2013-07

少年少女世界の名作文学 - 2013.07.26 Fri

漢字も読めない小さいころから読書大好きな子でした。
とにかく本を与えておけば静かに没頭しているという…(手のかからない…^^b)
読めない漢字は母にメモを作ってもらってました。
「夕日 ゆうひ」を覚えてます。メモには他にも書いてあった記憶が…。

で、何の話かと言うと(話せば長いことながら(笑)) 

始まりはこれ
 ST 為朝伝説殺人ファイル

リアル書店で為朝に反応して買ってしまった本。
子どもの頃為朝はヒーローでした。

でも中身がしょ~もなくて、しかも為朝伝説なんてぜんぜん関係なくて…
欲求不満(爆)

で、次に買ったのは
 椿説弓張月
平岩弓枝さんの訳なら簡単に読めるのかと思って…

でも思っていたのとぜんぜん違う…

子どもの頃の愛読書だった『椿説弓張月』はただもう為朝がすてきでした。
(為朝って頼朝や義経のおじさんにあたる人です。弓の名人)

さ~、そこからがたいへん。
子どもの頃の愛読書は、『少年少女世界文学全集』のひとつで、『醒酔笑』とか『太閤記』とかといっしょになっていたという記憶だけで、現物はもう存在しない…。

いやあ、今さらですが、恐るべきインターネット!
ちょこちょこっと検索して、見つけました~

小学館/少年少女世界の名作文学 全50巻 1964-1968年 → LINK(深謝!)

『少年少女世界の名作文学46 -日本編2』
 監修:川端康成(Yasunari Kawabata)/他
 Ed:福田清人 Pb:小学館(Shogakukan)
 1965
 「太閤記」 宮敏彦
 「謡曲狂言物語」 奈街三郎/大平よし子
 「太平記」 おのちゅうこう
 「醒睡笑」 安楽庵策伝文:倉島栄子
 「椿説弓張月」 滝沢馬琴文:筒井敏雄

しかもダメ元で検索したら市の図書館の書庫に全巻揃っているのを発見(^^)v
さっそく借りてきました(ついでに他のも)
mini_130726_1113.jpgmini_130726_11150001.jpg


この"少年少女世界の名作文学"は、ひと月に1冊の配本で、当時次から次へと本が買ってもらえたわけでもなかったので、本屋さんが届けに来てくれてまだ母としゃべっているうちからむさぼるように読み始め、何度も何度も読んでました。
箱入りの本で、本の世界の風景写真の載った紙のカバーを外すと名画が大きく印刷されていて、名画というものに親しんだのもこのせいかもしれません。→ LINK(深謝!))

全巻セットがヤフオクに出ているのも見つけましたが、オトナ買いできないほどの金額ではないけれど、ノスタルジアで買っても置いておくところが…。
とりあえず近所の図書館にあることがわかって満足!

ホームズより前のルコック探偵なんてご存じの方は少ないと思うけれど、この全集で読んだのでした(『少年少女世界の名作文学22 -フランス編4』 )


ついでに検索して、この全集の前からうちにあった全集も発見!
例の幼稚園時代に「夕日 ゆうひ」と書いてもらって読んでいた本です。
ヤフオクだと画像が載っているので探しやすい。

小学館/少年少女世界名作文学全集 1961-1965年 → LINK(深謝!)

『アルプスの少女』『小公女』『小公子』『アンクルトムの小屋』『クオレ』などは確実にこっちで読んだ記憶が…(こちらは市の図書館には無かった)
母からは「名作文学なら変わらないだろうから買っておいてもいいと思った」というようなことを聞いた覚えが…(本屋さんからは文藝春秋暮らしの手帖を届けてもらっていたのですが、他にも何か買いたかったのかもしれません)

しかし、小学館って同じような全集をいくつ出しているのでしょう。
そしてまた母はいくつ全集を買ってるのでしょう。
実家に「世界文学全集 全42巻(河出書房)」と「日本古典文学全集 全51巻(小学館)」と「大百科事典(平凡社)」はまだあると思うなぁ。
阪神大震災のときに本棚を破壊した犯人たちです。

閑話休題

さ~て、幼いころのヒーロー為朝は今どうなっているでしょう??

楽しみです♪



暑中~お見舞い申し上げます~♪ - 2013.07.24 Wed

   暑中~お見舞い申し上げます~♪

今さらの暑中見舞いですけど、お変わりなくお過ごしですか~?

   まぶたにくちづけ うけてるみたいな
   夏の日の太陽は ま ぶ し く て~

なんて歌うのもうだるような今日この頃…

選挙も終わって街は静か。予想通りの結果。
投票率下がるのもあったりまえよねぇ。
野党が・・・・・・・・・・・・(← 穴埋め問題です)
言いたいことは山ほどあるけれど、言っても詮無い…悲しい…
でも微妙に2/3を取らせなかったところが、微妙な民意なのだわ。
(そこしか明るいところを見いだせない)
7人立候補の市長戦も無事に現職1名に決まり、再選挙なしでよかったわぁ(再選挙にいくらかかると思う?税金よ)

世間は夏休みに入った模様
図書館のエレベーターで一緒になった親子連れ。
「午前中はがんばろう」って言っているママに不満そうな小学生の女の子。
どうもクーラーのことのようだけど、「クーラーなんて贅沢な!小学生は真っ黒になって外で遊べ!」なんて言ったら原始人を見たみたいな目で見られるのだろうなぁ.....
図書館で1日本を読んでいれば家でクーラー入れなくていいような気がするけど。
図書館が近かったらそうするのになぁ、私。

相変わらず意地張って、電気の不買運動は続けています。
電気は足りているのだから、意地だけだわねぇ。
自分の孫子の代になって困るのが分かり切っているのに、原発推進を支持するなんて日本人ってどうなっちゃったんだろうって…あ~、言っても詮のないことだったわ。


時節柄お体お大切にお過ごしくださいませませ。




特別展 みほとけのかたち -仏像に会う- - 2013.07.19 Fri

mihotoke1.jpgmihotoke2.jpg

いつも言うことだけれど、仏像はお寺の中にあって宗教心で拝むものだとは思うのだけど、宗教心が薄い私のこと、美術品として鑑賞することをもっぱらとしていて、無遠慮に鑑賞できるのでお寺にあるよりは博物館or美術館にあることを好んでいます。

特別展 みほとけのかたち -仏像に会う- @奈良国立博物館 に行ってきました。

仏像を鑑賞して歩くというようなことはしていないのだけれど、でも長く生きてきて、そのうえ古都奈良に住んでいるのだからずいぶんたくさん仏像は観ていると思うのだけれど、初見の仏像も多く、それも意外なものばかりでとても楽しみました。

例えば、お顔による分類とか、素材による分類、持物による分類、作り方による分類など、視点もユニーク!!
ただ、その分類による最高傑作を集められたかというとそうでもなかったのが少々残念だったかなぁ。
でも金銅仏の傑作=東大寺の大仏とか、乾漆仏の傑作=興福寺の阿修羅などは帰りにでも見られるわけなのだから、ロケーションにも恵まれていい展覧会だと言えるのではないかしら。

とくに、海住山寺の四天王立像とか、中宮寺の天寿国繍帳とか、お気に入りをじっくり見られてよかった!

9月16日までです。
ぜひ!

みほとけのかたち -仏像に会う-

 仏像には色々な種類がありますが、普通の人間とは異なる、どこか超越的なすがたをしています。たとえば、独特の髪形や服の形、顔や手がたくさんあるもの、そして優しい顔や厳しい顔、恐ろしい鬼のような形相の仏像もあります。体の色が金色であったり、衣服に華麗な文様があらわされていたり、豪華な台座にすわったきらびやかな仏像もあります。
 この展覧会は、絵画や彫刻であらわされた仏像の「かたち」に注目しながら、仏像のもつ意味や、魅力の源をたどっていくものです。展示では仏像のすがたや、部分の形、素材などの外見的なところから、仏像制作の由来、仏像のもつ霊験、さらには仏像をとりまく世界を紹介し、仏像とは何かを改めて考えていただくものです。
 本展を通じて、多くの方がより仏像に対して関心を高め、仏像にこめた先人たちの思いと、その芸術性の深さに思いをはせていただければ幸いです。  

◆展覧会の構成
第一章 みほとけのすがた
第二章 みほとけのしるし
第三章 みほとけのからだ
第四章 みほとけのなかに
第五章 みほとけの霊験[れいげん]
第六章 みほとけの住処[すみか]
第七章 みほとけの宇宙

出陳品91件(うち国宝5件、重要文化財42件)
◆出陳品一覧はこちらへ   


平成25年7月20日(土)~9月16日(月・祝)
奈良国立博物館 東新館・西新館




キッシュ専門店 レ・カーセ LeCase - 2013.07.19 Fri

ここに行きたいがために↓の春日大社と↑の奈良国立博物館の用事を作ったと言っても過言ではない(笑)キッシュの専門店 レ・カーセ LeCase です。

なかなか奈良公園の奥までは行く用事がなくて…(食事だけのためにわざわざ行くのはポリシーではないので)
(前回の記事はこちら

コースランチ(予約のみ)をいただきました。

お食事前のひとくち
mini_130719_1208.jpg

スープ:ビシソワーズ(グレープフルーツが入っていてさっぱり!)
mini_130719_1215.jpg

前菜
mini_130719_1223.jpg

メイン:好みのキッシュ(鱧とグレープフルーツの冷製)、チーズリゾット、牛もも肉のステーキ
mini_130719_1236.jpg

デザート:ぶどうのキッシュ アイスクリーム添え、コーヒーor紅茶
mini_130719_1250.jpg

満足、満足!

mini_130719_1159.jpg
キッシュ専門店 レ・カーセ LeCase

〒630-8212 奈良市春日野町158
tel+fax 0742-26-8707
open:10:00〜17:00
原則火曜お休み
キッシュの通販もあります。


春日大社 職員のガイド付き特別参拝 - 2013.07.19 Fri

春日大社に神主や巫女さんらが回廊の中を特別ガイドしてくださる特別参拝があると聞きつけて参加してきました。(所要30分、¥500、事前申し込み不要) 画像はクリックすると大きいものが見られます。

mini_130719_1111.jpg中門・御廊(重要文化財)
 この中に本殿(春日造という特殊な4棟が並立、国宝)があるが、神主と天皇しか入れない。
mini_130719_1140.jpg
  大杉から中門・御廊(重要文化財)を臨む
  結婚式はこの御廊で行われ、本殿に直接祈願する形


mini_130719_1048.jpg創立:神護景雲2年(768年)11月9日

710年頃
 武甕槌命:鹿島神宮(茨城県)から 鹿に乗って奈良・春日御蓋山頂に奉遷
神護景雲2年 768年
 経津主命:香取神宮(千葉県)から
 天児屋根命:枚岡神社(大阪府)から、藤原氏の遠祖
 比売神:天児屋根命の妻
総称して
春日皇大神 または 春日大明神

mini_130719_1106.jpg東回廊
 鹿男あをによしのドラマに登場

各燈籠には奉納した年月日や人名、家紋、願い事など描かれていて、ひとつひとつ違う。

釣燈籠約1000基、外の石燈籠約2000基
お盆と節分には全てに点火される(万灯籠)

mini_130719_1115.jpg 直江兼続奉納の釣燈籠

SN3S1452_R.jpg

mini_130719_1055.jpg西回廊直会殿(重要文化財)

新しく奉納された釣燈籠はぴかぴか


mini_130719_1114.jpg林檎の庭
 祭典の際、舞楽や神楽が舞われる
 林檎の木 伝:高倉天皇の御献木(約800年前)

左が幣殿・舞殿、奥が直会殿(ともに重要文化財)


mini_130719_11410001.jpg幣殿・舞殿(重要文化財)は一続きの建物に見え、現在は参拝所として使用されているが天井が違う。
 幣殿(奥2間):小組格天井
 舞殿(手前3間):化粧屋根裏
幣殿は天皇陛下のお供え物である 御幣物を一旦納める建物
舞殿は宮中伝来の御神楽を行うための建物



mini_130719_1146.jpg境内の石灯籠



境内には、本殿の4柱以外に摂社・末社として合わせて61社お祀りされているのですが、今回は割愛。
またそのうち(・・;)


式年造替(しきねんぞうたい・20年ごとに本殿などを修繕する)を平成27年に控えて春日大社を深く知ってもらうのが狙いだそうです。
ということはこのような企画が他にも出来るのかも。
要チェックですね^^b
とりあえずこの企画は11月まで。ぜひ!

神主・巫女のガイド付き特別参拝
 平成25年6~11月の毎日、所要時間約30分
   午前の部:10:00~、11:00~
   午後の部:13:00~、14:00~
 春日大社御本社の回廊内
 特別参拝初穂料として ¥500

他に
神主が案内する朝のお参り
 平成25年6~11月の毎土・日・祝日
   午前6時半 一之鳥居集合、春日大社参拝所にて解散(予定) 約1時間
 表参道・飛火野・御本社
 無料

どちらも事前申し込み不要

春日大社
奈良市春日野町160
電話:0742-22-7788  FAX:0742-27-2114




パリの手芸屋さんのクロスステッチ ―400点のモチーフでつくるかわいい小物 - 2013.07.18 Thu

買おうかどうしようかずいぶん迷っていたのですけれど、ついに、結局、とうとう買ってしまいました。

パリの手芸屋さんのクロスステッチ ―400点のモチーフでつくるかわいい小物

か わ い い 

クロスステッチに少しブラックワーク(黒じゃないけど)も入れて繊細に描いてます。

クロスステッチは、もうずいぶんご無沙汰で、でも本は増えていく…あ、キットも…

絵本、えほん・・・ジュモン・・・(笑)

眺めているだけで し あ わ せ 


パリのメルスリー(手芸屋)ってあこがれですよねぇ。
近所の知人がパリとロンドンの手芸屋さんめぐりを敢行してきたらしいのですけれど、あまりうまくお買い物できなかったみたい。
あこがれているうちが花なのかもしれません。

パリの手芸屋さんのクロスステッチ ―400点のモチーフでつくるかわいい小物
刺しゅう職人やお針子たちが長年愛用している道具やアイテムには、ノスタルジックでゆったりとした時の流れを感じます。
本書では、パリの手芸屋さんをテーマとして、手芸バサミ、ボタン、ボビン、糸巻きなど、愛らしいモチーフ400点をクロスステッチの図案として紹介。
単品モチーフ使いや一枚の絵として、どれも応用が利くものばかり。また、美しい写真と共にピンクッション、ハサミケース等の15作品の作り方も掲載されています。

『スイーツがかわいいクロスステッチ from Paris」に続く、パリからやってきた愛らしいモチーフがいっぱいのクロスステッチ図案集の完全和訳版です。
今回のテーマは、「パリの手芸屋さん(メルスリー)」。日本の読者にわかりやすいように、巻末には、日本語版限定、詳しい作品の作り方の付録ページつきです。




選挙近し - 2013.07.15 Mon

一昨日あたりから、ときどき(雷)雨。
今朝もゴミを捨てに行った帰り、ポツポツっときたので慌てて家に入ったら、ドシャー(>_<)
散歩に出かけるわんちゃんと会ったけど、帰れたかしらねぇ。
急な雨は急いで雨戸を閉めて回らなくちゃいけなくて忙しい。で、暑い。
でも、雷雨とか台風とかは基本的に好きなので、わざわざ玄関先に出て見ています←ヘンなヤツ(・・;)

参議院選挙も後半戦。
こちらでは市長選も市議選も重なって・・・
市長選など前代未聞の7人立候補。
おかげさまで、(言ってはいけないことなのかもしれないけれど)煩い.....
いやあ、もう誰が何に立候補しているのか、選挙カーのアナウンスも重なってまったくわかりません。
まあ、選挙カーの名前の連呼で投票する人を決める人も少ないでしょうけれどねぇ。
電話がかかってきても、葉書が来ても、私の1票は1票しかない。

Yahooで、2013参議院選挙の政党・候補者の相性診断 があったのでやってみました。
予想通りの結果だったけどね。

市長選挙のもやってほしいものだと思うのだけど、そんな瑣末事には取り合ってくれないだろうなぁ。
市長選、7人も立候補すると「有効投票数の1/4を誰も取れないと再選挙になる」という但し書き付き。
そんな規定があるとは知らずに生きてきたのだけど…どんぐりの背比べってことよねぇ。
7人も立候補することになってしまったウラの事情がわからない。

投票日は21日。
悩み多き日々は続きます。



天晴~オールタイム・ベスト~ - 2013.07.11 Thu


実はさだまさしのCD(カセットテープ、レコードを含む)を買うのは初めて。

 天晴~オールタイム・ベスト~

グレープとしてデビューして40年なのだそう。

そうか~
って 自分の来し方を考える……

大ファンというわけでもなく、コンサートに行ったこともないのだけど、でもいつもそばにありましたねぇ。
今だと月曜日の夜8時には<鶴瓶の家族に乾杯>のテーマソングを聴いている。

懐かしい、落ち着いたメロディはゆったりとした気持ちにさせてくれます

CDジャケットのタンスの上のこけしに注目!

天晴~オールタイム・ベスト~(初回限定盤)(DVD付) 

グレープのデビューから40 周年。
そして前人未到のソロコンサート4000 回を記念して、Web 投票などをもとに、たくさんの皆様に愛される曲ばかりを集めた、究極のオールタイム・ベストが完成!

“たいせつ"な曲ばかりを集めたベスト・オブ・ベスト
デビュー40周年、ソロコンサート通算4000回。いずれも、支えてくださるお客様があっての記録。
さだまさしがこれまで発表してきた500曲を超える楽曲の中からWeb投票やアンケートを実施。その集計をもとにした究極の39曲、つまりたくさんの方々にとって“たいせつ"なさだまさし楽曲ばかりを選りすぐった、珠玉のベストアルバムとなりました。
さだまさしの3大テーマ「こころ」「とき」「いのち」。誰もが一度は聴いたことのある、名曲の数々。それだけじゃない! 永く愛される理由がここに。

ジャケットは、「謎解きはディナーのあとで」や数々のアーティストのCDジャケットを手掛けるイラストレーター中村佑介氏の描き下ろし。
中央には、さだまさし愛用のギターに水引きが掛けられ、このイラスト全体がのし袋のイメージに。さらに「檸檬」(1978 年発表)や、「秋桜」(1977 年発表)、「飛梅」(1977 年発表)をはじめ、さだまさしの世界観を連想するモチーフが細部に描かれるなど、ファンにはたまらない内容。
中村氏のイラストの魅力のひとつである女性が古風に描かれていますが、そこには「40年支え続けたファンの方々が最初にさだまさしさんの音楽に触れた時の感動が、新たにさださんの音楽に触れる方々に同じように伝わって欲しい」という中村氏の願いが込められています。
この豪華なジャケットからさだまさしが生み出したタイトルこそ「天晴」(あっぱれ)。アルバムには、ジャケット以外にも中村氏の描き下ろしイラストが満載です!

3枚のDiscに名付けられた「こころ」「とき」「いのち」。これが、さだまさしが作品を制作する際のゆるぎない3大テーマです。
時代に流されることのない、スタンダードと呼ぶにふさわしい名曲ぞろいです。
収録曲は「精霊流し」「案山子」「北の国から」「秋桜」「道化師のソネット」など、まさに圧巻のラインナップ!
投票結果を見てみると、誰もが知るヒット曲の数々はもちろん、一般の方にはあまり馴染みのないような曲も上位に!
ソロコンサート4000 回という長い活動の中で育まれた楽曲も多数。これこそが、さだまさし楽曲の底力なのです。




奇跡のクラーク・コレクション ―ルノワールとフランス絵画の傑作― - 2013.07.10 Wed

img158_R.jpgimg159_R.jpg

奇跡のクラーク・コレクション ―ルノワールとフランス絵画の傑作― を見ました。

ほんとうに奇跡かしらと思うくらいのフランス絵画73点。
見たことのないルノワールが22点!印象派とくにルノワール好きな私にはもう垂涎もの。

これが個人美術館なのが、USは怖い。
croche.jpg
クラーク美術館の創設者のスターリング・クラークは、祖父エドワード・C・クラーク(シンガーミシンの設立者)からの遺産で妻フランシーヌと共にこれらの名画を買い集めたのだそう。
1916年、最初に購入したのはルノワールの「Girl Crosheting:かぎ針編みをする少女」(1875年頃)だったそうです。⇒


9月1日までです。
夏休みが始まる前にぜひどうぞ!

↓のマリー・アントワネット展も同じ美術館で見られます。
(片方のチケットの半券で、もう片方が団体割引料金になります)



奇跡のクラーク・コレクション ―ルノワールとフランス絵画の傑作―

スターリング・アンド・フランシーヌ・クラーク美術館(米国マサチューセッツ州ウィリアムズタウン)は、ルネサンス時代から19世紀末までの欧米の傑作を幅広く擁する美術館です。そのコレクションは、最も有名なフランス絵画をはじめ、彫刻、絵画、素描、写真、さらには銀器や磁器を含む装飾美術まで多岐にわたります。
ニューヨーク・ボストンから車で約3時間。広大な森の中にあるこの美術館のコレクションについて、これまで日本ではほとんど知られていませんでした。2014年に安藤忠雄設計の新館が現在の美術館正面右手に完成しますが、それまで73点の印象派前後の作品を展示する世界巡回展が初めて開催され、2013年2月、ついに日本に上陸しました。ルノワール22点を筆頭に、コロー、ミレー、マネ、ピサロ、モネ・・・。まるで宝石箱のような、これまで目にしたことのない奇跡のフランス絵画73点が一堂に。

兵庫県立美術館
2013年6月8日(土)―9月1日(日)
神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号





マリー・アントワネット 物語展 - 2013.07.10 Wed

img189_R.jpgimg190_R.jpg

家に居ても暑いので、神戸までちょっと遠出。
マリー・アントワネット 物語展 を見ました。
当時のフランス国土の風景画や地図などもあり、マリー・アントワネットの生涯の理解をより立体的に深めます。たくさんの肖像画や愛用の品が残っていることには驚きました。
革命はあったけれど、王党派と言われる人たちは残り、その後王政復古の時代もあったからかもしれません。

下の写真は肖像画などをもとにして作られたレプリカ(このコーナーのみ撮影可)
mini_130710_1.jpgmini_130710.jpg

mini_130710_11510001_20130710202535.jpg スタイルブック
 ラインを印刷した後彩色したもの

mini_130710_1153_20130710202617.jpg 布片を貼ったデザイン帖

mini_130710_1149.jpg あまりに有名な帆船型のヘアスタイル

 実際にかぶって写真も撮れます。


マリー・アントワネットの生涯についての知識は、正直なところベルばらに負うところ大。
「パンが無ければお菓子(ブリオッシュ)を食べればいいのに」という発言も有名ですが、本当は別の人の発言。それが本人の発言だと信じられてしまうところが不徳と言えば不徳なのかもしれません。
あまりにもおバカさんだという印象を持ってしまっているのですけれど、時代が悪かったのだと思いますけれど、ファーイーストの国民でも知らない人はいないだろうというドラマティックな生涯よりは、平穏な幸せが欲しかっただろうと思わないではありません。

マリー・アントワネット 物語展

マリー・アントワネットは、その美貌と香り立つ気品で熱狂的に愛され、そして憎まれながら37歳という若さで革命の波に飲み込まれ露と消えていった、あまりにも有名な18世紀フランスの王妃です。

生誕から250年以上経った今でもカリスマ性を保ち、彼女が人々を惹きつけてやまない理由は何なのでしょうか?

本展では、王妃として華やかで優雅な宮廷生活を送りながらも、妻として母として悩み、最期はひとりの女性として毅然と散っていったアントワネットの一生を貴重な作品でたどるとともに、洗練されたライフスタイルやファッションに代表されるよう彼女の愛した“美”に焦点を当てます。

パリ市立カルナヴァレ博物館、ナポレオン財団のほか、彼女とゆかりのあるフランスの名門貴族が代々受け継いできた家宝を含む約120件の貴重な史料を通して、“マリー・アントワネットの物語”をつむぎます。


2013年7月6日(土)~2013年9月1日(日)
兵庫県立美術館 -「芸術の館」-
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (769)
パッチワークの作品づくり (222)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (339)
パッチワークの展覧会 (86)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (182)
ハンドメイドの作品づくり (61)
刺繍&その他手芸の本 (98)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (115)
暮らし (593)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: