2008-10

第10回QUILT HOUSEあんだんて パッチワークキルト展のお知らせ - 2008.10.27 Mon

08あんだんて

あんだんての作品展(2年に1回)の案内のはがきが届きました。

今年は11月21日(金)~24日(月)にいつもの京都文化博物館で行われるそうです。

第10回20周年の記念に、花岡先生と清水先生の第1回からの全作品も展示してくださるんですって

楽しみです

色とかたちで選ぶバッグ―Daily Patchwork Bag - 2008.10.25 Sat

またまた作りもしないバッグの本を~(・・;)

トープカラーが主の本です。
ちぢむシートを使っている作品を掲載しているのが新味ですけれど、どんな布だと一番ちぢむシートの面白さを出せるのかなとちょっと考えてしまいました。


色とかたちで選ぶバッグ『使いやすい色合い、フォルムのすてきなバッグやポーチを52点収録。きれいな形の秘密、ちぢむシートを使った手軽で見栄えのするバッグ作り、ウールで作るバッグのヒントなど、バッグ作りに役立つポイントも解説。』

色とかたちで選ぶバッグ―Daily Patchwork Bag (レッスンシリーズ)
パッチワーク通信社

パッチワーク通信 2008年 12月号 - 2008.10.23 Thu

パッチワーク通信も今年最後の号。
カレンダーがついています。
ご親切にパッチワーク通信社の各雑誌の発売日が書いてあります。
おかげさまで買い忘れません(笑)

ミルキィホワイト・クリスマス・・・いいですねぇ。
つい作りたいなって思ってしまうのですけど、クリスマスのキット(あどばんすのと滝下先生のとこのと)2つ貯めてるし、スクールの宿題もあるし・・・(‥;)
そういうとこスクールに通っていると不自由ですね。
もうちょっとがんばれば、宿題宿題って言われないクラスに上がれるかな。

今はパターンレッスンをしながら、小物をしながら、Wウェディングリングの大作をえっちらおっちらちくちくしている状態です。
作品展は春なので、そろそろ本腰いれなければ間に合わないかなぁ。
せっぱつまらないとなかなか重いお御輿が上がらない・・・。


パッチワーク通信 2008年 12月号 [雑誌]
パッチワーク通信 2008年 12月号
パッチワーク通信社

キルトのある暮らし―パターンがいっぱい - 2008.10.19 Sun

00ボストン夫人のパッチワーク」のついでに図書館で借りた「キルトのある暮らし―パターンがいっぱい」
藤田久美子著。

↓のクッションを作るとき、過去のキルトジャパンなどのボルティモア特集の作品の参考としてこの本が書かれているのを見たのだけど、「藤田さんがボルティモア?」という気がして探そうともしていなかったのだけれど、後悔・・・。
これを見ていたら違ったものが出来上がったに違いない・・・。
ボルティモアの凝ったデザインのサンプルすべてのパターンがきれいに描かれています。
これって稀有だと思う。

これも絶版ですけど、Amazonのマーケットプレイス(古書)では売ってますから、ボルティモアする予定のある方は確保しておかれたらどうかな。
私は・・・・迷い中・・・もうボルティモアすることはないだろうとは思うのだけど・・・。

藤田さん、こういうアップリケからパッチワークに入られたみたいですねぇ。
意外でした。


キルトのある暮らし―パターンがいっぱい 藤田 久美子  Amazonのページ

ボストン夫人のパッチワーク - 2008.10.18 Sat

ボストン夫人のパッチワーク
ボストン夫人のパッチワーク
ダイアナ ボストン(著)、林 望(翻訳)
『イギリスの児童文学作家、ルーシー・ボストン夫人の、あまり知られることのないパッチワーク作家としての顔を紹介する。数々の色彩豊かなパッチワーク作品を掲載し、それらにまつわるエピソードなどを綴る。 』

Quilts Japan 2008年 11月号で8ページにわたって紹介されていた本書。
実はひとめぼれした作品があったのでどうしても見たくて図書館で借りてきました。
ボストン夫人の22のパッチワーク作品が載っています。
すべてペーパーライナーで作られていて、キルトはなし(裏打ちのみ)
百恵ちゃんの「未来へ・・・」の元になった作品(「蝶のパッチワーク」)ももちろん掲載。
百恵ちゃんの作品はQuilts Japan (キルトジャパン) 2008年9月号 に載っています。(初出ではないが、以前どこで見たのだったか思い出せない・・・)

ボストン夫人、45歳で12世紀のマナーハウス(manor house 荘園領主の邸館)を購入し、修復し、住み続け、児童書(19冊)を書き、夏はガーデニング、冬はパッチワークという生活を93歳になるまで続けられていた方です。
ターシャ・テューダーといい、人生の過ごし方としてこうあるべき、こうありたいというかっこうの見本ですね。

翻訳は林望先生。
イギリス滞在のエッセイ等で有名な方ですけど、パッチワークとはな~んにも関係のない方。
ほよ?という訳が多いけど、ま、我慢我慢(笑)
林望先生は、1984~5年にボストン夫人のマナーハウスに8ヶ月下宿されていて、その様子は彼のエッセイ等に登場します(まだ1冊「イギリスはおいしい」しか読んでいませんが)
その思い出を慈しむ気持ち、ボストン夫人に対する深い敬愛の気持ちは本書でもひしひしと伝わってきます。(もらい泣きしそうになりました)




The Manor,Hemmingford Grey  ボストン夫人のマナーハウスの公式サイト


アップリケのクッション - 2008.10.14 Tue

アップリケのクッション久しぶりに形になった(笑)作品です。
ボルチモアアルバムキルトスタイルのアップリケ・・・
アップリケって苦手なんですよねぇ。
特に凹になったところ。
針でつついているうちにもさもさしてくるし・・・ヾ(・・ )ォィォィ
苦手意識で、ついやらずに過ごすのでうまくなるはずもない・・・(‥;)

今日は雨が降っていて、きれいな写真が撮れないんですけど、でも、夜目遠目傘のうちともいいますし~(笑)

いちおうスクールの課題なんですけど、落としキルトだけでよいということなので、こういう出来上がりですけど、よかったのかな。

Quilts Japan 2008年 11月号 - 2008.10.04 Sat

キルトジャパンも11月号。クリスマス特集。
今年も残りわずかになりましたねぇ.....って毎年言ってるような・・・。
ほんとに時の経つのは速いもので、ぐんぐん加速度がついてきます。
Quilts Japan 2008年 11月号 [雑誌]
Quilts Japan 2008年 11月号
日本ヴォーグ社

中で紹介されている「ボストン夫人のパッチワーク」、百恵ちゃんのキルトの元本がわかったのはいいけれど、今絶版になっているようです。
こういうところで紹介するなら絶版なら絶版と書いてほしかったなぁと・・・。
手に入らないとなると余計に欲しくなるのが人情というもの・・・(・・;)
イギリスのおばあちゃまの作品ですけれど、色遣いが面白いので、見てみたくなりましたが・・・。
図書館に行って見るしかないのかなぁ

ボストン夫人のパッチワーク
ボストン夫人のパッチワーク
ダイアナ ボストン,Diana Boston,Lucy Boston,Julia Hedgecoe,林 望,ルーシー ボストン,ジュリア ヘッジコー


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (765)
パッチワークの作品づくり (221)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (336)
パッチワークの展覧会 (86)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (182)
ハンドメイドの作品づくり (61)
刺繍&その他手芸の本 (98)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (115)
暮らし (592)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: