2005-11

ハリーポッターと炎のゴブレット - 2005.11.30 Wed

ハリーポッターファンである。おたくではないが・・・
「賢者の石」の映画を見たのが最初。
本は家にはあったけど読んでいなかったので、その後読み始めてもちろん全巻読破。映画ももちろん全部観ている。

何が魅力なのだろうねぇ。
魔法使いといえども、それは1%の才能と99%の努力の賜物であって決して生まれつきのスーパーマンではなく、悩んだり苦しんだりして成長するということを等身大に描いているところなのかなぁ。

そして映画がまた素晴らしい。
小説の舞台を原作に忠実に、より重厚に視覚化することに大成功している。
登場人物もまた然り。
確かに小説1作で登場人物は1年年を取るところを、原作も遅れ、映画化も遅れ・・・で俳優の実際の年齢と合わなくなってきている点は否めないけど、でも彼ら以外の配役を考えられるだろうか?
賢者の石の頃のかわいい彼らを思い浮かべながら新作を観ている。
言っても仕方のないことだけれど、校長先生もできればリチャード・ハリスのままがよかった。(第一印象は覆しにくい)

さてさて、「炎のゴブレット」昨日観てきました。
どんどん原作が長くなって(とうとう上下2冊)よくぞまとめたという2時間50分。どこのシーンを削るのか、ご苦労が偲ばれるが、齟齬なくストーリーをまとめたと思う。そして全編だれることなく実に面白かった。
原作を読んだのは3年前で、程よく忘れているということも言えるけど(笑)
いきなりクィディッチ・ワールドカップのシーンでちょっとびっくりしたけど、マグルの親戚は好きじゃないので私的には許す(笑)
余談だけどあのマグルのシーン、各巻巻頭に必ず入れるところを見ると完結までの何かの伏線になっているんだろうなと思うのだけど如何に?

願わくばラドクリフたちが大きくなりすぎる前に物語が完結し、映画も完成しますように~。





ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子

ハリーポッター公式ウェブサイト

カフェめしって何? - 2005.11.29 Tue

ban
カフェめしとしか形容できないジャンルの食事が確かにある。
今日食べたのはこれ。Lier・幡というお店。

で、"カフェめし"って何?

品数多くとりあえずワンプレートに盛る
ヘルシーを前面に野菜を多くする
ご飯は五穀米とか黒米とか、パンは全粒粉とか
ジャンルは問わないけど、洗練された和食とかフレンチじゃなくて家庭料理風
食器も手作り陶器風 じゃなくても真円ではない

こういうのを例えばお弁当箱に入れて"洋風弁当"って言っちゃったら、¥840でも高い感じ?
カフェなら¥1350
味もてきとーでいいって感じ。てきとーな方が家庭料理風だもん。

で、猫も杓子もカフェめし作りに精を出すんだろうなぁ
専門のフードコーディネーターなんて人もいるんだろうなぁ
家庭でもカフェめし風に盛り付けたりするんだろうなぁ

そもそも"カフェ"って何?(笑)


ネームタグ - 2005.11.29 Tue

ribon1おしゃべリボンというサイトで注文したリボンが出来上がってきました。
ネームタグとして使おうと思って・・・
すべてオーダーメイド、リボンの色や幅に関係なく3m(片面プリント)1,300円から。
しかも消費税・送料・振込手数料込み!
いいでしょう?
本格的な版を使ったシルク印刷のリボンもあるんだけど、多く、高くなるのでパス。
これならちょこっといいかなと思って・・・

ribon2上はビスネームに。幅24mm。
下はネームタグに。幅12mm。



ま、作品作るのが先決なんだけどね(自爆)

あどばんす バーゲン - 2005.11.28 Mon

adoあどばんすがバーゲンだということで行ってきました(*^^)v
キットは1割引、その他2割引。

ただ、今、パッチワークにぜんぜん乗ってないので、私にしては購買意欲が薄い・・・(-_-;)
これだけ買えば十分??(爆)


お昼は三田屋奈良店で。

グレン・グールド - 2005.11.28 Mon

去年バッハを聴く気になって、いろいろ聴いていてグレン・グールドにたどり着いた。
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年モノラル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年モノラル録音)
なんだか妙に気になる・・・うまいとかきれいとかじゃなく・・・
他の人のゴールドベルク変奏曲を聴いたことがなかったので、ポピュラーなモーツァルトを聴いてみた。
モーツァルト:ピアノソナタ集
モーツァルト:ピアノソナタ集
こちらはもうびっくり。リズムも強弱も、普通、そうは弾かないぞって違和感ばかりで・・・(苦笑)

その後なんとなく記憶の隅に追いやられていたのだけど、今日の新聞に「時の墓碑名~グレン・グールド」の囲み記事が載っていたので思い出した。
コンサートで、オーケストラと大指揮者と聴衆を待たせて、椅子の高さを調節するのに30分かけたというエピソードは知っていたけど、靴下は必ず左右別の色のをはいていたとか・・・奇矯の人だという印象が強いが、コンサートを嫌い、聴衆は「残酷で無情」だと言い、コンサートを行わなくなってもスタジオ録音を続けていたそうである。
この気持ちはとてもよくわかる。彼は観客のために演奏するのではなく、音のために演奏する、それが楽しかったのだろう。彼にとっての音楽とはそういうものだったのだろうと思う。「演奏は競技ではない。恋愛です」

なぜ今グレン・グールドなのかと思ったら「吉田秀和賞」の第15回受賞者が、「グレン・グールド論」の宮澤淳一氏(41)に決まり、授賞式が行われたからのようだ。カナダの独創的ピアニストの世界を、演奏や思考の移り変わり、カナダの社会や自然との関係などから浮き彫りにしたことが評価されたのだそうだ。
グレン・グールド論
グレン・グールド論
宮澤 淳一

walkingtune 宮澤淳一氏のウェブサイト


余談だけど、グレン・グールドは15年にわたって夏目漱石の小説「草枕」を愛読していたのだという。グールドが共鳴した漱石の人生観、芸術観とは何かについて書かれたのがこれ。なぜ漱石なのか、なぜ草枕なのか、読んでみたい。
「草枕」変奏曲―夏目漱石とグレン・グールド
「草枕」変奏曲―夏目漱石とグレン・グールド
横田 庄一郎



年賀状はできた? - 2005.11.27 Sun

もう11月も終わり
そろそろ年賀状も気になり、書店でたくさん平積みされている"かんたん年賀状デザイン集"の類を手に取る・・・

ここ数年目に付くのが Happy new year! という表現。

昔、A happy new year! とAが要ると習ったのだけど?

これはデザイン上の理由なのか
単にこのデザイナーがモノを知らないだけなのか
最近では英語を母国語とする国でもこう言うようになったのか

どれが正解?
同じデザイナーがAをつけたのとつけてないの両方描いてるからまたややこしい

古いタイプの私・・・どうもAがなくちゃ落ち着かないので、いくらデザインが良くても Happy new year! は選べません。



【追記】

さすがインターネット、Happy new year! と A happy new year! の違いを見つけました! →LINK

「あけおめ!」と「謹賀新年」の違い(笑)
どっちみち口で言うときAをきちんと発音してないですものね。
そのうちAはなくなっちゃうのかも



こんなに簡単年賀状 2006戌年版―おしゃれ賀状から定番までプリントするだけ (2006)
こんなに簡単年賀状 2006戌年版―おしゃれ賀状から定番までプリントするだけ (2006)
毎年買うのはこのシリーズ。たぶん一番安い(笑)



J1優勝争い混沌 - 2005.11.26 Sat

わが家はサッカーファン一家である。

今日の試合の結果、J1の優勝の行方、勝ち点2差に5チームがひしめく大混戦で、12月3日の最終節を迎えることになった。
今年は1stと2ndをなくして1年1期にするって決まったとき、消化試合が多くなって面白くなくなるんじゃないかと思ったけど・・・
近年になくアントラーズ(三男の贔屓チーム)が調子よく、ぶっちぎりで楽勝かと思いきや・・・ガンバが逃げ切ったかと思いきや・・・あ~最終節まで決まらない。
はらはらどきどき・・・

夫がレッズ、次男がベルディ(とうとう落ちた)、三男がアントラーズの熱狂的なファンで(なんで合わせてくれないの?)、長男と私はサッカーは好きだけど贔屓ってほどでも、という状態。
もう勝ち負けにこだわること、阪神が負けたときの阪神ファンのおやじ並みと言ったらわかってもらえるだろうか・・・。

わが家のサッカー談義(特に子どもたちの)は日本のみならず世界各地に及び、そんなもの覚える暇があったら勉強して、と嘆く母に地名とか勉強になっているとうそぶく始末。

3日はまた2時からたいへんな騒ぎだなぁ

わが家の宝物:ジーコサッカースクールに参加したときのジーコと三男のツーショット写真at鹿島スタジアム
三男は鹿島のフロントに入るつもりだそうな(選手はあきらめた)

ブログ比較~私なりに - 2005.11.25 Fri

現在ブログを5つやっている。
自分でもバカだと思うのだけど、ジャンルに分けてたらそうなってしまって・・・。
自分でCGIで立ち上げてもいいんだけど、もう面倒なので全てレンタル。
4社を使っているのだけど(はじめは同じところがいいかなと思って2つ同じ、後は別のところを使ってみようと思って別々になった)
私なりの比較をしてみようと思う。あくまで私レベルの話。

*gooブログ 歌舞伎入門 読書日記
テンプレートが豊富なのでここにした。
深夜帯、非常に重い。せっかく書いた文章を消されることもしばしば。
読書の紹介で、本の表紙を載せたいがために有料(アドバンス=290円/月)にしたのだけど(Amazonアフェリエイトの画像が載せられる)、アクセス解析もリアルタイムには行えず(翌朝・しばしば故障)、だいたい無料バージョンでアフェリエイトできないのがここだけ。

*ライブドア AtelierUNな毎日
話題になってからライブドアを知って、どんなものか試しに・・・。
ヘッドに1行CMが入る他は広告も入らずすっきり。
テンプレートがイケイケタイプが多くて閉口(笑)
ここの最大の欠点は記事がそのページの前に溯れないこと。時系列をたどって過去に戻れない。日記タイプのブログだと痛いよね?

*ヤプログ naraなら奈良
まだβ版だとは知らずに、かわいいのを見かけたので作ってみた。
無料バージョンだと2000文字制限。語ってると尽きてしまう。
記事を書いて、ページアップまでの手数がかかる。確かにいったんアップしてしまうとブログの場合あちこちに痕跡が残るので、念を押してくれるのはいいんだけど、そのたびに実に重い。何をするのでも時間がかかっていらいら。
文章を書いている途中で写真を入れられるのは便利。写真の位置も指定できるのも便利(他は別のところでアップが必要)
HTMLで書けないのがちょいと不便(特殊な用語を使っている)
サイドバーに簡単にHTMLが載せられる。(アフェリエイト画像も簡単)
ま、アフェリエイト目的のブログなんて読みたくもないけどね。
コメント通知のメールにコメントの内容が書いていない。重いページに見に行かないと内容を確かめられない。
【追記】今日はほとんど1日中サーバーが落ちていて更新もできないし、読んでももらえない(2005.12.03) 回復したけど、お詫びのお知らせがない(12.4)

*ロリポブログ(このブログ)
HPがロリポップなので最初に考えたのだけど、その当時ロリポップはJUGEMをやっていて、それが飽和状態で新規受付が行われていない状態だったので、放浪していて、最後にたどり着いた。
今は3つまでブログを開くことができる。
使いやすい。特に新規投稿をしたあとの画面がそのまま編集画面になっているのがいい。PINGの送信先も初めから6つ入っていて、親切。編集画面で書き直した文章を投稿する際は、PINGを発信しないように設定されているのもよい(細部をちょっといじっていちいち更新になっている必要はないよね?)

自分でテンプレートをいじってみたことはないので、その点はどこがやりやすいのかわからない。

ブログの場合、過去ログデータを他へ持っていってアップすることができないのが最大の問題。(HPなら簡単なのにねぇ)

思いつくまま、取り留めなく書いたけど、そのうち整理&追記するかも

阪急電車 - 2005.11.24 Thu

阪急
今日所用で久しぶりに阪急電車に乗って、何で「あ~阪急だな」と感じたかというとこれ。
阪急沿線に住んでいたころは毎日見ていて、特にヅカファンでなくても毎月の演目や誰がトップかは把握していた。
鳳蘭や安奈淳のころだもんねぇ、大昔。大地真央を経て、天海祐希あたりまでだろうか、スターと呼べるのは・・・。

近鉄沿線に住むようになって、びっくりしたのは駅間距離が長いこと。
阪急だと駅間は歩けちゃう(1駅だけじゃなくへたしたら2駅も)、近鉄は歩けない・・・遠い。
それと特急が有料。JRの特急が有料なのは知ってはいたけど、そんなにしょっちゅう乗るもんじゃないしねぇ。普通に通勤通学に乗る区間で有料なのにはびっくりしたけど、指定席でおしぼりも出してくれた(今はおしぼりサービスはないし、停車駅を増やしたので特別に急いでいるとも言えない)
近鉄沿線で育った人を初めて阪急の特急に乗せて「ただなの?」ってびっくりされたから、慣れの問題ですけどね。

会社によって、快速と呼んだり、特急と呼んだり、いろいろで、意味が違ってくるわねぇ
今日快速特急というのに乗ったけど、あれ特急とどう違ったんだろうか? 確かめなかった・・・

構造計算書偽造話その後 - 2005.11.23 Wed

構造計算書偽造のとんでもなさは先日書いたのだけど

「都心周辺で100平方メートルを超すマンションが3000万円台」
なんて値段のマンションだったんだって?
これは買った方もとんでもなくはないか?
モノには適正な価格がある。
不当に吊り上げることは可能だろうけど(売れるかどうかはともかくとして)
不当に下げることは可能だろうか?
そこには何か理由がなくちゃいけない、そう考えるのが普通なんじゃないのだろうか
もし元の価格できちんとしたマンションに建て替えてもらえたら、それは儲けた話になると思う。

よくとんでもない詐欺の儲け話に引っかかった話があるけど
被害者に落ち度はマッタクないのかいつも疑問に思っている。
いまどき○十%の利息がつくなんてありえない、と考える方が普通なんじゃないのだろうか

今一番注目しているのは、「誰でも入れます」「かけた保険料は全額お返しします」というとんでもない保険。
どうやって逃げるんだろうね?
難癖つけて保険金を払わないのは当然として、最後は会社倒産させるしかない?
もっといい手があるのかな?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (765)
パッチワークの作品づくり (221)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (336)
パッチワークの展覧会 (86)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (182)
ハンドメイドの作品づくり (61)
刺繍&その他手芸の本 (98)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (115)
暮らし (592)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: