さらに“北の狼”と名のる男も現れ、偽立烏帽子党を捕える。この事件をきっかけに北の狼と田村麻呂は、互いに相手に一目置くようになる。だが、北の狼と立烏帽子は、蝦夷が信じる荒覇吐(あらはばき)神の怒りを買い、故郷を追放された男女だった。
 北の狼の本当の名前は、阿弖流為(アテルイ)。故郷を守り帝人軍と戦うため、立烏帽子と二人、蝦夷の里に戻ることにする。荒覇吐神の怒りをおさめた阿弖流為は、蝦夷の兵を率い、帝人軍と戦う。彼の帰還を快く思わぬ蝦夷の男、蛮甲の裏切りにあいながらも、胆沢の砦を取り戻した彼は、いつしか蝦夷の新しい長として一族を率いていく。
 一方、田村麻呂も、帝の巫女である姉、御霊御前(みたまごぜん)や右大臣藤原稀継(ふじわらのまれつぐ)らの推挙により、蝦夷大将軍として、蝦夷との戦いに赴くことになってしまう。阿弖流為と田村麻呂、互いに認め合う二人の英傑が、抗えぬ運命によって、雌雄を決する時が来ようとしていた。

【作】中島かずき

【演出】いのうえひでのり

【配役】
  阿弖流為  市川 染五郎 
  坂上田村麻呂利仁  中村 勘九郎
  立烏帽子/鈴鹿  中村 七之助
  阿毛斗  坂東 新 悟
  飛連通  大谷 廣太郎
  翔連通  中村 鶴 松
  佐渡馬黒縄  市村 橘太郎
  無碍随鏡  澤村 宗之助
  蛮甲  片岡 亀 蔵
  御霊御前  市村 萬次郎
  藤原稀継  坂東 彌十郎


松竹創業120周年  歌舞伎NEXT
阿弖流為 あてるい
2015年10月3日(土)~17日(土)
昼の部  午前11時30分~午後3時20分
大阪松竹座






二月大歌舞伎 昼の部 @松竹座 - 2015.02.05 Thu

oosaka_201502.jpg oosaka_201502f.jpg
中村翫雀改め 四代目中村鴈治郎襲名披露 二月大歌舞伎 です。 なんと今年初めてのお出かけ(・・;)
鴈治郎襲名披露公演双月目。 
襲名披露を大阪から始めたいというのは翫雀さん改め鴈治郎さんの強い希望だったそうです。

襲名披露狂言、昼の部は吃又。 (夜の部は徳兵衛)
以前観たことがあって、そのときの女房おとくは藤十郎さんでした。
今回のおとくは猿之助さん。久しぶりに観る女形ですけど、まめまめしくいい女房でした。
ただ・・・ずっと思っているんですけど、この吃の表現って現代で許されるんでしょうかねぇ。許されるから襲名披露狂言になっているのでしょうが・・・。

口上は梅玉さんが襲名を披露するお役目。(1月は仁左衛門さんだったらしい)
門之助さんのみ女形の拵え。ちょっと意外。

京人形が壱太郎くん。楽しみにしてました❤
上手にこなしましたけど、前回観たのが菊之助くんだったので、ちょっとハードルが高かったのは否めないかなぁ。ごめんなさい。

番付に中村鴈治郎家の家系図が載っているのですが、歌舞伎の家の繋がりの濃さは知っているつもりでしたが、それにしても・・・で、ビックリ。

松竹座に櫓が上がっているのは記憶にありません。
SN3S2682.jpg

祝い幕 原画:森田りえ子さん 赤い雁はもちろん鴈治郎さん
mini_150205_1041.jpg

松竹創業120周年
中村翫雀改め 四代目中村鴈治郎襲名披露

二月大歌舞伎

一、嫗山姥(こもちやまんば) 岩倉大納言兼冬公館の場

 かつては遊女であり、今は傾城の恋文の代筆をして歩く八重桐は、ある館の前で自分の夫であった坂田蔵人のつくった歌を耳にします。誰が歌うのか確かめるため館に入り込むと、息女沢瀉姫を囲む人々の中にいた煙草屋こそ坂田蔵人でした。乞われるままに八重桐は、蔵人を巡って痴話喧嘩した様子を語り始めます。
 別名「しゃべり」と呼ばれる女方のひとり語りが眼目の義太夫狂言を、清新な顔ぶれにて上演いたします。

  荻野屋八重桐   中村 扇 雀
  太田太郎      中村 亀 鶴
  局藤浪        中村 歌女之丞
  沢瀉姫    坂東 新 悟
  煙草屋源七実は坂田蔵人時行     市川 門之助


二、 銘作左小刀  京人形(きょうにんぎょう)

 名匠左甚五郎は廓で見初めた花魁が忘れられず、花魁に似せ、等身大の人形を心込めて彫り上げました。鑑賞しながら酒盛りを始めたところ、驚いたことにその人形が動き出します。そこで、試しに女の魂といわれる鏡を懐へ入れてみると、とたんに女性らしく動き踊り始めるのでした。
 驚く名匠とコミカルな人形の動きも楽しい、長唄と常磐津の掛け合いでみせる舞踊劇。後半の立廻りまで見どころの多い作品です。

  左甚五郎    尾上 松 緑
  京人形の精    中村 壱太郎
  娘おみつ実は義照妹井筒姫     坂東 新 悟
  奴照平    坂東 亀 寿
  甚五郎女房おとく    市川 門之助


三、四代目中村鴈治郎襲名披露 口上(こうじょう) 

  翫雀改め中村 鴈治郎
  松緑、竹三郎、門之助、彌十郎、藤十郎、扇雀、壱太郎、亀鶴、猿之助


四、傾城反魂香(けいせいはんごんこう) 土佐将監閑居の場

 絵師の浮世又平は、師匠の土佐将監のもとを訪れ「土佐」の苗字を名乗ることを願い出ます。生まれつき言葉の不自由な又平に代わり、女房のおとくが切に訴えますが、又平は功績がないために許されません。長年の望みが叶わず悲嘆に暮れた夫婦は、ついに死を決意すると、又平は今生の名残りとして手水鉢に自画像を描くのでした。すると一心の思いが奇跡を起こし…。
 実直な又平と世話焼き女房のおとく。夫婦の深い情愛を描いた近松門左衛門の名作を、新鴈治郎の又平にてご覧いただきます。

  浮世又平   翫雀改め中村 鴈治郎
  女房おとく    市川 猿之助
  土佐修理之助     中村 壱太郎
  将監北の方    坂東 竹三郎
  狩野雅楽之助     尾上 松 緑
  土佐将監光信     坂東 彌十郎 (片岡我當休演につき、配役を変更)

大阪松竹座
平成27年2月1日(日)~25日(水)





GOEMON 石川五右衛門 - 2014.10.09 Thu

goemon2.jpg十月花形歌舞伎 GOEMON  石川五右衛門を観ました。
愛之助さんの持ちネタ。3回目の公演。

まぁ、五右衛門はイスパニア人の神父の子(ハーフ)って設定からしてとんでもなストーリーなのだけど(フラメンコを多用するのが冗長)、歌舞伎の美味しいところを上手く繋ぎ合せて、客席も使いまくり~の、宙乗りも2回もやり~の楽しい演出で、後味が悪くなかったのが面白かった。ってへんな感想かなぁ。
五右衛門は釜ゆでにもならず、妙に敵打ち(秀吉)にも拘泥もせず、そんな小さいことどうでもいいって大鷹(母の化身)に乗って父の住むイスパニアへ。前向きでいい。

子役の子も鬘&袴でフラメンコ踊るんですよ。いまどきの子役は大変だ。

修学旅行の高校生の団体が3階に入っていて、ちょっと心配したけれど、エンディングの宙乗りで「きゃ~~~~っ」って大騒ぎしてくれたのがかえってかわいくて、愛之助さんもノリノリ。 

壱太郎くん、どんどん上手くなりますね。楽しみ!
吉弥さん、好きな役者さんの一人ですけど、立役は初めて見ました。
上置きの翫雀さん(好色な秀吉)、しっかり来年1月の鴈治郎襲名披露公演の宣伝も!


goemon.jpg
GOEMON(ごえもん) 石川五右衛門

【みどころ】
 『GOEMON 石川五右衛門』(水口一夫作・演出)は、平成23(2011)年11月、徳島県の大塚国際美術館「システィーナ歌舞伎」の第三回公演で初演された作品です。

 誰もが知っている稀代の大泥棒・石川五右衛門が、実はスペインの宣教師の血をひく赤毛のハーフで、フラメンコも踊れるという奇想天外な設定が話題を呼び、平成25(2013)年2月には舞台装置を一新して大阪松竹座で上演。そして、ご好評を受け、今秋の「十月花形歌舞伎」で、早くも待望の再演が実現しました。

 五右衛門を演じるのは、初演からすっかりお馴染みの片岡愛之助。五右衛門の父、カルデロン役に、本公演が歌舞伎初出演となる今井翼を迎え、和と洋が巧みに交錯する大胆な演出と、二度の宙乗りで、客席を席巻する、みどころたっぷりの新たな『GOEMON』にご期待ください。

【あらすじ】
 豊臣秀吉が天下を統一し、戦乱の世が終焉を迎えて間もなくのこと。秀吉に滅ぼされた明智光秀の家臣・四天王但馬守の娘、石田局は、父の仇である秀吉への恨みを募らせ、復讐の機会を密かにうかがっていた。しかし、遠くイスパニアよりキリスト教の布教のためにやってきた神父カルデロンに神の教えを説かれると、仇討ちが虚しくなり、信仰に傾倒するようになった。いつしか二人は恋に落ち、友市という息子が生まれる。親子三人で仲良く暮らし始めたが、秀吉が切支丹禁令を打ち出したことで、カルデロンは国外に追放されてしまう。家族の仲を引き裂かれた失意の石田局は、秀吉に一矢報いようと、単身、聚楽第に乗り込んだものの、返り討ちにあって絶命する。

 時が流れ、都で全盛の人気を誇る阿国一座の「ややこ踊り」を偶然見かけた秀吉は、出雲の阿国に興味を持ち、寝所に召し出す。そこに、突如、曲者が忍び込んだとの知らせが入る。なんと、曲者の正体は、成人した友市。両親の仇敵、秀吉と対決するべく、石川五右衛門と名乗る大泥棒となっていた…。

 五右衛門は、秀吉のもとから阿国を救い出すと、その夫、名古屋山三とも手を組み、三人で共通の敵、秀吉へ立ち向かう約束を交わす。一方、一座の踊りの人気が翳り始めたことに悩む阿国に対し、五右衛門は父カルデロンの母国イスパニアに伝わる踊り、フラメンコを教え、再起へのヒントを与えるのだった。

 同じ頃、秀吉は、五右衛門が隠れ住むという南禅寺に軍勢を差し向ける。五右衛門を捕える包囲網は、すぐそこにまで迫っていた…。
 
【配役】
石川五右衛門   片岡 愛之助
カルデロン神父   今井 翼
出雲の阿国     中村 壱太郎
加藤虎之助     中村 種之助
友市(五右衛門の幼少時)  若山 耀 人 (ダブルキャスト)
友市(五右衛門の幼少時)  菊田 千 瑛 (ダブルキャスト)
石田局/名古屋山三  上村 吉 弥
北政所        市村 萬次郎
豊臣秀吉       中村 翫 雀
フラメンコ       佐藤 浩 希

平成26年10月3日(金)~27日(月)
大阪松竹座




うめだ阪急で↓が開かれます(15日~20日)。御用とお急ぎでない方はおついでにぜひどうぞ~。
あ、愛之助さんのファンの方はぜひどうぞ(って言うまでもなくご存じですね)

ainosuke1.jpg ainosuke2.jpgクリックで大きくなります
上方歌舞伎 片岡愛之助の世界展

今回のために撮り下ろしたプライベート写真や舞台写真、「GOEMON」などの演目で着用の衣裳などを展示。初公開のものを含む映像も上映し、片岡愛之助さんの魅力を余すところなくご紹介します。さらに、愛之助さんグッズの阪急先行販売、歌舞伎柄の手ぬぐいやお菓子の販売も。

◎10月15日(水)~20日(月)
◎9階 阪急うめだギャラリー ※閉場30分前までにご入場ください。催し最終日は午後6時閉場。
◎入場料:一般800円、大学生・高校生600円、中学生以下無料

なんで「GOEMON」の衣装がもう展示できるのだろう( ‥) ン? 


蛇足ながら
mini_141009_1041.jpgグリコの6代目の新しい看板が完成するまでのピンチヒッター。
綾瀬はるかさんです❤

このままでもいいのにね(笑)
ただ電飾ではないので夜は見えないようです。





七月大歌舞伎 昼の部 @松竹座 - 2014.07.09 Wed

shochikuza_201407ff.jpg関西・歌舞伎を愛する会 第二十三回 七月大歌舞伎 @松竹座行ってきました。

天保遊侠録、新歌舞伎なのでね、あまり好きなストーリーじゃないけれど
橋之助さんはさすがでしたが、少し品が良すぎるかなぁ。
児太郎くん、おっきくなったねぇ...って言っちゃいけないか、もう21なんですね。うまいですね。女形で行くのね。
国生くんももう19なのか・・・年をとりますねぇσ(・・;)

女夫狐、翫雀さんが(これまでそう見えたことは無かったのだけど)お父さん(=藤十郎さん)に見えて驚きました。

寺子屋、寺入りなし。みんな知っているものとして。
妙な座組みの寺子屋ってどうだろうと思いましたけど、さすがに達者なみなさんはこなしてくださってました。
仁左衛門さんがお元気で帰ってきてくださってほっ!
秀太郎さんはいつまでもお若くてかわいらしくてステキです。
孝太郎さんの戸波も見たかったな。

藤十郎さんと竹三郎さんも拝見したかったのですけれど、夜の部のみ。
また次回のお楽しみということで・・・



七月大歌舞伎

一、天保遊侠録(てんぽうゆうきょうろく)

 貧乏旗本の小吉は、若い頃から気ままな暮らしぶりでしたが、秀才の誉れ高い愛息麟太郎の行く末を思い、自らの出世を画策し、組頭たちを招き饗応の宴を催します。しかし、上役の腐敗ぶりを目の当たりにしては元来の性格を抑えきれず、啖呵切って糾弾するのでした。来合わせた伯母阿茶の局がその場を収めますが…。
 昔馴染みの芸者八重次との再会や、父親思いの麟太郎の決断など、重なる出来事から自身の無鉄砲な生き方を見つめる小吉の姿を活写した、真山青果の新歌舞伎です。

   勝小吉        橋之助
   坂本屋の八重次  孝太郎
   松坂庄之助     国 生 
   芸者茶良吉     児太郎
   大久保上野介    市 蔵
   中臈阿茶の局    秀太郎

  
二、吉野山雪の故事 女夫狐(めおとぎつね)

 雪深い館で一人、楠帯刀正行が亡き恋人の弁内侍を想い形見の鼓を打っていると、又五郎という供を連れた弁内侍が訪ねてきます。不審に思う正行の前に現れたのは、実は狐の夫婦で、鼓の皮にされた親狐を慕いやって来た塚本狐と、妻の千枝狐でした。
 『義経千本桜』の「川連法眼館の場」をもとにした作品で、二人を怪しむ正行からの問いかけに、様々な舞いで答える展開がみどころの常磐津舞踊です。

   又五郎実は塚本狐   翫 雀
   楠帯刀正行       菊之助
   弁内侍実は千枝狐   扇 雀


  
三、菅原伝授手習鑑 寺子屋(てらこや)

 寺子屋を営む武部源蔵と妻の戸浪は、主君・菅丞相の嫡子、菅秀才を匿う生活をしていましたが、敵方に知られ、菅秀才の首を討つように命じられます。逃れる手立てのない源蔵は、今日寺入りしてきた小太郎の首を替わりに差出すと、首実検役の松王丸が間違いないと断言して立ち去ります。安堵する夫婦でしたが、そこへ小太郎の母千代が迎えにやってきて…。
 歌舞伎三大名作の義太夫狂言『菅原伝授手習鑑』。その中でも、忠義を尽くす二組の夫婦の姿を描いた重厚な一幕です。

   舎人松王丸   仁左衛門
   松王女房千代  時 蔵
   源蔵女房戸浪  菊之助
   涎くり与太郎   国 生
   春藤玄蕃     市 蔵
   武部源蔵     橋之助
   御台園生の前  秀太郎

松竹座



大型で非常に強い台風8号が近づく中、水都大坂なんぞに出かけて遭難(?!)したら、どう申し開きしようかと思いながら・・・(・・;)
なぜかマッタク雨に会わず無事に帰還m(__)m

歌舞伎で寝たくはなかったので、今朝の ドイツvsブラジル リアルタイムでは見なかったので、PM7:00~再放送見ます!


空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語― - 2014.04.07 Mon

pl_en140305_l.jpgスーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語―大阪松竹座 です。

佐々木蔵之介の白塗りが見たくて(笑)

のっけ、口上から入ってびっくり!

スーパー歌舞伎もII(セカンド)になって、現猿之助さん色の脚本なのだと思うのだけど、漢字(=抽象的な概念)の多い脚本とスーパー歌舞伎らしいケレン味がうまく混じらない感じがして居心地が悪く、のめりこめなかった。
まあ、スーパー歌舞伎IIのスタート地点を見られたのは僥倖なのかもしれないけれど・・・。
たぶん猿之助さんの生ある限り、進化していってくれるのでしょうね。

澤瀉屋のみなさんは当て書きなのでしょう、適材適所。
特に右近さんの説得力はさすが。出番は少なくても締めました。

福士誠治さんと浅野和之さんは美味しい役どころでもあったので楽に演じられているようで、よかった。中村屋の笹野さんのようにレギュラー化するのかもしれませんね。
一番難しい役どころの蔵之介さんは・・・ご本人の率直な本音の感想を伺いたい。

2人の宙乗りは大サービスでよかったですよ。
そのために(初めて)2階桟敷席を取って大正解。
舞台装置の様子もよく見えましたし、面白かった。
美術はGOOD! 気に入りました。

20日までです。まだ少々お席残っているみたい。
よろしかったら・・・(→チケットweb松竹




スーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語― 

◆みどころ
四代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎IIがついに始動!
ここにあらたな伝説が生まれる――


 2014年、四代目市川猿之助がかつてない演劇空間を目指し、ついに始動! その名はスーパー歌舞伎II(セカンド)!!
 三代目市川猿之助(現猿翁)によって創造されたスーパー歌舞伎。そのスピリットを継承した四代目市川猿之助が、現代の演劇界を代表する才能たちとともにまったく新しい舞台空間を創造します。
 共演はスーパー歌舞伎を彩った歌舞伎俳優とともに、佐々木蔵之介をはじめとする現代劇俳優たち。そして作・演出は新進気鋭の劇作家・前川知大。最高のキャスト、スタッフを得て、スーパー歌舞伎II はあらたなる旅立ちを迎えます!


 舞台はいにしえの日本。

 ある山間の村に、十和(とわ 市川猿之助)という才能に恵まれた若い仏師がいた。しかし彼は、村人たちの暮らしも病床の母親も救うことのできない仏教に苛立ちを募らせていた。

 十和の幼なじみの一馬(かずま 佐々木蔵之介)も不作に苦しむ村人たちを憂い、彼らの暮らしをよくするため、都に出て官吏の道を選ぶ。一方、母の死と都から来た役人との争いから十和も村を出なければならなくなる。その後、牢に入れられ、盗賊と交わりながら成長する十和。かたや都に出たものの下級役人として無力感を募らせる一馬。それぞれの思いを胸に別々の道を歩んだ十和と一馬。一度は分かれた二人の道は、やがてまた交わる日を迎えるのだが…。


◆配役

     十和  市川 猿之助

     長邦  市川 門之助

     双葉  市川 笑 也

     菖蒲  市川 笑三郎

     興隆  市川 寿 猿

     喜市  市川 弘太郎

     時子  市川 春 猿

     吾平  市川 猿 弥

     九龍  市川 右 近

     伊吹  福士 誠 治

     鳴子  浅野 和 之

     一馬  佐々木蔵之介



大阪松竹座

第一幕 11:00-12:00
  幕間 30分
第二幕 12:30- 1:50
  幕間 20分
第三幕 2:10-3:35

平成26年4月5日(土)~20日(日)



十月花形歌舞伎 昼の部 - 2013.10.10 Thu

shochikuza_201310fb1.jpg
shochikuza_201310fb2.jpg

今をときめく愛之助が座頭の公演です。上置きに翫雀さん。
半沢のくすぐりはたっぷり。

『新・油地獄 大坂純情伝』は元の『女殺油地獄』を分かりやすくしたと言えば聞こえはいいんですけど、ウェストサイドストーリー風アレンジが失笑ものでどうなるかと思っていたら、まあまあ悲劇に収斂。
与兵衛がずいぶんいいやつになってしまって、ティーンエイジャーの危うさがぼけてしまって、どうもねぇ。
好みの問題でしょうけれど、私は元がよかったかなぁ。前に観たのが仁左衛門さん(海老蔵の代役)だったからかもしれませんけど。
壱太郎くんにお吉はまだムリなんじゃないかと危惧してましたけど、こなしましたね。ちょっと見ない間に上手くなって…。       

『三人連獅子』は初見の楳茂都版。愛之助さんは楳茂都流のお家元ですもの、ぜひやっておきたいところ。
父母子の三人連獅子。
吉太朗くんもがんばって、壱太郎くんも母らしさをうまくこなして、やさしい連獅子もいいなぁと…。

愛之助さん、昼は油まみれで、夜は泥まみれ・・・お体お大切になさってくださいね。

仁左衛門さんも顔見世は残念ですけれど、どうぞゆっくり養生していただきますように!!

十月花形歌舞伎 昼の部

一、新・油地獄 大坂純情伝(おおざかじゅんじょうでん)
 純情ながらも不良仲間とつるみ喧嘩沙汰ばかり起こす河内屋与兵衛は、苦涯に身を落とす恋人小菊のこと、男癖の悪い母親おさわのことと悩みは尽きない。そんな折、母おさわの放蕩で妹おかちが身売りすることになるかもしれないと知り、普段なにかと世話を焼いてくれる幼馴染で油商豊嶋屋女房のお吉に、金を融通してほしいと頼むが、にべもなく断られてしまい…。

 『女殺油地獄』は近松門左衛門が書き下ろした全三段の世話浄瑠璃で、享保6(1721)年に大坂竹本座で初演された作品です。当時、実際に大坂で起きた油屋の後家が殺害された事件を素材としているといわれています。本作は平成15年(2003)年、『女殺油地獄』の世界をもとに平成若衆歌舞伎第二回公演で初演され、好評を得ました。情熱と純情溢れる、平成の歌舞伎を存分にお楽しみください。

   河内屋与兵衛   愛之助
   お吉       壱太郎
   刷毛の弥五郎   亀 鶴
   皆朱の善兵衛   萬太郎
   天王寺屋遊女小菊 新 悟
   おかち      尾上右近
   雁金文三     薪 車
   山本森右衛門   猿 弥
   おさわ      吉 弥
   豊嶋屋七左衛門  男女蔵
   果心       翫 雀


二、楳茂都 三人連獅子(さんにんれんじし)
 『連獅子』は、能の『石橋(しゃっきょう)』をもとにした「石橋物」と呼ばれる歌舞伎舞踊の一つです。今回上演いたします『三人連獅子』は、『楳茂都連獅子』とも称される作品で、明治41(1908)年、上方舞の楳茂都流、二世楳茂都扇性の振付によるものです。前半は人間の姿で現れた獅子の親子が、微笑ましい一家団欒(だんらん)の情景を見せ、後半は獅子の姿となりますが、化粧も隈取はせずに前シテのままというのが特徴的です。獅子の子落としでは、厳しい父親、その教育に耐える健気な子ども、そこへ慈愛に満ちた優しい母親が加わり、家族の結び付きが華やかに情愛深く描かれています。

   親獅子   愛之助
   子獅子   吉太朗
   母獅子   壱太郎

大阪松竹座




今日も30度。湿度も高く、迷ったのですが長袖ではあるものの夏服で(・・;)
mini_131010_1034.jpg
ちょっと早く着いたので、観光客気分で道頓堀川へ。
グリコの写真など撮って遊んでいたら、この橋の下の川をプールにするというプランが持ち上がっているらしい…(-_-;)

道頓堀プール発表、堺屋太一さん「東京オリンピックより経済効果は大」/大阪 @みんなの経済新聞ネットワーク 10月10日(木)17時33分配信

 スイスホテル南海大阪(大阪市中央区難波5)で10月10日、2015年の開業に向けて準備が進められている「道頓堀プール」の事業計画が発表された。(なんば経済新聞)

 道頓堀開削400年となる2015年に向けて、地元企業や商店街関係者などが準備を進めている「道頓堀プール」。大阪ミナミの中心地を流れる道頓堀川の戎橋付近の東西800メートルにわたり、川幅(11メートル)いっぱいの布函(ふかん)式(=箱状の布)の水槽を浮かべ、1万トンの水道水を注入する「世界最長の遊泳用プール」を中心に、イベント、芸能、飲食など周辺施設と連携したイベントや観光プログラムを展開することで、世界中から観光客の誘致を目指す。

 大阪府市統合本部特別顧問で元経済企画庁長官の堺屋太一さんが、「大阪10大名物構想」の中の「最重点項目」と位置付け、昨年7月31日に基本構想を発表したもの。今年4月1日には地元関係者ら14人が発起人となり、準備会社「道頓堀プールサイドアベニュー設立準備株式会社」(道頓堀1、資本金1,400万円)を設立。道頓堀商店会会長で、うどん店「道頓堀今井」(同)社長の今井徹さんが代表取締役に就任、事業計画やプールの詳細について取りまとめ作業を進めていた。

 事業計画発表で、総合プロデューサーの堺屋さんは「1年あまりにわたり計画を進めてきた。今日の発表内容で、技術的な問題、美的な問題、経済的な問題はだいたいクリアできた。実現すれば大きな効果が得られる。少なくとも2020年までには15日間の東京オリンピックより大きな経済効果が確実に出る」とした上で、採算性についていは「十分に成り立つ」と話した。

 質疑応答では、「アンケートで8割の人が『道頓堀プールに入りたくない』と答えている」ことについて指摘された今井さんは「いまだに道頓堀が汚い、怖いというイメージがあるが、大阪には880万人の人がいる。そのうちの2割の人が来てくれたら、事業計画を大きく上回る来場者となる」と答えたほか、資金計画については「年内には大企業3社、中小企業数社からの事業への参画または出資を得たい」とし、「来年中には事業費の約40億円を調達したい」と明かした。



三代猿之助四十八撰の内 新・水滸伝 - 2013.08.22 Thu

oosaka_201308.jpgoosaka_201308 - コピー

久しぶりの歌舞伎鑑賞です。

三代猿之助四十八撰の内 新・水滸伝(しん・すいこでん)@新歌舞伎座。
奇しくも前回観たのもこの劇場で、勘三郎さんの文七元結でした(2011.9)

久しぶりの歌舞伎鑑賞が澤瀉屋(二十一世紀歌舞伎組)になるとは、我ながらびっくり!
(スーパー歌舞伎は嫌いを標榜していたので)
まあ、若手と言われた二十一世紀歌舞伎組もすでにベテランの域ですが。
(ヤマトタケルを観たのは2005年でした)

新・水滸伝、スーパー歌舞伎的でケレン味たっぷり。
ごくごく一部のエピソードを取り上げているのでね、ストーリー的にはもう少し盛り上げてほしいところです。
宝塚チックな演出はちょっとばかり失笑ものかなぁ(ここは大阪だし)

右近さん、口跡が幸四郎さんにそっくりだと思うのですが、私は先代の猿之助さんを知らないので…。
笑三郎さん、主役と言っていいお働きで、すてきでした。
笑也さん、春猿さん、相変わらずおきれい。
猿弥さんのラブストーリーを見られるとは!
弘太郎くん、成長されましたよねぇ。
若手も立役、女形問わずきれいな方が増えていて、将来的にも楽しみですね。


三代猿之助四十八撰の内 新・水滸伝

ついに大阪初上演!歌舞伎界の風雲児・市川猿翁率いる澤瀉屋一門がおくる新趣向と臨場感あふれる大冒険活劇 中国四大奇書のひとつ「水滸伝」をもとに猿翁一門ならではの趣向を凝らし創られた壮大なスケール感あふれる大活劇「新・水滸伝」。主人公・林冲が個性豊かな面々と出会い、志を共にし悪政に立ち向かう勧善懲悪の痛快さ、「宙乗り」やアクロバティックでスピード感のある立ち廻りなどのケレン味あふれるアクション、華麗な衣裳、斬新な舞台構成など見どころ満載!

《配役》

林冲:市川右近
青華:市川笑也
王英:市川猿弥
姫虎:市川笑三郎
お夜叉:市川春猿
公孫勝:市川寿猿
彭玘:市川弘太郎
晁蓋:笠原 章


《あらすじ》

 北宋の国は乱れていた。梁山泊(りょうざんぱく)に根城を構え、悪党を束ねて暮らす好漢・晁蓋(ちょうがい)は、役人たちの不正に憤り「こんな国はぶっ潰そう」と思い立つ。かつて兵学校の教官まで務めながら、数多くの罪で牢に繋がれた天下一の悪党・林冲(りんちゅう)の噂を聞き、仲間に入れようと腹心の公孫勝(こうそんしょう)に助け出させる。

 その後、林冲は梁山泊を訪ねるが、晁蓋の留守を預かる女親分・姫虎(ひめとら)や美貌の殺し屋・お夜叉たちとそりが合わず、酒浸りの日々。そんなとき、隣町・独龍岡の若き跡取り・祝彪(しゅくひょう)が攻撃を仕掛けてきた。晁蓋の右腕・宋江を指揮官として、山賊あがりの王英(おうえい)ら梁山泊の猛者たちが闘いに繰り出してゆく。が、祝彪の背後には何と朝廷の重臣たる高俅(こうきゅう)率いる屈強の朝廷軍が控えていた...!

 姫虎は林冲に戦術指導を願い出るが「悪党のくせに絆だの仲間だのと白々しい」と一笑に付される。そんな林冲を、かつての教え子で今は朝廷軍の兵士となっている彭玘(しょうき)が密かに訪ね、林冲から授けられた「替天行道」の書を捧げて下山を迫るが、林冲はこれも邪険に追い払う。

 一方、敵ながら男顔負けに戦う祝彪の許嫁・青華(せいか)に王英が一目惚れしてしまう。だが、想いを伝えようとした王英はお夜叉とともに青華に捕縛され、祝彪は好機とばかりに二人の身柄と林冲の交換を申し出る。しかし人質交換は偽りで、林冲もまた二人と共に牢に繋がれてしまうのだった。実は高きゅうこそが林冲に皇帝への叛逆の罪をなすりつけた張本人で、目障りな林冲を梁山泊もろとも踏みつぶそうと目論んでいたのだった...。



大阪新歌舞伎座
2013年8月22日 11:30~  



まだ亀ちゃんの襲名公演観てないんですけど『ヤマトタケル』で観たいなぁと密かに思ってます。
(シャイロックはスケジュールが合わず見損なうし)
 



  

緊急特別追悼番組さようなら勘三郎さん 独占密着…最期の日々 - 2012.12.07 Fri

「金曜プレステージ ~緊急特別追悼番組さようなら勘三郎さん 独占密着…最期の日々~」 2012年12月7日(金)
(放送内容は こちら に詳しい @価格.com.のページ)

たらればは禁物ですけれど、手術をしなかったらあと3年はご存命だったのかもしれないと思うと、ガンの治療の選択肢を考えてしまいますね。
4月の新しい歌舞伎座の杮落し公演で、孫の七緒八くんの初舞台を三代そろい踏みで出ることもできたでしょう。
七緒八くんに受け継がれたDNAを思うとき、せめて3年でもと思ってしまうのは……やはり詮のないことですね。

涙、涙の2時間でした。



勘三郎密着!涙の復帰スペシャル 闘病そして震災...激動の553日 - 2011.11.04 Fri

金曜プレステージ
『勘三郎密着!涙の復帰スペシャル  闘病そして震災…激動の553日』


今年2月、中村勘三郎を突然、病が襲った。
耳が聞こえない…
病名は「特発性両側性感音難聴」
舞台に立てない日々が続き、一時は引退も 考えた勘三郎が、病とどう闘ったのか?
勘三郎を支えた家族との 壮大なドキュメンタリー。
2004年から続くシリーズ第7弾
平成23年度(第66回)文化庁芸術祭参加作品


ほんとにねぇ、この1年、中村屋にも日本にもいろいろなことがありました。

勘三郎さんのご病気は心配しました。
勘三郎さんは私よりちょっとだけ年上(同世代)。
ほんとうにお元気だなとわが身に引き比べ感心していましたが、そりゃ無理も行くものと、ある意味勘三郎さんも人間だったなと安心した部分も…ヾ(・・ )ォィォィ
昨年最後の大坂城の平成中村座も、病後最初の本公演9月の新歌舞伎座も観ました。まだまだ以前の勘三郎さんの輝きは見えなかった…。
この番組で拝見した11月の平成中村座では少し元のオーラが戻っていらしたようで、少し安心しました。
でも、ムリは禁物。これまでが働き過ぎだったんですから。
がんばらなくていいから、ゆっくりゆっくり(芸も人生も)長生きしてくださいな。
勘太郎くんも七之助くんもまだまだなんですから…ねっ!!
 勘太郎くん、口跡がびっくりするほど似てきましたよねぇ。もうすぐ勘九郎です。


適当に手を抜いて行こうな!

真面目に好きなようにやんな!
 from 桑田佳祐さん「それ行けベイビー」



中村勘三郎 中村勘太郎 中村七之助 の公式ホームページ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (747)
パッチワークの作品づくり (214)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (327)
パッチワークの展覧会 (85)
便利グッズ (18)
刺繍&その他のハンドメイド (178)
ハンドメイドの作品づくり (59)
刺繍&その他手芸の本 (96)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (111)
暮らし (581)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: