2012-05

<セシウム>米のクロマグロから検出 その他 - 2012.05.29 Tue

【備忘録】

出るべくして出たというだけのことですけど
(サッカーボールやオートバイだけが流れ着いているわけではないわねぇ)

<セシウム>米のクロマグロから検出 福島沖から回遊か

毎日新聞 5月29日(火)4時0分配信

 東京電力福島第1原発事故で流出した放射性セシウムが、米カリフォルニア沖で捕獲されたクロマグロから検出されていたことが、米スタンフォード大のチームの調査で分かった。「放射性物質が海洋生物に取り込まれて広がっている証拠」と指摘している。29日付の米国科学アカデミー紀要に発表した。

 チームは昨年8月、カリフォルニア沖でクロマグロを捕獲し、放射性セシウムの濃度を調べた。その結果、15匹のクロマグロで1キロ当たり最大10.3ベクレル、最小でも同2.9ベクレルだった。半減期が約2年と短いセシウム134が検出されたことから、福島由来と断定。日本政府が定める食品中の放射性物質濃度(1キロあたり100ベクレル以下)より低いが、事故前の濃度の10倍以上だった。

 クロマグロは太平洋を回遊する大型魚類だが、黒潮に乗って成長しながら米西海岸まで達する場合もある。チームは、捕獲したクロマグロは事故後、福島県沖で餌を通して放射性物質を取り込んだ後、米沿岸に達したとみており、「日本近海に生息して広範囲に移動するカメ、サメ、海鳥などが放射性セシウムを拡散させるかもしれない」と指摘する。【神保圭作】



東電はどう責任を取るのかと普通は考えるのだけど
東電は、あくまでも脳天気。
ぶっちゃけ東電はどう考えているのか、本音をとことん伺いたい。
一切責任はないし、だからこそタダ働きなんかご免だと思っているんだろうね。

<東電>賞与も値上げ分に 今冬147億円、人件費に計上

毎日新聞 5月29日(火)2時31分配信

 家庭向け電気料金の平均10%超の値上げを枝野幸男経済産業相に申請している東京電力が、社員の今冬の賞与(ボーナス)147億円分を料金値上げの原価となる人件費に計上していることが28日分かった。福島第1原発事故の処理と賠償で財務内容が悪化し、国から1兆円規模の公的資金投入を受ける東電は今夏のボーナス支給は見送ったが、冬のボーナスに関しては「未定」としていた。

【東電が申請した電気料金の原価詳細も】クローズアップ2012:東電、家庭向け値上げ申請 「7月」「10%」高い壁 上げ幅圧縮、要求必至

 電気料金値上げの妥当性を審査している経産省の有識者会議「電気料金審査専門委員会」(委員長・安念潤司中央大法科大学院教授)は、東電に対し、人件費の一段の削減を通じた値上げ幅圧縮を促したい考え。同専門委は29日に会合を開き、人件費や修繕費などの計上が適正か審査するが、委員からは「公的資金を投入される立場を考慮し人件費を決めるべきだ」との厳しい声も出ており、冬のボーナスの大幅削減を迫られる可能性がある。

 東電が経産省に示した資料によると、12年度はボーナスを147億円計上。13~14年度も各290億円強のボーナス(夏・冬含み)を見込んでいる。東電は福島第1原発事故以降、社員の年収を20%(管理職は25%)削減したが、専門委では「実質破綻企業の合理化策としては甘過ぎる」との指摘が出ている。東電は燃料費や人件費などに一定の利益を上乗せした総額を基に、7月から家庭向け電気料金の平均10.28%値上げの認可を枝野経産相に申請している。【小倉祥徳】




電力会社としては、せっかく設備投資をした原発をじゃんじゃん使って、じゃぶじゃぶ電気を使ってもらわないと困るわけで~
今、原発にOKって言ってる人は、今さえよければいい、自分が責任を取らなければならない間さえ次の事故が起こらなければいいと思っているのだろうね。
根本的な問題や、未来の問題には目をつぶる…にはできない所業だなぁ。


原発15%案が軸に 電源構成 空洞化見据え議論

産経新聞 5月29日(火)7時55分配信

 総合資源エネルギー調査会の基本問題委員会が議論してきた平成42年時点の電源構成の選択肢は、脱原発依存と原発維持の双方の意見に配慮した形でまとまった。「原発比率35%案」は外されたが、基幹電源として維持する選択肢は残った。今後は、原発を40年で廃炉にする40年ルールの結果、導かれる15%案を軸にして議論が進むことになる。

 野田佳彦首相は就任当初から、原発への依存度を可能な限り下げる方針を示してきた。この日の委員会でもその方向性が強く反映され、35%案は参考値にとどめられた。一方、これまでの委員会では、安定的な電源として原発の割合を20~25%で維持する選択肢が支持を集めてきたのも事実だ。

 今後、政府がエネルギー・環境会議で進める議論は「15%案が一つのベースになり得る」(細野豪志環境相)方向。政府が1月に閣議決定した原子力規制庁設置関連法案は、原発の運転期間を原則40年としており、この方針に沿えば42年末時点の稼働原発は18基、原発比率は15%程度になるためだ。

 東京電力福島第1原発事故の被害の大きさを踏まえ、廃炉のペースを早めて原発をゼロにすべきだとの意見は根強い。ただ、委員会では、電気料金の大幅な値上がりによって「企業の海外移転が進む」(榊原定征委員=東レ会長)と産業空洞化を心配する声も上がった。政府の判断には、長期的な視点での慎重な対応が不可欠だ。




ブーメラン族 - 2012.05.28 Mon

今朝のTVニュースの特集で "ブーメラン族" を取り上げていた。
USでの呼び名で、実家に(ブーメランのように)戻ってくる若者のことを言うらしい。
確かに日本でも "パラサイトシングル" とか言ういい方もかつてはあったけれど、実際はそう珍しいことでもないし、最近では企業も住居費の負担が少なくてすむので実家から通える範囲の支店に勤務させることが多くなっている事実がある。

驚いたのは USでは大学を出て実家に居ることを強く "" とか "失敗" とか捉えているということで、そこまでシビアな感覚とは知らなかった。
USの小説を読んでいると、実家に戻るシーンが出てくるのだけど、そこまでの覚悟が双方(親にも子にも)にあってのことだとは思ってなくて、読み方が浅かったなぁと気が付いた次第。


読みたい本 - 2012.05.27 Sun

日曜日の新聞の読書面を楽しみにしている。
いそいそと新聞を広げ…今日は読みたい本があり過ぎて、うれしい悲鳴。
何もない時もあるのよ。

どの本もちょっとお高いので、おいそれと買えない。
図書館 あるいは マーケットプレイスに出てくるまでしばしの我慢。
忘れないように書いておこう。

健康不安と過剰医療の時代

■「何かおかしい」と思う人に

評・田中優子(法政大学教授・近世比較文化)

 現代は江戸時代より「進化」していると言われる。進化のシンボルが科学技術の発展である。確かに江戸時代までは高度医療も保険制度もなく薬は高かった。であるから病気にならないことが重要で、「養生」が生活の上で大切な役目を果たしていた。

 一方、今の日本では薬は満腹になるほど出してくれるし、レントゲンやCTは無制限に撮ってくれる。が、何かおかしいと常々思っていた。薬の処方や治療は最後の手段だろう。不安感だけで治療する必要はあるのだろうか? 本書はその疑問に答えてくれた。ずばり「健康不安」と「過剰医療」を暴いている。

 日本で癌(がん)にかかる人の三・二%は放射線による診断被曝(ひばく)が原因と推定され、検査回数も調査した十五カ国平均の一・八倍である。必要とされない多くの事例でCTが安易に使われているからだという。血圧が高い人に処方される降圧剤も、実は脳梗塞(こうそく)につながりやすい。コレステロールの薬も骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬も不要な場合が多く、副作用をともなう。バリウムによる胃の検査が本当に安全かどうかは分かっていない。うつ病という診断結果の急激な増加は、向精神薬の解禁と連動している。さらに、病気でない人にお金を使わせるには「健康不安」という武器がある。「メタボ」はじめありとあらゆるものに警告が発せられ、健康商品が大量に消費されている。本来は「ストレスに強い」ことを強要する社会の問題であるにもかかわらず、それは問題としないで医療に金を使わせる構造になっているのだ。本書は、そのような多くの事例が語られている。

 本書には賛同する人もしない人もいるだろう。しかし、頭の片隅で「何かおかしい」と思っている人は多いのではないか。医療の過剰を問題化してゆく必要性が高まっているというのが、この本の編集意図だ。ようやくそういう時が来た。


高齢化社会で、年金はどうなる、医療費はどうなると喧しいのに、一方でつまらない延命治療の技術の開発が進んでいるのはおかしくはないか、これはずっと私が思ってきた疑問だった。
無駄な医療費は、それでも医薬品業界を潤し、税収をあげ、公務員の天下り先も増やす。
親の高額な年金が欲しくて、とにかく生かしておいてくれという家族もあると聞く。

医療の過剰を問題化してゆく必要性が高まっているというのが、この本の編集意図だ。ようやくそういう時が来た。
これは本書の評者・田中優子さんの言葉なのだが、大きく首肯する。
ようやくそういう時が来たのならうれしい。

余談になるが、この田中優子さんの書評はいつも共感できて、心待ちにしている。
書評を担当する本は、ご自分で選ばれるのだろうか、与えられるのだろうか。
先週はこれだった:股間若衆: 男の裸は芸術か 
股間若衆=こかんわかしゅう≒こきんわかしゅう=古今和歌集
東大教授のお作らしいのだけど、これも面白そうでしょ?


若者の気分 少年犯罪〈減少〉のパラドクス

■統計を検討 情緒的議論と決別

評・川端裕人(作家)

 20世紀最後の数年、少年による凶悪犯罪が散発し「少年犯罪の増加!」と騒ぎになった。しかし長い目でみて減少傾向が明らかと分かると、世の論は少年犯罪の凶悪化、再犯の増加を問題にする方向に横滑りしていった。今ではどれも現実にそぐわないと分かっているが、2010年の内閣府調査では75%もの回答者が「重大な少年犯罪が増えている」とした。

 著者は丁寧に統計を検討し、誤解を解きほぐす。更に諸外国では犯罪増に直結する失業率が日本でも高まっているのに、少年犯罪が最低レベルであることにパラドックスを見いだす。このような視点は従来の論を見聞きしてきた者には意外だろう。しかし事実だ。むしろ、本書の真骨頂は「パラドックス」に社会学的分析を試みる点である。

 キーワードは「宿命主義的人生観の広がり」「人間関係の自由化」など。前者は現状を素直すぎるほど受け入れる態度。後者は、社会があまりに自由になったため、むしろ仲間との絆を求め、空気を読んで自分が浮かないようにする態度につながる。「私(個性)探し」から「友だち探し」へ。ちなみに凶悪犯罪がかつて究極の個性だったことは、神戸連続児童殺傷事件(1997年)に続いた少年事件の聞き取りから分かる。しかしこんな極端な個性はもう誰も欲しくない。少年犯罪は減少し、90年代の特異な事件の再来も抑制される……。

 社会学に暗い評者には判じがたい部分もある。また描かれた若者像を固定的に捉(とら)えるのは危険だろう。検証し先に進むには、社会と犯罪の分野で因果関係の解明を目指す社会疫学、犯罪疫学を視野に収めるべきだとも感じた。

 いずれにしても安易な若者叩(たた)き言説と距離を取り「今」と真摯(しんし)に向き合う議論をさりげなく実現している点がよい。私たちの社会に跋扈(ばっこ)してきた情緒的若者論との決別のきっかけとなることを期待する。


私自身も「重大な少年犯罪が増えている」となんとなく思っていた。
我が家にティーンエイジャーが居なくなって数年たち、少年犯罪に対するアンテナはずいぶん感度が悪くなっているとは思うが。
認識を改めたい。


今和次郎「日本の民家」再訪

■変哲もなく残る大正の家々

評・山形浩生(評論家)

 今(こん)和次郎の名著『日本の民家』は、大正期の何の変哲もない民家の記録分析として今でも実におもしろい。本書はそこに登場する民家を再訪し、その変化を記述したものだ。

 こんな本が成立すること自体が驚きだ。この九〇年を経て、かなりの家がまだ残っている! むろん消えたものも多く、残った場合でも昔通りではない。だが、その変化こそ本書の注目点でもある。

 変化の理由はおなじみのものだ。都市化、経済基盤変化、道路拡幅……。元の本での今(こん)の注目点は、それぞれの民家が持つ自然や経済の環境に対する合理性だった。本書の分析は、周辺の変化と家の変化の関わりを細かく捕らえ、今和次郎の合理的な読みを現在にまで延長するものとなっている。

 元が雑誌連載のせいか、文章は時に蛇足めいた文学的な都会人の田舎幻想や内輪の些末(さまつ)な雑記に流れる。だが事実関係の記述は明快だし、限られた資料から家を探し出すいささか冗長な探索プロセスにも時代の変化の記述が散在している。そうこうするうちに、そこから今和次郎の行動原理まで抽出しおおせているのは感心させられる。

 しかし……本書に掲載された現存する「民家」の写真は、本当に何の変哲もないのがショックではある。今(こん)のスケッチを見ると、それぞれの民家は実に豊穣(ほうじょう)で美しく見える。が、実際はそこらの地方家屋で、多くの人は前を通っても記録する価値があるとさえ思うまい。

 今(こん)とてその個別の家自体の価値よりは、その地域の生活と様式の表現としてそれぞれの民家を見ている。だが、これらの家は当時もこのように何の変哲もなく、今(こん)の慧眼(けいがん)だけがその意義を見抜けたのか、あるいは当時は変哲があったのに、物理的には同じでも、時代の変化とともにそれが消えたのか。そうした見る側の視線の変化についても、本書は考えさせてくれる。


恥ずかしながら浅学で、今(こん)和次郎の名著『日本の民家』をまず知らなかった。
特に何てことない民家を記録していたもののようだが、その特に何てことない民家が90年たってまだ存在することに気づいたときの驚きをつきつめようとされたのだろう、著者は。
間に敗戦があり、社会の価値観はずいぶん変わったのにと思うと感慨深い。
本書を見てみたくなる由縁である。


他に
脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議
昭和史を陰で動かした男: 忘れられたアジテーター・五百木飄亭 (新潮選書)
城砦

豊作でしょ?



大阪キルトウィーク2012 - 2012.05.24 Thu

img135.jpg
ちょっと久しぶりのキルトウィーク、ちょっくら行ってきました。

久しぶりに行ってみても、やっぱりつまんなかったなぁ。
わくわく感に乏しい。
横浜から始まって、福岡、長野、北海道、大阪、つまりは5番煎じ
展示もショップも5回も出展されるはずもないからどうしても小規模になっちゃいますよねぇ。
昔はよかったって言っちゃいけないかなぁ(・・;)

ということで、滞在時間1時間強。

お買い物は Be you と Oui で布を買いました。
どちらも奈良のショップなのに、わざわざ大阪で買わなくてもね(・・;) 

来月の斉藤先生の作品展@阪神百貨店を楽しみにしておこうっと~♪


img136.jpg

大阪キルトウィーク2012

関西最大級のキルトの祭典、大阪キルトウィーク!
今年もいよいよキルトウィークの季節がやってまいりました。
今回もキルトに恋して40年!キャシー中島さんのトークショーや、キルトウィークならではの人気キルター作品の展示、掘り出し物いっぱいのキルトマーケットなど…。
来て、見て、作って、色とりどりのキルトたちに出会える三日間。

特別出展
キャシー中島『キルトに恋して40年』
こうの早苗「いつも花といっしょ」
エスプリの効いた個性派三作家の世界展:吉田サチ子の“ジャポニズム”、畑野昭子の“アニマルズ”、宮谷真知子の“クレイジー”

IQW作品コンテスト2011優秀作品展

日本のキルト作家展
上田葉子、岡野栄子、片桐好子、川嶋ひろみ、黒羽志寿子、郷家啓子、小関鈴子、小林美弥子、斉藤謠子、阪本あかね、 沢田淳子、嶋道子、園部美知子、高橋恵子、牧野まゆみ、松山敦子、宮内恵子、吉田恵子

スクラップブッキングキルト
朝倉千栄子、石浪克美、井上美智子、今井雅子、上田葉子、大石みえこ、大河原ヒサ子、大薗香代子、岡野栄子、奥本三知代、 押野悠美子、片桐好子、門脇志津江、川上和子、川嶋ひろみ、菅 浩子、北村恵子、小高紀子、櫻井紀子、柴尚子、柴田明美、 嶋 道子、首藤次絵、須藤修代、杉田惠津子、砂川直子、園部美知子、出口えつ子、出口はつえ、利根川加代子、鳥居啓子、 中沢玲子、西山幸子、畑野昭子、林洋子、原理絵、東 照代、藤田敏子、藤巻ひとみ、藤村洋子、古田章子、松尾緑、 丸濱淑子・由紀子、宮谷真知子、森山百合子、指吸快子、横田弘美

関西キルター作品展

キルトマーケット

2012年5月24日(木)~26日(土)10:00~17:00  
ATCホール




すてきにハンドメイド 2012年 6月号 - 2012.05.23 Wed

handmade.jpg
うっかり忘れていた すてきにハンドメイド 2012年 6月号
スーパーのレジ横で見かけて…

  特集:小さくてかわいい手作り
     ・「丸」のハッピーキルト
     ・刺しゅうのソーイングケース
     ・くったりマスコット
     ・ラベンダーのビーズアクセサリー

「丸」のハッピーキルトは上田葉子さん。
来年のドームのパートナーシップキルトの課題です。
丸もいろんなバリエーションがあって、ねこがくなって寝ているっていうのまで丸!
いろいろあって、楽しそう~ (たのしそう…他の思想って出るんですけどぉ)

大塚あや子さんの刺しゅうはヒーダボーのリングピロー。
毎月、ステキですねぇ




エネルギー政策  - 2012.05.23 Wed

【備忘録】

<自民党>「脱原発は不可避」を削除 エネルギー政策見直し

毎日新聞 5月22日(火)20時33分配信

 自民党の総合エネルギー政策特命委員会(山本一太委員長)は22日、党本部での会合で、原発事故を受けたエネルギー政策見直しについて、今夏の最終報告へのたたき台を再修正して「脱原発は不可避」との文言を削除した。

 同委は2月の中間報告で、原子力政策について「10年かけて結論を出す」と判断を先送り。脱原発派や地方組織が批判し、最終報告に向けた今月18日の会合では、報告案のたたき台には「脱原発は不可避」との文言が載った。

 ところが、22日の党役員会ではたたき台に対し、「脱原発に偏っている」との異論が出た。このため、22日の特命委では、たたき台の「新原発技術が登場しない限り脱原発は不可避」との文言を「新たな技術的対応が可能か否かを見極める」と修正した。【念佛明奈】


最終更新:5月22日(火)22時26分



パッチワーク倶楽部7月号 - 2012.05.22 Tue


表紙が涼しげでかわいいので、つい買ってきてしまった

パッチワーク倶楽部 2012年 07月号

「お手軽」「簡単」な縫い物を特集なのだけど
確かにそうなのだけど

ん~…あまりにも「お手軽」「簡単」だったかな(・・;)
ちょっと後悔.....


パッチワーク倶楽部 2012年 07月号

「パッチワーク倶楽部」はパッチワークを楽しむ読者の皆さんとともに作るタイプの情報誌です。今号は「お手軽」「簡単」な縫い物を特集します。気軽に取り組める手作りで、夏を過ごしましょうという提案です。

特集 お手軽簡単 夏の縫い物
バッグを中心に、小物を紹介します。
・レース、たたみへりテープ、ビニールシートなどの夏向きの素材を使って
・簡単パッチワーク ピースワークが少ない、キルティングが少ない、キルティングを入れない小物
・写真解説 がま口のお財布の作り方
・一枚の布で作れるもの
・お出かけに便利 ハンカチ、風呂敷、ペットボトルケース、ストール、暑さ対策スカーフ
・涼感インテリア 

捨てられない布を生かす
・布を裂いて編むスラッシュラグキルト
・ネクタイ
・ジーンズ

読者参加企画 おそろいバッグ

夏の風物詩を描く

すいれんのミニミニキルトの作り方

連載
・カオハガンのキルト仲間
・パッチワークまわりの手作りテクニック3 カテドラルウインドウ
・Kinuuのエコな動物 ハリネズミのコインケース





金環日食 - 2012.05.21 Mon

お天気が悪いかもという予報を覆して、薄曇りでしたけど、時々登場の太陽
家族みんなで、時々外に出ては満ち欠けを確認しました。ん?欠け満ちかな?

日食グラスを通して写真を撮ろうとしてみたけど、ダメだった.....
薄曇りだったのが幸いして撮れたのがこの写真。7時29分です。
mini_120521_0729.jpg
見えない?
拡大図です。
SN3S0900 (2) - コピー

逆三日月型の木漏れ日も楽しい。(金環のときはうまく撮れなかったの)
SN3S0899_R.jpg

朝から楽しかった~



-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----


昨日ゴーヤのネットを張りました。(って、夫と息子が…
朝顔も這わせます。
野菜はあとトマトとシマオクラ(沖縄の丸いオクラなんですって!)とスーパー夏いちご(四季成りなんですって!)
まだ空いているプランターがあるから、何か苗買ってこようかなぁ。
なすは千に一つの無駄もないってうそと思ったし、きゅうりもあまり上手くできなかった。
何が素人向けかしらねぇ。(しかもプランター)

そうそう、ゴーヤとトマトの苗と土、カゴメ製だって前に書いたけど、デルモンテ製でした
ちなみに品種名"スーパーゴーヤ"と"フルーツルビーEX"です。
なんか強そう~^^b


Jリーグ20周年記念フォトブック - 2012.05.14 Mon

j.jpg
Jリーグ20周年記念フォトブック です。

もう20年というか、まだ20年というか…

懐かしい写真の数々…

しばし時の立つのを忘れ…



今年、イマイチ鹿島の調子が上がらないのも忘れ…たい(-_-;)
昔クラシコと言われたが、振り切ったはずのジュビロに3-0で負けるか?
現在の順位15位。






昨日は母の日 - 2012.05.14 Mon

mini_120514_1019.jpg
母の日、母の日って五月蠅いからかえって気が悪いじゃないねぇ?
って話をしながらもらったカーネーション。パンやさんで!

ま、そんなもんです。

長かったので、とりあえずその辺にあった空きビンに挿してみた…。

ずっと前に「今日は母の日だけど?」って言ってみたとき、「子どもの日も特に何もなかった」と言われた私…。
「毎日子どもの日みたいなもんじゃない」とは言ったけど、「柏餅買ってあげたじゃない」とは言わなかった。
「自分が食べたいだけじゃん」と言われるのが見えてたから(笑)

母の日関連の売り上げはクリスマスより多いってTVで…。
ちょっとびっくり!
母の日は単価が高いのかなぁ? 
うち、母の日0円、クリスマス○万円って感じですけど…(・・;)
mini_120514_1018.jpg 一部分だけ色が濃い。

mini_120514_10230001.jpg今年も緑のカーテンは健在(予定)
ゴーヤは連作を嫌うそうなので、袋でそのまま植えられる底マチがついている土を買ってみました。(made by カゴメ)←カゴメ製ではなくデルモント製でしたm(__)m(5/21追記)
肥料も入っているので、これだけでOKという触れ込みです。

緑のカーテンにどれほど効果があるのかはわかりませんけど、とりあえず「原発つけさせてくれないと、電気が足らない。電気が足らないとあれもできない、これもできない」って駄々っ子してる関電の域内ですもの、節電になると言われていることはなんでもします。意地。
だいたい電気を供給するのが義務の独占企業のくせに、足らないのは原発を使わせない市民のせいって平気ででかい顔してるのが許せない!<`ヘ´>
フクシマを見て学習しないのはただの阿呆だと思うけどね。
原発ゼロ状態に経済活動やライフスタイルを合わせるのはYahooの意識調査で63%です。

mini_120514_1023.jpg
ついでにトマトも植えてみました。
もうお花が咲きました。

もひとつついでにイチゴも植えました。
そのうち庭を畑にするかな?(笑)

奈良は比較的安全だと思っていたけど、肥料など安いフクシマ産のものが農協などに入っていると聞いたので、戦々恐々。
産廃もすでに入っているしねぇ。
もっと西へ引っ越そうかなぁ。
いっそ日本脱出か~?? 
今は笑い話だけど、そのうち笑っていられなくなるかも。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (769)
パッチワークの作品づくり (222)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (339)
パッチワークの展覧会 (86)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (182)
ハンドメイドの作品づくり (61)
刺繍&その他手芸の本 (98)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (115)
暮らし (593)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: