2017-08

メンズライクなバッグ&ポーチ - 2017.07.04 Tue

メンズライクなバッグ&ポーチ です。

マニッシュとかメンズライクとか好物♡

革とか金具とかの使い方に興味津々。

コットンタイムの掲載作品が主だそうで、へ~と思う・・・
コットンタイムってかわいい花柄とかレースとかのイメージがあるので。



メンズライクなバッグ&ポーチ

男女問わずに使える、ユニセックスなアイテムのハンドメイドが流行しています。
本誌はメンズライクなアイテムの特徴として「ロゴ柄」「デニム素材」
「カーキ&迷彩柄」「ヴィヴィッドカラー」の4カテゴリーに分類。
それぞれ、バッグやポーチ、小物類を紹介しています。掲載アイテムは全41点!
表紙の2WAY ショルダーバッグは、プロセス写真入りで詳しく解説してますよ。

〈内容〉
【ロゴプリント柄】
01|パックンポーチ
02|スクエアショルダー
03|ワンショルダーバッグ
04|スクエアポシェット
05|2WAY ショルダーバッグ
06|アクティブムーンバッグ
【デニム素材】
07|ツートーンデニムのトート&リュック
08|ネックストラップ付きホルダー
09|シーンズ形めがねケース
10|ロープポシェット
11|メッセンジャーバッグ
12|大きめウールショルダー
【カーキ色&迷彩柄】
13|パスカードケース
14|スクエア型 4WAY バッグ
15|大人顔ボディバッグ
16|太い持ち手のビッグトート
17|スープジャーケース
18|迷彩柄のキーケース
【革素材】
19|身支度ポーチ
20|シンプルなカードケース
21|タブレットケース
22|ポケットポーチ
23|ブックカバー
24|二つ折り革財布&キーケース
【ヴィヴィッドカラー】
25|チェックのボディバッグ
26|ぺたんこポーチ
27|通院ケース
28|ピクニックバッグ
29|ボーダーメッセンジャーバッグ
30|ロープ持ち手のトートバッグとコインケース
31|スポーティなリュックサック
32|ボーダーマリンリュック
33|リュック形ミニポーチ
34|スリムなペンケース
35|がま口パスポートケース

★HOW TO MAKE★
誌上レッスン(1)「ヴィヴィッドカラーのトートバッグ」を作りましょう
誌上レッスン(2)「2WAY ショルダーバッグ」を作りましょう





梅雨前線は北に上がってしまったし、台風は近づいて来るし・・・連日ほぼ熱帯夜&酷暑日
で、とにかく蒸し暑く、寝苦しく・・・
一雨欲しいです、庭も私も。 (被害の出そうな地域の皆様ごめんなさい





すぐれものポーチ - 2017.05.12 Fri

昔、バッグばかり作っていて、息子たちに「またバッグ?」と言われていたのですが、このところはポーチ・・・=小さくなった(・・;)

きっと私のような人が多いに違いない<(`^´)>  そんなことないか??(笑)

で、まぁ すぐれものポーチです。

ごく初歩的なものからけっこう凝ったものまで、小さいものからA4サイズまで、いろいろ網羅されています
作り方もしっかり! さすがにヴォーグ社。
1冊にまとまっているところもありがたい。


すぐれものポーチ

開けやすい、中身が取り出しやすい、いろいろな形…など、すぐれたポイントを詰め込んだポーチを約60点紹介。基本のポーチから、旅行用やメイク道具用、バッグの中を整理整頓できるポーチ、小さなはぎれを活用したポーチまで、盛りだくさんな内容。必ずお気に入りのポーチが作れる1冊です。

少しの布で、すぐに作れるポーチ。毎日使うものだから何個も作りたくなります。自分用にしてもいいし、プレゼントにもぴったりです。せっかく作るなら、こだわりを詰め込んで作りたいもの。ポケットがたくさんついていたり、中身が見やすい、取り出しやすい…などそんなちょっとすぐれたポーチを紹介します。





                                    



  (ご存知かと思いますが(笑))よく本を買うのですが、最近大発見!(←ちょっとオーバー)

  生協のサイトで買うと 1割引き なのです! それもポイントをくれるのではなく、先に値引き!
  多少品ぞろえが悪いですが、あればめっけもの!
  生協に加入されている方はお試しください。
  近畿圏の生協は同じですが、他の地方の生協はちょっとわかりませんm(__)m でもたぶん・・・。
  次の配達日にいっしょに配送されてきます。
  本書もそれで買いました。



リサ・ラーソン はじめての刺繍 - 2017.03.15 Wed

とりわけ大ファンというわけでもないはずなのに、マイキーのおまけグッズがたまっている我が家・・・(・・;)

マイキーたちがかわいいので、買ってみました。

リサ・ラーソン はじめての刺繍 です。

オトナかわいい♥

なにかワンポイントが欲しいときに使ってみようと思います。

つい忘れていたのですけれど、元は陶芸なのですよね。
こういう風にグラフィックデザインにされたのはお嬢さんなのだそうです。

なんとKADOKAWAの出版。手芸の分野では初めてかも。
刺繡の方の監修は大塚あや子さんがされているので安心。

リサ・ラーソン はじめての刺繍

内容紹介
リサの世界をアップリケ刺繍で表現。ポップな色使いで、北欧風に

スエーデンの陶芸作家リサ・ラーソンが陶器を作るときに描いたスケッチを元に、娘のヨハンナがイラストにしたモチーフを図案として刺繍します。北欧風の色使い、明快な形ガ魅力のイラストは、カレンダーや布バッグ、生活小物などに利用されていますが、このイラストをモチーフにした刺繍は、はじめて。、
北欧のインテリアや小物のファンのために、キッチンで使うティーコぜー、ミトン、ランチョンマット、トートバッグなどにも刺繍をしました。日常使いのものに刺繍をした動物や植物が、楽しい雰囲気を出しています。

著者について
リサ・ラーソン:1931年スウェーデン・ヘルルンダ生まれの陶芸家。大学卒業後、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)からスカウトを受け、当時スウェーデン最大の陶芸製作会社であったGustavsberg(グスタフスベリ)社に入社。26年間の在籍中に動物シリーズをはじめとした約320種類の優れた作品を生み出し、スウェーデンを代表する陶芸デザイナーとして一躍人気を集める。1979年に退社後フリーデザイナーとして活躍した彼女は、1992年にKeramik Studion Gustavsberg社を設立






もうお水取りも終わろうかというのに北風びゅうびゅうで寒い~~~(>_<)
(お水取り=東大寺の行事。これが終わると奈良に春が来ると言われている)
あれこれ作りたいものがあって、どれもこれもいっちょ噛みばかりで完成しない・・・(;'∀')



アヌ&アヌの動物ニット エストニアの伝統柄から生まれた編みぐるみとパペット - 2016.11.15 Tue

か~~わいい~~

アヌ&アヌの動物ニット: エストニアの伝統柄から生まれた編みぐるみとパペット

この表紙だけ見て落とされました(笑)

かわいい~! ほしい~!

編みぐるみ&パペットはタペストリー作家のアヌー・ラウドさんと建築家のアヌー・コトゥリさんの共作。

林ことみさんの監修で、洋書にありがちな [??] も避けられますし、
使用毛糸の紹介もありますので すぐ編める・・・

ただ・・・実は・・・編みこみは超苦手・・・(;'∀')
ん~・・・最悪無地でもよい? かわゆさは(そんなに)変わらないはず・・・ヾ(・・;)ォィォィ


エストニアはこのところ行きたい国No.1です。
エストニア首都タリンやアヌーさんたちのお庭の紹介など付属情報もたっぷりでうれしい♪

やっぱり絵本かなぁ・・・ォィ

アヌ&アヌの動物ニット: エストニアの伝統柄から生まれた編みぐるみとパペット

クラフトの宝庫といわれる「エストニア」。
そのエストニアで活躍するアヌ・ラウド、アヌ・コトリ、
二人が作った動物ニット(編みぐるみやパペット)の作り方を紹介します。

動物たちは、羊、ウサギ、オオカミ、クマ、キツネ、ブタ、猫、犬…など計32種類。
動物達のボディには、エストニア伝統の編み込み柄。

本書を監修している林ことみさん自ら、二人のアヌが住むエストニアに赴き、
それぞれの作品の魅力や思い、作る時のアドバイスを教えてもらいました。

パペットと編みぐるみ、それぞれが出来上がるまでの写真や、伝統柄の実際の編み地パターンも掲載しています。




森れいこのボストンバッグ ミニ - 2016.11.05 Sat

森れいこさんといえば、すてきな刺しゅうの本でおなじみ↓なのですが、バッグ、それもボストンバッグの本でちょっとびっくり!
どちらかといえば避けたい(笑)マチのついた、しかもファスナーのついたボストンバッグ。
何かしら目からウロコが落ちればいいなぁと買ってみました。

  ホームソーイングで作る 森れいこのボストンバッグ ミニ

刺しゅうのイメージからすると、ちょっとラフな感じのボストンバッグの数々です。

最近Clover 仮止めクリップ を使うようになって、仮縫いのめんどくささとか、待ち針の不安定さとかから解放されて作業が楽になったのですが、本書はその先、なんとホチキスで止めちゃいます。なるほど~。(ホチキスの針は後で外す)
(余談ですが、ホチキスという名称は登録商標なので一般には使っちゃダメって聞いていたんですけど、権利がなくなって普通名詞として使ってよくなったらしいです。本来ステープラーと呼びました)

ファスナーは切りポケットスタイル。

丁寧に写真入りで説明されているので、これから作りたい人にはとてもいいと思います。
まずは立ち読みしてからどうぞ~。

ホームソーイングで作る 森れいこのボストンバッグ ミニ

自分で作るミニボストンバッグの本。
手芸ジャンルの中でも人気のある手づくりバッグですが
本誌では、お洒落で本格的なボストンバッグに焦点をあてて、
4つの形のボストンバッグを約30〜35点紹介。

着芯をしっかり貼った、かちっとした仕上がりのバッグ。
形は、使いやすい横長タイプ、
たくさん入る正方形タイプ、
コロンとした形が可愛い丸型タイプ、
上品な風格のある半円タイプ。

麻地やコットンで作る春夏用から、
ウール地で作る秋冬用まで生地のバリエーションもさまざま掲載。

作り方の大きな特徴はファスナーの付け方。
マチ布のカットの仕方を工夫して、
簡単にファスナー付けができ、また、しつけ糸ではなく、
ホチキスを使った組み立て方ももうひとつの特徴。

森れいこさんならではの斬新なアイデアで、
プラモデルを組み立てるような感覚で 、
完成まで短時間でたどり着けるのも嬉しいポイント。
また、初心者でも安心して作れるよう、作り方の基礎なども詳しく解説。




森さんの刺しゅうの本、確か持っているはず・・・
でもここを検索しても出てこなくて・・・(・・;)

本棚を見たら↓の2冊がありました。
あまりにも絵本なのでここに書くのが気がさしたのかなぁ(・・;)
書いとかなくちゃ2回目買うかもしれないじゃないねぇ(笑)

森れいこの花刺しゅう

森れいこの刺しゅうレッスン


樋口愉美子のアップリケ刺しゅう - 2016.10.23 Sun

樋口愉美子のアップリケ刺しゅう です。

待ってましたのアップリケ刺しゅうです。

実は、樋口さんの刺しゅうをしようとして面を埋めるのにあきてしまって
これをアップリケですればいいんじゃないかと思いついて布選びをしたところあたりで本書の発行を知り、
本家のを見てからにしようとしまい込んでしまった経緯がありました。

本家、アップリケはフェルトか無地の綿の布(両面接着芯使用で縁の始末を回避)を使われています。
ほんとに刺しゅうの面塗りの代わりです。
あ、それだけなのか・・・と少々残念に思いました。
布が使われるべき新しい進展があるのかと思いましたので。
ま、それでいいのでしょう。

樋口愉美子のアップリケ刺しゅう

今最も注目されている刺しゅう家 樋口愉美子さんが、初めて「アップリケ刺しゅう」の切り口で出す本です。
それは大人の女性が日常で使える、洗練されたデザインのアップリケ。
花や植物を中心に、昆虫や鳥といったモチーフが、センス溢れる色づかい、そして絶妙な間合いの配置で繰り広げられます。
誰もが思わず「かわいい! 」と声を上げ、作りたくなってしまうこと請け合い。
アップリケは、図案中の面の部分を布で表現するので、刺しゅうより早く仕上がるのが魅力。
アップリケのテクニックや刺しゅうの基礎は詳しく解説しているので、初心者さんも安心してください。
バッグやポーチなどの実用品にあしらった例もまじえ、作品40点を掲載。




下田直子 アトリエ - 2016.08.28 Sun

下田直子 アトリエです。
発刊が延び延びになっていて、やっと!という印象で、つい予約して購入。

作品集というわけではなく、下田さんのアトリエやバックグラウンドの写真集です。
編み物のバッグ2つの作り方は別途DLできます。


ん~・・・どうなのかな・・・。
下田さんの大ファンというわけでもない私には無用だったかも。



下田直子 アトリエ

手芸家・下田直子ファン、手芸ファンに向けて、人気の手芸家・下田直子の創作の裏側をフォトセッションで見せるヴィジュアルブック。アトリエ内、素材、ストックヤードの生地、趣味のコレクション、スクラップブック等をつぶさに撮影し、創作の源泉を探る。巻末に写真への著者のコメント、著書一覧、お気に入りの素材調達先の情報など、下田直子ファンであれば一冊は持っていたいフォトブック。





        *-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*




昨日、今日と気温が30℃ちょっとに下がり(!) 風もわりとあるのでクーラーなしで過ごせています。
夜ゆっくり眠れるのがありがたいわぁ(秋眠暁を覚えず)
このまま秋突入とはいかないでしょうけれどねぇ。





手づくり手帖 Vol.10 初秋号 - 2016.08.12 Fri

残暑厳しき折柄皆さまお元気でお過ごしですか~?
残暑お見舞い申し上げます。(暦の上では秋)

こちら猛暑続きの上に(近隣は夕立があっても)このあたりだけ全く雨が降らず、カラっカラ!
洗濯物はパッカーンと乾きますけどぉ そんなに洗うものないし
庭木も葉っぱを落とし始めているものがある・・・有料水道水の水やりには限界が・・・

このところオリンピックの観戦に忙しく・・・

そんな中、手づくり手帖 Vol.10 初秋号が到着 (18日発刊のはずでしたが) 
秋色の手づくり~♪

年間購読しているわけでもないのに、続けて買うのもどうかとは思ったのですが~
おまけ↓のニードルポイントのに魅かれて・・・
techoLatest05.jpg
もちろんキットです。自分で作らないといけないんです(笑)
(これは)がんばれると思います。がんばります。
オリンピック見ながら刺していると間違えるかな(・・;)

他にもいろいろすてき♥

・立ち読みは → こちら:日本ヴォーグ社のページ


手づくり手帖 Vol.10 初秋号

大特集:秋色の手づくり

手づくりにぴったりな季節の到来です。そこで、井口佳世子さんが伝える英国流ニードルポイント刺しゅう、下田直子さんが贈る刺しゅうやかぎ針編みモチーフのバッグ、岡まり子さん、岡本真希子さん、鳥居節子さんによる秋色をのせたウエアラブルニット、大西和子さんの刺しゅうレース生地で作るパッチワークなど、さまざまな手芸で綴る“秋”をお届けしましょう。


特集2 おとなの学校

人気のレッスンページ「おとなの学校」では、「加賀ゆびぬき」をクローズアップ。土台の作り方からかがり方までを、石井康子さんに教えていただきます。本誌を見ながら、ぜひ1つ仕上げてみてください。


読み物

色はこころの表現 江崎泰子
赤毛のアンの島 手芸紀行 奥田実紀
つくりびと知らず 華麗なるヴェネチアンビーズ 小瀧千佐子
美の集まる場所を訪ねて 寿恵更紗ミュージアム


アイディアに満ちた手づくり

秋のワンピースソーイングやビーズを編み込むリストウォーマー、ポケットがたくさんのアクセサリーポーチ、クレイクチュールなど、さまざまな手づくりをご提案します。


人物取材

作家のものづくりへの想いや、創作のポリシーをインタビュー。

手芸デザイナー オノエ・メグミさん
パッチワークキルト作家 斉藤謠子さん ほか


連載 エッセイ

赤木明登「美しきもの」-茶の箱
後藤綺子「フルリストが提案する花のある暮らし」-FUGA(フウガ)
近藤佳代「季節の北欧刺しゅうとエスカ」
スズキエミ「おかずのもと 常備菜」-切り干し大根、カボチャ、キノコ
鶴岡真弓「至福の文様世界」-“黄金の麦”とラマス祭
能澤慧子「ファッション史のアナザーストーリー」-ボタン
吉岡幸雄「五感の調べ」-秋草の色を纏う
ほか…


初秋号の材料セット

ニードルポイント刺しゅう家の井口佳世子さんが監修
「ニードルポイント 薔薇のピンクッション」

英国王立刺繍学校由来の薔薇の図案で、クラシックな香り漂うニードルポイントのピンクッションを作りましょう。
英国・アップルトン社のクルーウェル・ウール糸10色、キャンバス、後ろ側布用帆布、ツイストコード、専用針がセットになっています。





ねこ手芸 - 2016.05.02 Mon

2016-05-02.pngねこ手芸です。

花岡先生のブログで知りました。

ねこ好きとしては・・・スルーできない!

かわいい~♥♥
かわいいだけじゃないのがまたツボ

表紙のねこのぬいぐるみが花岡先生のお作です。

表紙の上のしっぽは、さて、なんでしょう?
笑ってしまいました。


・立ち読みは → こちら ヴォーグ社のページ

 ねこ手芸

 ねこのモチーフで小ものを手作りする提案をします。
 ブローチ、ポーチ、バッグ、クッションなど小さくてかわいらしいもの多数。
 編み物や刺しゅう、アップリケなど、さまざまなジャンルの手芸を取り入れます。
 初心者の人でも作れるよう、レッスンページも充実しています。
 付録として、切り取って使えるカード付き。



   最近、猫派が急増中だとか。
   にわかに猫ファンだなんて言わないでほしいわ・・・なんて言ってる私・・・
   残念ながら・・・猫も犬も飼っていません・・・(・・;)
   一人暮らしになったら猫を飼えるかしらと、一人暮らしにあこがれ中です(笑)



暮しの手帖 4世紀81号 - 2016.03.28 Mon

mini_160328_1004.jpg

樋口愉美子さんの「春の刺しゅう」 @暮しの手帖 4世紀81号です。
11ページにわたる特集で、モデルも樋口さんが勤められています。

図案はこの右ページのバッグに使われているもののみで、あとは図案を単品に分けた作品のバリエーションと作り方。
右ページのバッグの1色刺繍バリエーションもあって、樋口さんはカラフルなものより1色~2色のものが好きかなぁ。

リアル書店で立ち読みされてからどうぞ。



暮しの手帖 4世紀81号

◎特集
連続テレビ小説『とと姉ちゃん』ヒロインのモチーフ『暮しの手帖』を創ったしずこさん
今泉久美「チャーハンの極意」
脇雅世「温野菜をたっぷりと」
樋口愉美子「春の刺しゅう」
大原千鶴「京都・大原さんの20分でつくる和のお弁当」
坂田阿希子「あんこの幸せ」
「あの人の花びんと花」渡辺有子、門倉多仁亜ほか20人の方々
「あなたもわたしも自分らしく夫婦の姓と家族の形」

◎新連載
武田砂鉄「今日拾った言葉たち」
芝山幹郎「シネマ・シバヤマ/“金の魔力"は怖くておかしい」
「本屋さんに出かけて 編集部員が見つけた本」

◎連載
岡本仁「今日の買い物/倉敷へ」
佐藤雅彦「考えの整とん/ビニール傘の所有権につきまして」
瀬戸山玄「彼女のチカラ」
神田裕行の新・おそうざい十二カ月
ホルトハウス房子「わたしと和菓子」
高山なおみ「気ぬけごはん」
長尾智子「料理1,2,3」
細谷亮太「いつもいいことさがし/スキーでストレス解消」
小嶋ルミ「菓子職人のおしゃべり/中国洋菓子事情」
潮田道夫「今日よりも明日/イスラム教と世界」
原由美子「服と装/服を着て、何を想う」
澤田康彦(本誌編集長)「薔薇色の雲 亜麻色の髪/このかぐわしき」
「あの時のわたし/黒柳徹子(後編)/道草」
「健康交差点/乳がん2 治療とその後」
「ひきだし/傘屋と紙飛行機」
「買物案内/タイプ別コーヒーミルの挽き具合は」
「暮らしのヒント集」
「エプロンメモ」
「わたしの家」
「ワンピースのおんな」
「わたしの仕事」
「すてきなあなたに」
随筆:今森光彦、末盛千枝子、伊藤理佐、椎名誠、水野美紀、本橋成一



4月からの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインのモデルが『暮しの手帖』を作った大橋鎭子さん。
猛アピール中です。
そういえば花森安治さんは誰がやるのでしょうね。 (唐沢寿明さんですって!)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (769)
パッチワークの作品づくり (222)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (339)
パッチワークの展覧会 (86)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (182)
ハンドメイドの作品づくり (61)
刺繍&その他手芸の本 (98)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (115)
暮らし (593)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: