2013-06

また エルフィン&フレンズの布 - 2013.06.29 Sat

mini_130629_1046.jpg

先日5・22のエルフィン&フレンズの布♪
うちのレッスンで生徒さんたちに見せびらかしていたら…(・・;)
みんなに伝染^^b

また買っちゃいました~♪
今回は小野みきさんのHPから。

さ~て、何ができるんでしょう??
とりあえず、パネル柄でベビーキルト? 
みんなまだ見ぬ孫のために(笑)

2004年発刊のご本。

小野みきさんの手作りおもちゃ箱―暮らしを楽しくするハンドメイドアイディア集

AMAZONで古書価がついているので、とりあえず図書館で借りてきました。


・・・かわいい


布引き出しをかき回していたら、昔買って、ちびちび使っていたエルフィンの布を見つけました!
こんだけしか残っていなかった
mini_130618_11010002.jpg



本池秀夫 革の世界展 ~人形・動物・現代アート~ - 2013.06.27 Thu

motoike_01_01.jpgmotoike_02.jpg

本池秀夫 革の世界展 ~人形・動物・現代アート~ を見ました。

レザー・アートという分野があるとも知らなかったのですが、すてきでした~。

ミニチュアなものから実物大のものまで。
精巧に作られた作品は細かいところまで気持ちが行きとどいていて、いつまでも見ていたいと思いました。
見れば見るほど発見がある感じ。
右上↗のおもちゃ屋さんの壁際には小さな電車が走ったりするのです。
でね、この壁だって外の石畳だってテーブルだって…みんな革なのですよ!
すごすぎ~!!

難を言えば、ちょっとお顔が私の好みではなかったかな。
そこまでどんぴしゃりだと連れて帰ってきちゃったかもしれませんヾ(・・ )ォィォィ

HIDEO MOTOIKE ARTWORKS 本池秀夫さんのサイト

本池秀夫 革の世界展 ~人形・動物・現代アート~

鳥取県米子市在住のレザー・アーティスト、本池秀夫(もといけひでお・1951~)。
大学在学中にヨーロッパに渡った後、ローマの骨董屋で出会った古い磁器人形に感銘を受けたことをきっかけに、人形作家を志しました。以来、老人や子どもの何気ない日常のひとコマを題材とした「革の人形」や、実在の動物を等身大で表現した「革の動物」を主なテーマに、誰も見たことがない「革の世界」を展開。革特有のあたたかみのある色合いを生かした表情豊かな作品は、木目の刻まれたベンチやテーブル、石畳といった革とは全く異なる質感までも革で忠実に表現されています。
本池さんは言います『“皮”は動物の一部です。食用になった後、いわば廃物である“皮”が加工され、“革”へとなります。そこに自らの感性や技術を活かし、新たな“命”を吹き込むのが私の仕事です。』本展では、約60点の作品で、初期から現在までの多岐にわたる創作活動を一堂に紹介します。

【プロフィール】
1951年、鳥取県米子市生まれ。在学中20歳のときにアトリエMOTOを主宰する。卒業間近の渡欧の際、カッペ作の磁器人形に強く感銘を受け帰国後は人形作家を志す。革を素材に、老人と子どもの何気ない日常を切り取った人形作品を制作、新たなジャンルを切り開いた。以降、等身大の「革の動物」、3,150種もの革方をつないだ「タペストリー」など、革という素材にこだわりながら作品の幅を広げ、今日まで約40年間制作を続けている。全国で個展を開催、テレビ出演も多数。4月「徹子の部屋」に出演。

6月20日(木)~7月16日(火)[会期中無休]
美術館「えき」KYOTO





晴耕雨読? - 2013.06.26 Wed

♪ 雨 潸々(さんさん)と~ ♪ 
今日は朝からしっかり降っています。
こういう雨は潸々(さんさん)と~とは言えないのかな。わかんない。

こんな日はまず冷蔵庫をチェック。特に牛乳とたまご=必需品。
まあ、なんとかなりそうだと見極めがつくと、出かける予定はキャンセルして、ゴミの搬出もパスして(いいの、燃やせないゴミの日だから)、の~んびり晴耕雨読を決め込む。
晴読雨読だというご指摘は……甘んじて受けよう(・・;)

61m.jpgいつもながらの乱読ぶりは読書日記に書き散らしているわけなのだけれど、今、じっくり というか ときどき 眺めているのが おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-

新聞の読書のページに三浦しおんさんの書評が掲載されていて、つい買ってしまった本。
1669年にオランダ人モンタヌスが著した『日本誌』の図版を紹介しているのだけれど、このモンタヌスは日本に来たことがなかったそうで…。
つっこみどころ満載。

まあ、今の旅行雑誌だって確かに写真は載っているけれど、それは真実を写しているのだろうけれど、でもそれはあくまでも
"部分"なのだものね。
"世界三大がっかり"なんてものもあったけ…。

mini_130626_0839.jpg
なんてくっちゃべっているうちに、通信のあんだんてのマンスリー・キットが届きました。
こんな雨でもくろねこさんはしっかりお仕事して下さるのだわぁm(__)m
ついでに買った黄緑布はご愛嬌…ヾ(・・ )ォィォィ


閑話休題
あんだんてのバッグに取りかかりませう。


すてきにハンドメイド 2013年 7月号 - 2013.06.24 Mon

すてきにハンドメイド 2013年 7月号です。

ちょっと立ち読みするつもりだったのだけど
・I LOVE ソーイング 涼やか フレアーワンピース by花岡瞳先生 
・使い方いろいろ 3WAYのバッグ by上田葉子先生
・斉藤謠子先生のマンスリーキルト
とくると、ゆっくり見たくなって…

パイナップル編みのミニバッグもかわいい♪




ついでに、横にあったリンネル 2013年8月号もオマケ欲しさに買ってしまいました^^b
リトルミィの保冷バッグです。
けっこうしっかりした作り!


パッチワーク通信 2013年8月号 - 2013.06.22 Sat

パッチワーク通信 2013年8月号です。

あ~ いろいろな大きさのヨーヨーをつないでみたかったんだ~って思い出したりなんかして…^^b

サマ―バッグがかわいい♪

「花岡瞳&清水良悦 マンスリーキルト」は、5回目。
おしゃれなバッグ! 作るのも楽しそう~♪
これで全部のパターンが終わって、次回はボーダーですね~(*^^)v

おまけ、もとい付録はピンク&ブラウンのレトロカラー、FIRST OF INFINITY(藤田久美子さんX中島一恵さん) デザインのスカートポーチ+チャームです。
ちょっと意外な色かな。

パッチワーク通信 2013年8月号

表紙は夏の手作りの定番、ヨーヨーの小物たち。一冊まるごとサマータイムに作って使いたい作品づくしです。大好評「特別付録オリジナルカットクロス」の二回目はピンク&ブラウンのレトロカラー。FIRST OF INFINITY(藤田久美子さんX中島一恵さん) デザインのスカートポーチ+チャームが作れます。他カワイイ作品を作り方付きで満載!! 新連載2つもスタートします

大特集「夏 花キルトを飾る」

「ミニミニポーチの絵本」

特集「楽しいヨーヨー」

特集「サマーバッグ」

特集:旅「徳島」

「デジタルガールのハンドメイド」

「新居でモダンキルト作り」エリン・ウィルソン

新連載
「松浦香苗のプリントでたのしむパッチワーク」
「新シリーズ: アメリカのモダンキルターたち」

好評連載中
「小倉ゆき子の乙女手帖」
「花岡瞳&清水良悦 マンスリーキルト」
「郷家啓子のミステリーキルト」
「着物dollのお誂え」安田千恵子さん



和やまむらでランチ - 2013.06.20 Thu

和 やまむらで、お昼のミニ懐石をいただきました。
ミシュランの三つ星なのですが、よその土地の三つ星は知りませんけれど、高ぶることなく落ち着いたよいお店だと思います。
見た目以上に手の込んだ美味しいものをゆっくりいただけました(しあわせ)

mini_130620_12120001.jpgmini_130620_1224.jpg

mini_130620_1236.jpgmini_130620_1250.jpg

mini_130620_1310.jpgmini_130620_13020001.jpg

mini_130620_1326.jpgmini_130620_1346.jpg

mini_130620_1505.jpg



和 やまむら

0742-33-0102
奈良市芝辻町2-11-15
12:00~13:30(要予約) 17:00~21:30
定休日:月曜日、毎月最終日曜日




黄緑布 カットはじめました - 2013.06.17 Mon

mini_130617_09190001.jpg

いつまでも暑いとか、体調が悪いとか…怠けているわけにもいかず…布のカットから

とりあえず広げて並べて、まずは何枚いるんだっけ~?? とカウント^^b


mini_130617_1107.jpg


いまいちまだまだロータリーカッターに慣れない私.....σ(・・;)

ふわっと定規をそれて行くし~(謎っ)

肩やら腕やらに力が入って…へとへと…(;_;)

あとはミシンでダ~っと縫って、カット、アイロン…今週中にパーツ仕上げたい。
ん?水曜と木曜は予定があるんだった…σ(・・;)
マジでお尻に火が付いているんだ…ヾ(・・ )ォィォィ やっと気づいたんかい

マジでって米口語で Shut up! って言うんだってねぇ。
この頃キレやすいおじさんが多いものでしょうもない知識が増えて困るわぁ。

自分に反対する人はみんな"左翼"と決めつけるおじさんも多し。昭和?

立葵(タチアオイ) その2 - 2013.06.14 Fri

mini_130612_1234.jpg10日↓に咲き始めた立葵(タチアオイ)
ぐんぐんと咲き上がって、梅雨が明けちゃう気配・・・(笑)

梅雨はどこに行ってしまったんでしょう??
台風3号に期待したのだけど、なぜか東へ直角に曲がって行ってしまうし、このままでは水不足必至。そろそろ野菜の価格が上がり始めています。
気温も昨日の高温ベスト5に関西はいくつ入ってたかなぁ(確認しろよ(-_-;) とりあえず1位は豊中市、5位に奈良市=36.5度)
うだっております 
今日もすでに28度。
気温と共に体温もあがって夕方には37℃(=リッパな微熱)← 変温動物
だる~くて、ごろごろと読書ばかり(積読消去)

mini_130614.jpg



 ちっちゃなカマキリくんがかわいい♪♪

mini_130614_0.jpg

 今年もゴーヤ!

立葵(タチアオイ) その1 - 2013.06.10 Mon

mini_130610_1100.jpg(たぶん)立葵(タチアオイ)の花が咲きはじめました。

この立葵(タチアオイ)の花は下から咲いて行くようなのですけれど、梅雨といっしょに咲くという話があって、下の花が咲いたら梅雨入り、頂上が開花したら梅雨明けのバロメーターなのですって!

今年の近畿地方の梅雨入りは、気象庁の速報値では5月28日ごろとなっていますが、ず~~~っとカンカン照り。異常乾燥注意報。
今日は台風3号のせいで梅雨前線が押し上げられてどんより曇っていて、梅雨らしいと言えば梅雨らしい。

気象庁の発表(後日変更することもあるよねぇ)が正しいのか、立葵のバイオセンサーが正しいのか…乞うご期待!

この立葵(タチアオイ)は今年植えたのではなく、去年植えて咲かないなぁと思っていたら今年になってぐんぐん伸びて咲いたのだけれど、どうも二年草だったみたい…^^b
説明をきちんと読まないまま無くしてしまった…お粗末…σ(・・;)


     *---------------*


google20130610a.jpg

今日のgoogle、モーリス・センダック生誕85周年記念でかわいい! 
怪獣たちのいるところとか懐かしいなぁ。

キルトジャパン 2013年7月号 - 2013.06.06 Thu

61_20130521220844.jpgキルトジャパン 2013年7月号 です。

ヒマワリ! 夏ですねぇ。

特集はブロードリーパース
なんとなく私にはこうの先生のイメージだけど、そうか小関先生もされてますねぇ。
そのうちやるかも。

今号は全体的に好みのモノがなくて、私的にはあまり面白みがなかったかな。
まあ、そういうときもあります。

なぜか特別付録にオリジナルノートが作れる布とA6ノートがついています。
どちらも付録を付けるって・・・談合??(笑)
あちらはペンケース。こちらはノート。
どうせならテイストを揃えてくれたらよかったかなぁヾ(・・ )ォィォィ


ちょっとだけ立ち読みはこちら↓↓↓
キルトジャパンWEB


キルトジャパン 2013年7月号

●特別付録●
フレンチジェネラルの布で作るオリジナルノート

<特集> 素敵な布に出合ったら…ブロードリーパースでスタイリッシュなキルト

新連載 立体花のキルト 季節の花便り

新連載 若草物語ジョーのお部屋 ミニチュアキルトで作るドールハウス

<特集2> 日本とアフリカ・色と柄で楽しむ 夏のキルト

家庭用ミシンで作るミシンキルトレッスン 
    Lesson9 パッチワークの巻きスカート

キルトが綴る物語「パス・ザ・バトン」のキルト

野口 光の世界の手仕事から

キャシー中島の親子のキルト便り 東京キルト・パリキルト

第3回 三池 道のマンスリーパターン 動物たちのキルト

針休めの針仕事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (753)
パッチワークの作品づくり (216)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (330)
パッチワークの展覧会 (85)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (179)
ハンドメイドの作品づくり (59)
刺繍&その他手芸の本 (97)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (115)
暮らし (587)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: