2014-01

東大紛争 - 2014.01.30 Thu

クローズアップ現代「東大紛争秘録~45年目の真実~」 2014年1月30日(木) 午後7:30~午後7:58(28分)

1960年代後半、「政治の季節」と呼ばれた時代を象徴する「東大紛争」。今回、NHKは昭和史に残るこの大事件にまつわる第一級の資料を独自に入手した。45年前の安田講堂陥落の直後、当時の大学執行部が紛争の顛末を極秘裏に語り合った座談会の600頁におよぶ議事録である。東大紛争に関してはこれまで学生側の証言や資料は多く刊行されてきたが、紛争の収束に向けて大学側は何を考え、どう行動したかについては全くわかっていなかった。発見された資料からは、大学側が学生だけでなく、機動隊導入や入試実施の是非をめぐって国とも激しく対峙し、そして「敗北」していったことが初めて明らかになってきた。その後の日本の大学のあり方を決定づけたとも言われる「東大紛争」。これは、戦後史の空白を埋めるスクープドキュメントである。


先日『赤頭巾ちゃん気をつけて』に関連して東大紛争について思いを馳せたばかりだったので、非常に興味深く拝見した。

第2次世界大戦敗戦の資料、近くは3.11時の閣議等の資料が全くない(=意識的に捨て去った、誰も責任をとらない)日本と言う国で、大学に機動隊を導入し、入試を(文部省の言うなりに)行いえなかった当時の東大幹部の座談会の記録が公になった。

高度経済成長の是非や、大学での学問の意義など、当時の学生が掲げていた疑問点、そのすぐ下の世代だった私たちもだが、今の学生も考えてみたこともないだろう。
紛争自体は問題だったかもしれないが、その意識の高さは褒められてしかるべきではないのかと今さらながらに思うのである。
45年前が"歴史"になったということなのだろうね。

ただ、大学の自治、大学の自治と当時の東大関係者が言っているのは違和感があるのだよ。
東大というのは元々(優秀な)官僚をつくるための御用機関なはずで、自治って言うほどのものがそもそもあったか、必要だったかと外からは思うわけで・・・。




関係ないけど
STAP細胞の小保方(おぼかた)晴子さんはビジュアル的に今風でかわいいのでもてはやされるわけなのだが
権威ある英科学誌ネイチャーに「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄していると酷評された」鼻を明かしたという点も胸がすくのだが
ほんとのところは、まだ海のモノとも山のモノともつかない話で・・・気長に見守りたい

2014年1月29日 独立行政法人理化学研究所 報道発表資料

体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見
     -細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導-


ヒトを含む哺乳類では、受精卵が分裂して血液や筋肉など多様な体細胞に変わり、その種類ごとに個性づけ(分化)されます。体細胞は分化を完了するとその細胞の種類の記憶は固定され、分化を逆転させて受精卵に近い状態に逆戻りする「初期化」は、起きないとされています。初期化を引き起こすには、未受精卵への核移植である「クローン技術」や未分化性を促進する転写因子というタンパク質を作る遺伝子を細胞に導入する「iPS細胞技術」など細胞核の人為的操作が必要です。

もし「特別な環境下では、動物細胞でも“自発的な初期化”が起きうる」といったら、ほとんどの生命科学の専門家が「それは常識に反する」と異議を唱えることでしょう。しかし、理研発生・再生科学総合研究センターの小保方研究ユニットリーダーを中心とする共同研究グループは、この「ありえない、起きない」という“通説”を覆す“仮説”を立て、それを実証すべく果敢に挑戦しました。

共同研究グループは、まず、マウスのリンパ球を用い、さまざまな化学物質の刺激や物理的な刺激を加え、細胞外の環境を変えることによる細胞の初期化への影響を検討しました。その過程で、酸性溶液で細胞を刺激することが初期化に効果的だと分かりました。実験では多能性細胞に特有の遺伝子「Oct4」が発現するかどうかで初期化の判断をします。詳しい解析の結果、酸性溶液処理によってリンパ球のT細胞に出現したOct4陽性細胞は、T細胞がいったん分化した細胞が初期化された結果、生じたものであることを突き止めました。また、このOct4陽性細胞は生殖細胞を含む多様な体細胞へ分化する能力をもつことが分かりました。さらに、ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞などではほとんど分化しないとされる胎盤など胚外組織に分化することも発見しました。一方で、酸性溶液処理以外にもガラス管の細胞を多数回通すなどの物理的な刺激や、細胞膜に穴をあける化学的刺激でも初期化を引き起こすことが分かりました。小保方研究ユニットリーダーは、こうした細胞外刺激による体細胞からの多能性細胞への初期化現象をSTAP(刺激惹起性多能性獲得)、生じた多能性細胞をSTAP細胞と名付けました。また、STAP現象がリンパ球だけで起きるのではなく、脳、皮膚、骨格筋、肺、肝臓、心筋など他の組織の細胞でも起きることを実験で確認しました。

細胞外刺激による細胞ストレスが、分化状態にある体細胞の記憶を消去して初期化する-という今回の成果は、これまでの細胞分化や動物発生に関する常識を覆し、細胞の分化制御に関する新しい原理の存在を明らかにしたものです。細胞の分化状態の記憶を自由に消去したり、書き換えたりできる次世代の細胞操作技術となる可能性が高く、再生医学以外にも老化や免疫など幅広い研究に新しい方法論を提供します。今後、ヒト細胞への適用を検討するとともに、さらに初期化メカニズムの原理解明を進めていきます。



独立行政法人理化学研究所
発生・再生科学総合研究センター センター長戦略プログラム 細胞リプログラミング研究ユニット
研究ユニットリーダー 小保方 晴子 (おぼかた はるこ)


東京国際キルトフェスティバル 公式ガイドブック&日本キルト大賞作品集 - 2014.01.26 Sun

昨日のNHKの放送(第13回東京国際キルトフェスティバル 糸で絆を繋(つな)ぐ祭典 徹底紹介@NHKBSプレミアム PM2:30~3:15)ご覧になりましたか?
かえって希求感が高まるというか…(それが狙いなのかなぁ?(笑))

ふっくらさんにお願いして毎年送っていただいている公式ガイドブック&日本キルト大賞作品集が届きました!(会場でしか買えない

mini_140126_1250.jpg

どれもこれも・・・ステキです~

入賞作品には知っている方のお名前もちらほら。
あんだんてのS先生、名字変わられたのですね^^;

特に大好きなム―ミン❤
ここまで布でできるのかという素晴らしさ!
これはフィンランドのム―ミン谷博物館にぜひぜひ展示していただきたい!

もっとム―ミンをよく見たいとネットをうろうろしていて見つけた↓
 ・2014-01-23 キルト展が想像を絶するすごさだった件 : ム―ミンファンのTooさんのブログ。
さすがム―ミンファンでいらっしゃるので、ム―ミンコーナーについてとても詳しい❤
斉藤先生のトークもお聞きになったようです。
キルトをされない方にもお分かり頂けたというのもうれしい。

今年から先生方の作品は隔年になったそうで、来年から2年かけた力作がゆっくり拝見出来るそうです。

公式ガイドブック

主な掲載内容
・斉藤 謠子先生が表現するムーミンの世界から大迫力の5Mのキルトを始め、他14点の作品を収録インタビューも掲載
・黒羽 志寿子の全仕事 初期作品~新作キルトを収録インタビューも掲載
・日本の著名キルト作家の新作キルト60点を掲載     ほか


日本キルト大賞作品集

主な掲載内容
・今年度『日本キルト大賞』全入選作品を収録
公式ガイドブックと併せると会場内展示作品がよりお楽しみ戴けます。




img219_R.jpgimg218_R.jpg
        画像はクリックすると大きいものが見られます。


第13回 東京国際キルトフェスティバル

2014年は、「ムーミン」の作者トーベ・ヤンソンが生まれて100年になります。今回の特集では、北欧キルトの第一人者斉藤謠子さんがムーミンの世界に挑戦し、「ムーミン屋敷」や「ムーミン谷」のほか50点におよぶキルト作品で、楽しいムーミンワールドを演出します。また、スウェーデンに古くから伝わる「ウール刺繍」をはじめとする北欧手芸のコーナーのほか、藍染めや絣を使ったキルトで海外からも高い評価を受ける黒羽志津子さんの初期作品から代表作までを一挙に公開します。
さらに、第一線で活躍する60人のキルト作家の新作キルトや日本の著名人による手作りコーナーなど、初心者からベテランまでがキルトの素晴らしさを楽しめる内容となります。

 2014年1月23日(木)~1月29日(水)[7日間]
 @東京ドーム




ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム - 2014.01.24 Fri

待ちわびていた ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム オンエア を観ました。

昨年12月17日に参加した京セラドーム大阪でのLIVEの感動をふたたび!

改めていい歌たちだなぁと思う・・・(当時ファンでなかったにしても)懐かしのメロディーですねぇ。

そういえばここは東京ドームなのですね。
今日はキルトフェスティバルの会場(・・;)


ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム
   @NHKBSプレミアム 1月24日(金)午後9時00分〜午後10時30分

グループサウンズの伝説的バンド“ザ・タイガース”が解散以来初めてオリジナルメンバー全員で再結成する。2013年12月27日に行われた東京ドーム公演のもようをお届けする。

1967年にデビュー。「花の首飾り」「君だけに愛を」などの大ヒットでGSブームをリードしたザ・タイガース。今回は沢田研二、岸部一徳、森本太郎、瞳みのるに加え、ザ・タイガース最大のヒット曲「花の首飾り」のリードボーカルでもある加橋かつみも参加。解散以来初めてオリジナルメンバーが全員そろって再結成し、全国ツアーを行う。団塊の世代を中心に根強い人気を誇るスーパーバンド“ザ・タイガース”の今をお届けする。

  2時間のLIVEを1時間半に編集なんですけど・・・どうせならあと30分くらいなんとかしてほしかったなぁ。


タイミングよく、今日 THE TIGERS 2013 Tour パンフレット も届きました。
mini_140124_1653.jpg
LIVEのときに買い損ねて、通販をお願いしていたのです。
若いころからの写真などもいっぱい載っていますけど、やっぱり興味ないなぁと…今の方が(自然体で)好き!←ヘンかなあ?
(小学生のころは木村功とか好きだったもんなぁ。ジャニーズで言えばフォーリーブスの時代です。)



ザ・ローリング・ストーンズももうすぐ来日だそうですね。
おじさんたちは元気です。

斉藤謠子の愛しいキルト―北欧を旅して - 2014.01.23 Thu

61_20140123164849255.jpgたまたまリアル書店に行ったら出ていたので早速ゲット!

斉藤謠子の愛しいキルト―北欧を旅して です。

すてきにハンドメイドの昨年前期のマンスリー<クルビッツ>の作品に、北欧の自然や手工芸からイメージした新作も加わった27作品!
ステキですぅ❤
見応えがあります!

モダンキルトにぐぐっと引き寄せられていましたけれど、やはり手仕事のぬくもりっていいなぁとまたこっちへぐぐっと・・・(笑)

ワイヤー口金のポーチもありました。
こっちも作ろうかな♪

キットもNHKでも販売されてますけど、キルトパーティーのサイトでももう出ています。
もちろんドームにも出ているのでしょうね。


ム―ミンの作品群、すてきだろうなぁ @東京ドーム
たった45分のTV放送ではどこまで紹介して下さるかな。
写真撮影禁止ではありませんように~(たくさんの方のブログをはしごさせていただく所存ですm(__)m)

北欧の思い出を込めた、とっておきのキルト

北欧・スウェーデンで出会った街、自然、そして空想の花“クルビッツ"。それらをモチーフにした新たなキルトの世界が花開きました。布づかいや仕立てを工夫し、作りやすくした作品27点を収載。バッグやポーチなどの小物から、キルトの醍醐味ともいえるピースワークを生かしたしっかりした作りのものまで、幅広く紹介した一冊。実物大型紙付き。


ワイヤー口金ポーチ - 2014.01.22 Wed

≪レースファスナーとピンタックのワイヤー口金ポーチ≫ できました。
スタジオ・キルトさんのキットです。

mini_140122_09230002.jpg


皆がすなるワイヤー口金ポーチといふものを、我もしてみむとてするなり^^b
この頃流行っていてあちこちで見かけるので、ちょっと作ってみたいなと…

なかなかかわいい❤ ←自画自賛:キットだけど…(・・;)

パッチン口金も流行っているけれど、あれはそれ自体が重いのでいや。
(年をとってくると荷物は軽いにこしたことないと思うのですよ)

ワイヤー口金も、全く重くないというわけでもない。
う~ん、入れなくて普通のポーチでもいいか~?




             line06.gif



明日からいよいよドーム(=東京国際キルトフェスティバル)ですね。
今年も行く予定はなくて、TV放送を楽しみにしていて、日曜の番組表を確認したら・・・ない・・・。
え゛っ?? とうとう無くなったの??

あわてて探して見つけました↓
土曜の午後に変わってました。 
ご注意あれ!

第13回東京国際キルトフェスティバル 糸で絆を繋(つな)ぐ祭典 徹底紹介
  @NHKBSプレミアム 1月25日(土)PM2:30~3:15

 今年で第13回をむかえる東京国際キルトフェスティバル。日本を代表するキルト作家が作った作品の数々を徹底紹介する。各作品にこめた思いとは何だったのか?作品を出展したキルト作家たちの思いをつづる。また著名人の展示ブースに出展した歌手の研ナオコさんや女優の加藤夏希さんが、自作にまつわるエピソードを熱く語る。スタジオゲストはキルト作家のキャシー中島さん。自作を含めて展示された作品の解説を行う。



ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム TV放送 - 2014.01.20 Mon

ザ・タイガースの昨年のツアーの模様がオンエアだそうです❤


ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム
   @NHKBSプレミアム 1月24日(金)午後9時00分〜午後10時30分

グループサウンズの伝説的バンド“ザ・タイガース”が解散以来初めてオリジナルメンバー全員で再結成する。2013年12月に行われる東京ドーム公演のもようをお届けする

1967年にデビュー。「花の首飾り」「君だけに愛を」などの大ヒットでGSブームをリードしたザ・タイガース。今回は沢田研二、岸部一徳、森本太郎、瞳みのるに加え、ザ・タイガース最大のヒット曲「花の首飾り」のリードボーカルでもある加橋かつみも参加。解散以来初めてオリジナルメンバーが全員そろって再結成し、全国ツアーを行う。団塊の世代を中心に根強い人気を誇るスーパーバンド“ザ・タイガース”の今をお届けする。




『赤頭巾ちゃん気をつけて』  - 2014.01.19 Sun

今朝の朝日新聞読書面に掲載されたコラム

(思い出す本 忘れない本)『赤頭巾ちゃん気をつけて』 フリーアナウンサー・吉田照美さん
2014年1月19日05時00分
 ◇主人公と同時代の青春時代

 この本を読んだのは都立小岩高校に通っていた3年のとき、忘れもしない大学受験の前日です。その前年、1969年は東大紛争で東大入試が中止になった年。ぼくはこの本の主人公、都立日比谷高校3年の薫くんとほぼ同時代を生きていた。それまでも芥川賞の作品は本屋で買って読んでいましたが、これは初めて主人公に感情移入できた。翌日が受験だというのに面白くてやめられず最後まで読んでしまった。

 東京の裕福な家庭の高3の薫くんの一日の出来事がつづられています。東大を受験しようと思っていたけれど入試が中止になり、さてこれからどう生きるのか、冗舌な文体で「ぼく」の心の内が描かれます。薫くんは大学を受験しないという選択をしますが、ぼくはいくつかの大学を受け、全部落ちて浪人することになりました。

 一浪して早稲田大学に入ったのですが、当時早大は革マル派が席巻していて、授業をボイコットされたり、バリケード封鎖や火炎瓶投げ合いを目の当たりにしたりしました。硬派な怒れる若者が周りにも結構いました。でもぼくはよくわからない状況に右往左往するだけ。ノンポリで、軽薄なアナウンス研究会というサークルで“放送ごっこ”をやっていました。

 『赤頭巾ちゃん気をつけて』に熱狂したぼくは、この衝撃をだれかと語り合いたいとずっと思っていました。ベストセラーになったのでみんな読んでいたと思う。でもこの本についてはだれも語らないような雰囲気が暗黙のうちにできていた。本には「ぼく」「ママ」、幼なじみの「由美」とか出てくるし、女医さんとの色っぽい場面もあったりするし、怒れる若者には甘いという感じがあったのかもしれない。内容は全く甘くないんですけどね。当時周りで話題になっていたのは大江健三郎の小説や高橋和巳の『悲の器』でした。

 ぼくは庄司薫ファンになり、本名の福田章二で執筆した『喪失』、「赤頭巾」に続く薫君シリーズ『さよなら快傑黒頭巾』『白鳥の歌なんか聞(きこ)えない』『ぼくの大好きな青髭(ひげ)』も読んだ。次が出るのが待ち遠しかった。エッセー『バクの飼主(かいぬし)めざして』が出た時はサイン会にも行きました。白い墨汁でサインするんです、かっこいいんですよ。

 ぼくが文化放送に入ってまもないころ、ご本人が番組収録で来られていたことがあり、放送をききましたが、決して冗舌ではなかった。あの時はまだ次々と小説を書いてくれるのだと思っていましたが……。また新作小説が読みたいです。

 (新潮文庫・483円、中公文庫・620円)

 構成・加来由子

     *

 51年生まれ。文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」出演中。近著に『ラジオマン』(ぴあ)




 父が文藝春秋をとっていて、小学生のころから(活字中毒だったので)「芥川賞受賞作」は必ず誌上で読んでました。
『赤頭巾ちゃん気をつけて』(1969年上期)ももちろん文藝春秋掲載を読んで、これが芥川賞かとびっくりした覚えがあります。
実家を離れてから文藝春秋を読むことはなくなって、芥川賞を読むこともなくなりましたが。

その後、もちろん「赤頭巾」に続く薫君シリーズ『さよなら快傑黒頭巾』『白鳥の歌なんか聞えない』『ぼくの大好きな青髭』の四部作も読みましたが、吉田照美さんより少し年下な分、記憶が曖昧で、「赤頭巾」ってこんな話だったのかなと、再読してみようかなと思った次第。


「東大の入試が無かったから京大に入ったんだよ」と、わざわざ教えてくれた京大のオーバードクターが居ましたっけ。
調査研究で組んだだけの初対面の女子大生に、10年も経ってから言うこと?
この人いつまで引きずってるんだろ?それがそんなにコンプレックスなのか?バッカじゃないの?と思いました。
薫君と同じ年になるのだねぇ。妙なことを思い出してしまった・・・
東大の入試が無かったから・・・今思えば玉突き事故が多く発生していたのでしょうね。(東大→京大→阪大→・・・・)
センター試験どころか共通一次試験もなかった大昔のお話です。

今日はセンター試験2日目。みんな無事に終わりますように!
(息子が大学教員1年生で、もちろん試験監督をしているのですけれど、そちらも無事に終われることを祈ってます。ミスなんか仕出かしたら受験生の皆さんに申し訳ない)←親はいつまでも親(・・;)

モダンキルトスタイル Vol.1 - 2014.01.16 Thu

mini_140116.jpg

パッチワーク通信 2014年 2月号の新しい連載 《小関鈴子のマンスリーキルト「モダンキルトスタイル」vol.1》 できました。
丸の大きさは9cm。
大きくてもかわいい❤


                              
  

小関先生がドーム向けに新しい布を出されていて、サイトで先行発売されてますね。
郷家先生も新しい布=ver.12、出されました。もめんや・由季さんで買えます。

カートに入れかけたんですけど・・・でも・・・でも・・・このところのコレクションぶり・・・さすがにがまんσ(・・;)
いやあ、切れちゃう布が出るとは思いますけど・・・ねぇ。


 斉藤先生のすてきにハンドメイド、今夜ですね。
ここに書いておけば忘れないかしらσ(・・;)



鑑定士と顔のない依頼人:映画 - 2014.01.14 Tue

久しぶりに映画館で映画を観ました。
観たいなと思う映画が無かったわけではないのだけど、たいていは近くのシネマではやってない映画で、大都市(笑)まで出かけるのを億劫がっているうちに(そういう映画なので短期間に)終わってしまうというパターン(-_-;)

今回は私の針仕事展↓にひっかけてこの映画を。(ほんとうはターナー展@神戸市博に行きたかったのだけど今日はお休みなので)
1回のお出かけで、2つのイベントをこなしたいのです。
というより2つ用事がないとお出かけしたくないという、半引きこもりσ(・・;)

  鑑定士と顔のない依頼人 La migliore offerta

この映画は、このスチール写真を見て、スクリーンでこの部屋を見たいと思ったので。
(もし実存するのならば、現物の方がもっと観たいけどね^^b)
347018view001.jpg

347018view002.jpg
                                (C) 2012 Paco Cinematografica srl.

名画がい~~~~っぱいでしょう?(妙にルノアールのジャンヌ・サマリーが明るく浮いて見えますが)
いやあ、垂涎ものです
主人公の鑑定士ヴァージル・オールドマンが個人的に収集して私邸の秘密の部屋に掛けている、この肖像画たちがホンモノで、各美術館やコレクターが持っている(私たちが見た)名画はニセモノという設定なのですね。

ミステリーなのでね、詳細は省きます^^b

主演のジェフリー・ラッシュ(ヴァージル・オールドマン)、当て書きだったようでもちろんぴったり。
まあ、元々上手い人ですけど。

PG12です。ちょっとHシーンがあります。

 鑑定士と顔のない依頼人 La migliore offerta 131分 PG12 2013年 イタリア

【 スタッフ 】
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
撮影:ファビオ・ザマリオン
編集:マッシモ・クアッリア
美術:マウリツィオ・サバティーニ
衣装:マウリツィオ・ミレノッティ

【 キャスト 】
ジェフリー・ラッシュ
シルヴィア・フークス
ジム・スタージェス
ドナルド・サザーランド


【あらすじ】
物語の始まりは、ある鑑定依頼。引き受けたのは天才鑑定士にして一流オークショニア、ヴァージル・オールドマン。それは資産家の両親が遺した絵画や家具を鑑定してほしいという、ごくありふれた依頼のはずだった。ところが、依頼人の女性は決して姿を現さない。
やがて彼女が屋敷の壁の向こうの隠し部屋にいることを突き止め、我慢できずに彼女の姿を覗き見たヴァージルは、美しいその姿に、一瞬で心を奪われ、どうしようもなく惹かれていく。さらに美術品の中に、歴史的発見とも言えるとんでもなく価値のある美術品の一部を見つけ―。

果たして奇妙な鑑定依頼の本当の目的とは?
ヴァージルの鑑定眼は本物か節穴か?
謎はまだ、入口に過ぎなかった―。


【解説】
「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、刺激的な謎をちりばめて紡ぐミステリー。天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄(ほんろう)されていくさまを、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの音楽に乗せて描く。偏屈な美術鑑定士には、『シャイン』などのジェフリー・ラッシュ。共演には『アップサイドダウン 重力の恋人』などのジム・スタージェス、ベテランのドナルド・サザーランドらが名を連ねる。


TOHOシネマズ 西宮OS
西宮市高松町14-2 阪急西宮ガーデンズ5F

       妙なとこで見たんだなって?
       三宮で私の針仕事展を見て、時間的によかったのがここだったので。
       阪急西宮ガーデンズは初めて。でも時間が無いので直帰(-_-;)



↓ 注:ネタばれになります。

2014 私の針仕事展 - 2014.01.14 Tue

harishigoto2014.jpg

2014 私の針仕事展です。
恒例のイベントですが、お正月早々神戸まではなかなか気分的に遠くて行けないことが多いのですが、今年は数日遅いので、おかげさまで重いお御腰も上がって、最終日に間に合いました^^b
最終日だからか、(寒いけど)晴れていたからか、混んでましたけどねぇ。

はい、51人のトップキルターの方の作品、堪能しましたよ~❤
この先生がこの作品を?とイメージの違う作品が面白かったり、お名前を存じ上げない方の作品も気に入ったのがあったり・・・
すてきな作品たちですよねぇ。

2014 私の針仕事展
  美しい手仕事 ~伝統と日本のこころ~


「伝統」をテーマに<美しい手仕事>をご紹介いたします。
「私の針仕事展」が後世に伝えたい伝統は、針仕事の原点「一針一針相手をおもい紡ぐこころ」です。
トップキルターたちの新作キルト発表と日本に伝えられる多くの美しい針仕事の中から「こぎん刺し」と「アイヌ文様」をご紹介いたします。

STAGE1 トップキルターの新作キルト
 有岡由利子、有賀萬里子、有木律子、伊藤千津子、今井茂子、栄美子・戸田・ローブ、
 円座佳代、岡野栄子、岡本洋子、片桐好子、角木綿子、鴨川美佐子、加舎陽砂子、
 河田明子、キャッシー中島、黒羽志寿子、郡司祥子、郷家啓子、小関鈴子、齊藤泰子、
 沢田淳子、重森理恵、柴田明美、園部美知子、田頭活子、瀧田裕子、田中由美子、
 谷上協子、中山富美子、長谷川紀子、服部まゆみ、濵口穎子、原田正恵、姫野順子、
 藤田和世、前田澄子、升井紀子、丸濱由紀子、丸屋米子、宮内恵子、宮崎順子、
 宮谷真知子、深山実枝子、牟田佐千子、村瀬恵理、矢沢順子、山形俊枝、湯浅栄子、
 吉田享子、鷲尾三江子、鷲沢玲子 (敬称略・五十音順)

Stage 2 日本の美しい針仕事 ~伝統と日本のこころ~
四季のはっきりした日本では、風土に培った多くの手工芸が現在も作られてます。
用の美から生まれた針仕事は、日本人のこころを伝え、伝統や技を継承しています。

  ●幾何学模様に込められた美「こぎん刺し」
  ●自然から生まれた文様の美「アイヌ文様」

■1月8日(水)~1月14日(火)
そごう神戸店本館9階=催会場
■開場時間:午前10時から午後8時まで




キルトマーケットはOuiさんで、ちょこっとお買い物。
Ouiさん、昨年高知に引っ越されたそうです!
まあ、イベントでお会いしているので、変わらないと言えば変わらないのですが…(・・;)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (747)
パッチワークの作品づくり (214)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (327)
パッチワークの展覧会 (85)
便利グッズ (18)
刺繍&その他のハンドメイド (178)
ハンドメイドの作品づくり (59)
刺繍&その他手芸の本 (96)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (111)
暮らし (581)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: