2015-10

琳派 京(みやこ)を彩る - 2015.10.27 Tue

img322.jpg img324.jpg
img323.jpg img325.jpg

琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る @京都国立博物館 を見てきました。

本阿弥光悦(1558~1637)が徳川家康から鷹峯の地を拝領した元和元年(1615)から400年なのだそうで、今年は琳派400年としていろんな催し物が(うるさいほどに)開かれています。
でも「琳派」は、 大正時代に美術史関係の人が創り出した言葉なのだそうで、本人たちにその自覚があったとはとても思えないのですけれどね。「著作権」なんて言葉も概念もなかった時代にパクっただけのこと。

とりあえず
今日から「風神雷神図屏風」3作品(宗達、光琳、抱一)が同時に鑑賞できます(~11月8日)
いやな予感はしたのですけれど、やっぱり140分待ちの表示(;_;)
ここまで来て引き返せないと列に並び・・・実質60分待ちくらいでした。
帰り2時頃には40分待ちになっていて、館の外では並ばなくてよいようだった↓ので、やはり初日の午前中は出足快調だったのでしょう。
  SN3S3217.jpg
8日までは混雑が続くと思われますけれど、何時ころがピークなのかは・・・館の人でも言えないでしょうねぇ。

混雑の話はさておき
琳派です。

浅学なのを如実に表すようで気はさしますけど
展示されている作品たちってそれぞれの作家たちの最高傑作なのでしょうか。
違いますよね? 違ってもらわないと困るなぁ・・・(・・;)

宗達画、光悦筆のコラボのものはとても面白く感じましたけど、時代が下って抱一に代表される江戸琳派まで来るともうどうでもよくなって・・・。
狩野派も江戸狩野は面白くないですもんね。
ま、あくまで私見です。

光琳はまあ・・・。
メトロポリタンミュージアムにある「八橋図屏風」が見たい!

1時間も並んだのに、1時間弱で出てきてしまって(ランチは館内で取りましたけど。それも並ぶ必要・・・)
口直しに、お隣の智積院に等伯一門の国宝「楓図」・「桜図」などなどを見に行きました。
やっぱりいいなぁ❤ (注:相当痛んでいるので多少想像力は必要です)
新しく田渕俊夫画伯が制作された講堂襖絵「四季墨絵」も見事だったことを申し添えます。

まぁ、後学の為に「風神雷神図屏風」3作品の揃い踏みはご覧になったらいかがでしょうか。
  3_2015102721142665a.png


琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る

 琳派とは、江戸時代に現れた装飾的な作風を特色とする、俵屋宗達、尾形光琳・乾山、酒井抱一といった芸術家の一群をゆるやかにつなぐ言葉です。その源は、京都洛北の鷹峯に住し、書をはじめ様々な芸術に関与した本阿弥光悦へと遡ります。本展は、光悦が徳川家康から鷹峯の地を拝領して400年となることを記念し、琳派誕生の地である京都において初めて開催される本格的な琳派展です。琳派の名作を一堂に集め、その都ぶりな美意識、日本的と評される特質をご堪能いただくとともに、琳派の系譜をご紹介します。

風神雷神が、京博に降臨!
直接の師弟関係を持たず、芸術家たちが自らの経験の中で出会い、選び取ることによって継承されてきた琳派の流れ。その姿勢を端的に示すのが、模写という行為です。名高い「風神雷神図屏風」は、宗達・光琳・抱一の三者が描いています。写すことは、憧れの表明。三組の「風神雷神図屏風」は、一見同じようでありながら、三者それぞれの個性を秘めています。加えて本展では、光琳の「風神雷神図屏風」の裏面のために抱一が描いた「夏秋草図屏風」までもが花を添えます。
  国宝 風神雷神図屏風 俵屋宗達筆 建仁寺 <展示期間:全期間10/10~11/23>
  重要文化財 風神雷神図屏風 尾形光琳筆 東京国立博物館 <展示期間:10/10~11/8>
  風神雷神図屏風 酒井抱一筆 出光美術館 <展示期間:10/27~11/23>
「風神雷神図屏風」3作品を同時に鑑賞できるのは10月27日~11月8日です。
2作品展示期間中は「夏秋草図屏風」が展示されます。


光悦と宗達
信長、秀吉、家康―天下の覇者がめまぐるしく入れ替わり、世情不安定な時代の都に、光悦と宗達は生まれました。刀剣の手入れや鑑定に携わる家に生まれ、錚々たる武将たちと交わり、書家として、また陶芸家や漆芸のディレクターとして活躍した光悦。俵屋という絵屋を経営し、公家や社寺、上層町衆のために扇絵や障壁画などを描いて名を知られたという宗達。二人の交流は、美麗な料紙装飾と豊麗な書の競作によって、現代に伝えられています。

光琳と乾山
徳川の治世がもたらした平和と繁栄の時代、元禄。琳派誕生からおよそ百年後のこの頃、京で壮年期を過ごしたのが、尾形光琳・乾山の兄弟でした。光悦とも縁戚関係にあった尾形家は、洛中でも指折りの高級呉服商・雁金屋。恵まれた環境にあった二人は、おそらく光悦や宗達の作品を身近に、書画や能などの教養を身につけて育ちます。
贅沢な暮らしが身になじんでいた二人は、自分たちが手にしたいものを制作したのではないでしょうか。そしてそれは、高級品を享受する人々が居住し、それを作り出す職人たちが集住する京であったからこそ可能だったのです。

光琳を受け継ぐ 江戸琳派
江戸に幕府が開かれておよそ200年。それまで京大坂の文化に追随してきた江戸は都市としての成熟を迎え、戯作や浮世絵版画に代表される洒脱な世界が、武士や富裕な町人によって生み出されました。その中から登場した酒井抱一は、江戸文化を謳歌する粋人でした。
抱一が成し遂げた重要な事業が、文化12年(1815)の光琳百年忌にあたって出版した『光琳百図』と『緒形流略印譜』。光琳の作品をまとめるとともに、これまで流派として意識されていなかった芸術家たちを緒形流として整理し、現在の琳派研究の礎を築いたのでした。


2015(平成27)年10月10日(土)~11月23日(月・祝)
@ 京都国立博物館 平成知新館




   いえ、ま、クリムトは好きですけれどね。
   クリムトはきちんと咀嚼吸収したうえでアウトプットしていると思います。
   でもクリムトまでRINPAに含めちゃうって・・・アツカマシクナイ??





第67回正倉院展 - 2015.10.23 Fri

img346.jpg img347.jpg


恒例正倉院展 第67回になりました。

作品数は例年と遜色ないのに、なぜかあっさりした見応え・・・

今回目玉の琵琶とか、鏡とか、紅牙撥鏤尺とか・・・正倉院御物の中にもっと美しい作品があるのを知っているのですよね。
たぶん、そのせいだろうなと思います。
(↑の琵琶の裏面、ヴィトンのデザインの先駆だそうですが・・・)

それでも、秋の年中行事。
11月9日までです。
夕方なら多少すいているようです。

第67回正倉院展
 本年の正倉院展には、北倉9件、中倉22件、南倉29件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて63件の宝物が出陳されます。そのうち初出陳は12件です。例年通り正倉院宝物の来歴と概要がわかるような構成ですが、最新の調査成果を反映した内容に特色がみられます。
 聖武天皇ゆかりの北倉からは、七条褐色紬袈裟(しちじょうかっしょくのつむぎのけさ)が出陳されます。袈裟は『国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)』の筆頭に掲げられるもので、仏教に深く帰依(きえ)した聖武天皇の信仰を伝える宝物として注目されます。また彫石横笛(ちょうせきのおうてき)・彫石尺八(ちょうせきのしゃくはち)は、石でできた珍しい管楽器で、表面に美しい浮彫文様(うきぼりもんよう)が施されています。天皇のご所用にふさわしい豪華な装飾が特色です。東大寺伝来の紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ)、漆鼓(うるしのつづみ)とともに天平の調べに思いを馳せてみてください。
 また本年は年中行事に関わる宝物が多数出陳されます。銀・銅・鉄で作られた大きな針(はり)や赤・白・黄色の縷(る)(糸)は、手芸・裁縫の上達を祈る乞巧奠(きつこうでん)という七夕(たなばた)の行事に使用されたと考えられるものです。紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)は象牙という高価な素材を使用し、華麗な装飾が施されており、天皇に鏤牙尺(るげしゃく)(撥鏤のものさし)を献上する2月2日の儀式に使用されたとの説があります。他に斑犀尺(はんさいのしゃく)、木尺(もくしゃく)も出陳され、様々な表情のものさしを見比べることができます。
 ところで、本年は平成21年~24年に宮内庁正倉院事務所で行われた特別調査の成果を示す宝物が出陳されるのも話題の一つです。以前の調査で鯨鬚(くじらひげ)とされていた柿柄麈尾(かきえのしゅび)の毛は猪毛だということが判明するなど、従来の説を覆す結果も今回の調査で得られました。また毛氈(もうせん)類の材質や製法についても新たな知見が得られております。最新の知見に展示品を通じてふれていただくとともに、古代の獣毛の使用法について思いを膨らませてみてください。
 このほか蘇芳地金銀絵箱(すおうじきんぎんえのはこ)や密陀絵龍虎形漆櫃(みつだえりゅうこがたのうるしのひつ)に施された流麗な絵画、柿柄麈尾や玳瑁竹形如意(たいまいのたけがたにょい)に施された精緻な細工、琥碧魚形(こはくのうおがた)や東南院古文書(とうなんいんこもんじょ)第三櫃第三十三巻から偲ばれる天平の生活様式や社会など、宝物の魅力を様々な角度からお楽しみください。 

mini_151023_1523.jpg
 




 2015年10月24日(土)~11月9日(月) 全17日

 奈良国立博物館 東新館・西新館




  mini_151023_1531.jpg  
鹿たちがなぜか集まっていました。




  

手編みのくつ下 - 2015.10.22 Thu

面白い本を見つけました。

輪針1本で左右同時にできる 手編みのくつ下

        ん??

輪針1本で左右同時にできる ??

そんなことがあっていいものなのだろうか??

どうやったらそんなことができるのか

       知りたい! 


じつは11月17日発売。 未刊・・・。

手編みの靴下を作るつもりは全くないのだけど(耐久性に難ありと思っている私・・・)

立ち読みしますヾ(・・ )ォィォィ




輪針1本で左右同時にできる 手編みのくつ下

右足と左足が一度に編みあがる、まったく新しいくつ下編みメソッド。初心者でも迷わず編める編み方チャート付き!





すてきにハンドメイド 2015年 11 月号 - 2015.10.22 Thu



NHK すてきにハンドメイド 2015年 11 月号です。

もう10月も22日......
11月号が出ているのを(いつもは待ち構えているのに)QPのメルマガで知りました(・・;)

その斉藤先生はなんと"ちゃんちゃんこ"!
  ちゃんちゃんこって表現されなくても"あったかベスト"とでも表現されたらよかったのに・・・(・・;)
  ちゃんちゃんこって着物風なお袖がある気がしません? 前は羽織のようなひもで・・・
  ま、ちゃんちゃんこというネーミングに何か思い入れをお持ちなのかもしれません。

ミシンキルトです(^^)v

花岡瞳先生は"ドット模様のバッグ"❤
キリっとカッコいい!
こちらもミシンキルト(^^)v   私のため?ヾ(・・ )ォィォィ ちゃうちゃう

ニット特集もかわいらしく、易しく♪

どれか形になるかなぁ❤

NHK すてきにハンドメイド 2015年 11 月号

秋のニット大特集
 ・かぎ針で編むレース風くつした 田沼英治
 ・輪針で編むニット帽 ベルンド・ケストラー
 ・グラニースクエアのベスト 岩切エミ
 ・花子のかぎ針ミニマフラー 宮川花子
テキスト企画
 ・ラップキュロット 月居良子
 ・ガーター編みのケープ 風工房
 ・サイド切り替えのジャンパースカート 野木陽子
 ・おしゃれちゃんちゃんこ 斉藤謠子
 ・ドット模様のバッグ 花岡瞳
 ・ざくざく編めるあったかおざぶ 小須田逸子
 ・シェルポーチ 飯塚礼子
 ・おさるさんの編みぐるみ 福村弘美





パフパフバッグ - 2015.10.21 Wed

mini_151021_1606.jpg

mini_151021_1607.jpg

手作り手帖 VOL6 2015年 初秋号に掲載されていた 菅原順子さんの"パフパフバッグ"です。
リクエストがあったので。

横と縦にタックを取って、ミシンでカタカタすぐ!のはず(^^)v
何に時間がかかったって・・・布選び(笑)
布のコレクターでありますからして・・・(汗)

それが・・・・・・丈夫なようにと分厚い布(オックス?)を選んだのが間違いでした(;_;)
ミシンにも拒否られて・・・畳屋さん修行・・・でした。最後の4重タックはきつかった・・・。
普通のプリント布をお使いになることをおススメします。
あ、もちろん、職業ミシンとかジーンズも楽々等のミシンをお使いの方はその限りにはあらずです。

中袋の猫ちゃん、かわいいでしょう?
バリ島風というか・・・これまで使うところがなかった・・・(・・;)

反省点はありますが、これはこれでOKかな~♪



       -----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----




先日、新聞でバカ受けしたのがこれ
mini_151016_1112.jpg

特に福山さんの大ファンということもなかったのだけど、私には関係ないとは言え、なんとなくショック・・・でした。

なんとなく忘れてしまっていたのだけど、あれは五郎丸選手のおかげでしたか~(笑)


阿弖流為(あてるい) - 2015.10.14 Wed

aterui1.png

aterui2.png

歌舞伎NEXT 阿弖流為 あてるいを観ました。

高橋克彦さんの『火怨―北の燿星アテルイ』を読んだのが2005年のこと。
そのときからの阿弖流為(あてるい)の大ファン❤ (私には珍しく再読を繰り返しています)

2002年に劇団☆新感線で染五郎さんが舞台化されていたのを知って惜しいことをしたと思っていたのですけれど(アテルイ) それを歌舞伎化したのが本作!
これはもう見るっきゃない!!
染五郎さんは『マンガ日本の歴史7』を読んで阿弖流為に注目されたのだそうです。
そういう子ども向けの概論のマンガに阿弖流為が載っていたことに、ちょっとびっくり!

舞台の方、"歌舞伎"とはまた違ったスピード感あふれる場面転換&殺陣&照明&音響・・・等で基本的には面白いものでした♪
役者さんたちも皆さんそれぞれところを得て、ステキ!
私的に今回一番目を瞠ったのは七之助さん❤
久しぶりに観たという気もしますが、こんなにちゃんと台詞を言える(伝えられる)人になっていたのかという驚きは気持ちよかった!

が、私が阿弖流為を好きなのはその軍略なのですね。
そこを舞台でどう表すのかと思ったのですが、やはりそこはムリ。
阿弖流為や田村麻呂、立烏帽子の心情を描き出すのでいっぱいいっぱい。
ま、それでも まつろわぬ民 (←朝廷側が一方的に決めつける)の存在そのものにスポットがあたって、気づきがあればいいかなと思います。
なにせ坂上田村麻呂は有名なのに、阿弖流為は知る人ぞ知るという存在なんですもの。
  (昨今の沖縄の基地問題だってそうでしょ?なんで政府&本土の都合をムリヤリ押しつけるの?)


 あ~! 『火怨―北の燿星アテルイ』 また読み直したくなってきた♪


歌舞伎NEXT 阿弖流為 あてるい

 古き時代、日の国――。大和朝廷は帝による国家統一のため、帝人(みかどびと)軍を北の地に送り、そこに住むまつとわぬ民、蝦夷(えみし)に戦を仕掛けていた。その頃、都では、蝦夷の“立烏帽子(たてえぼし)党”と名のる盗賊一味が人々を襲っていた。それを止める一人の踊り女。彼女こそ立烏帽子。女だてらの立烏帽子党の頭目だった。町を襲う盗賊が自分たちの名を騙る偽者であること暴くため変装していたのだ。そこに都の若き役人、坂上田村麻呂もかけつける。さらに“北の狼”と名のる男も現れ、偽立烏帽子党を捕える。この事件をきっかけに北の狼と田村麻呂は、互いに相手に一目置くようになる。だが、北の狼と立烏帽子は、蝦夷が信じる荒覇吐(あらはばき)神の怒りを買い、故郷を追放された男女だった。
 北の狼の本当の名前は、阿弖流為(アテルイ)。故郷を守り帝人軍と戦うため、立烏帽子と二人、蝦夷の里に戻ることにする。荒覇吐神の怒りをおさめた阿弖流為は、蝦夷の兵を率い、帝人軍と戦う。彼の帰還を快く思わぬ蝦夷の男、蛮甲の裏切りにあいながらも、胆沢の砦を取り戻した彼は、いつしか蝦夷の新しい長として一族を率いていく。
 一方、田村麻呂も、帝の巫女である姉、御霊御前(みたまごぜん)や右大臣藤原稀継(ふじわらのまれつぐ)らの推挙により、蝦夷大将軍として、蝦夷との戦いに赴くことになってしまう。阿弖流為と田村麻呂、互いに認め合う二人の英傑が、抗えぬ運命によって、雌雄を決する時が来ようとしていた。

【作】中島かずき

【演出】いのうえひでのり

【配役】
  阿弖流為  市川 染五郎 
  坂上田村麻呂利仁  中村 勘九郎
  立烏帽子/鈴鹿  中村 七之助
  阿毛斗  坂東 新 悟
  飛連通  大谷 廣太郎
  翔連通  中村 鶴 松
  佐渡馬黒縄  市村 橘太郎
  無碍随鏡  澤村 宗之助
  蛮甲  片岡 亀 蔵
  御霊御前  市村 萬次郎
  藤原稀継  坂東 彌十郎


松竹創業120周年  歌舞伎NEXT
阿弖流為 あてるい
2015年10月3日(土)~17日(土)
昼の部  午前11時30分~午後3時20分
大阪松竹座






ラグビー2019へ - 2015.10.12 Mon

1010.jpg

2015年W杯、JAPANの闘いは終わってしまいましたねぇ。

決勝トーナメントには行けなかったけれど、最後も勝って気分よく・・・(^^)v
優勝しない限りは次からは負けて終わることになるので、これはこれで気分いいかも♪

ラグビーを好まなかった私などでも面白いと思えるようなゲームをしてくれました❤

静かな出発に比して、てんやわんやの帰国になるに違いない・・・
ちょっとばかりデジャヴはなでしこかなぁ。

応援続けなくっちゃね!

継続は力なり(^^)v




【結果】
19月19日 16:45 南アフリカ共和国  32 - 34 日本
19月23日 14:30 スコットランド  45 - 10 日本
10月13日 14:30 サモア 5 - 26  日本
10月11日 20:00 アメリカ合衆国 18 - 28  日本

3勝して決勝トーナメントに行けなかった唯一の国になるのだそうですけれど、
そういうレギュレーションなのはわかっていたわけで・・・
たらればは禁物!


第13回QUILT HOUSE あんだんて 作品展 - 2015.10.09 Fri

img342.jpg

img343.jpg

前回から2年半ぶり!

花岡瞳先生と清水良悦先生のQUILTHOUSEあんだんて第13回パッチワーク・キルト展 に行ってきました!

↑の作品は清水先生のもの。
いつもながらのピースワークの細かさ、確かさにはため息です。

花岡先生の新作はなんと8mmのパイナップル! しかもミシンピーシングです!!(@_@;)
キルトはハンドで、8mmのパイナップルの重なりですもの、硬くてたいへんだったそうです。

生徒さんたちの作品もそれぞれステキ♪
カラフルな作品もあって、多様性が増しましたね。

アンティークキルトも数点!

今後は2年に1回と期限を定めず、例えば会場も作品の大きさも決まりを設けずにいきたいとおっしゃっていました。
このような作品展を拝見できるのはラストチャンスかもしれません。
皆さまもぜひ!❤
あさって11日(日曜日)までです!


   QUILTHOUSEあんだんて第13回パッチワーク・キルト展

   2015年10月8日(木)~11日(日) AM10:00~PM4:30

   @京都文化博物館5F  京都市中京区三条高倉 





大英博物館展  ―100のモノが語る世界の歴史― - 2015.10.08 Thu

img316.jpg  img317.jpg
img318A.jpgimg319A.jpg

神戸に用事があったので、ついでと言ってはなんですが  大英博物館展  ―100のモノが語る世界の歴史― @神戸市立博物館に行ってきました。

大英博物館にいくつのモノがあるのかは知りませんけれど、その中の100ですもの、大したことないっちゃ大したことないのですが(・・;)、でも著名な《ウルのスタンダード》とか《ルイス島のチェス駒》とかホンモノを確認できてうれしかった❤
思った以上に精微でステキでしたよ。

それと歴史的に古いものから並べてくれていたので、世界史を概観できるのが有意義♪
中南米のプリミティブに見えるものがけっこう新しかったり・・・
しっかりイヤホンガイドも聞いてきましたし。

ただ、最上級のものが集められているかというと少々疑問が・・・
縄文式土器もありましたけど、どうせなら火焔土器がほしかったなぁ(個人的好み)

1月11日までと長いので、お時間がおありの時に覗いて見られたらどうでしょう。


mini_151008_1634.jpg前売フィギュアセット券を買っていたので、いただいたフィギュア。
    カプセル入りなので選べません(・・;)
"ホクスンの銀胡椒入れ"です。
AD4Cころのローマの貴婦人の形。
(胡椒自体が高級品!)

カプセル入りフィギュアは販売もされています。

    ルイス島のチェス駒がよかったな




《ルイス島のチェス駒》
chess1.jpgセイウチの牙、クジラの歯 イギリス・ルイス島、おそらくノルウェーで製作 1150〜1200年高さ:9.9cm 幅:5.1cm 奥行:4.4cm(中央・キングの駒)
中世のセイウチ牙貿易の中心地、ノルウェー・トロンヘイムで製作されたと考えられ、スコットランドのルイス島で合計78個の駒が見つかった。インドを起源とするチェスはヨーロッパに伝わった後、クイーンとビショップ(司教)が盤上に加わった。ヨーロッパでのビショップの社会的地位を反映させたのだろう。


chess.png映画「ハリー・ポッターと賢者の石」の中で、ハリーとロンがやっていたチェスのモデルです。
ホンモノは残念ながら動きませんけど(笑)


mini_151008_1322.jpg記念撮影用の拡大バージョン♪


大英博物館展  ―100のモノが語る世界の歴史―

英国・ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と時代を網羅したコレクションを誇ります。
「大英博物館展一一100のモノが語る世界の歴史」は、約700万点の収蔵品から選び出した100の作品を通じて、200万年前から現代に至る人類の歴史を読み解こうという試みです。選ばれた品々は、一見して何げない日用品から教科書にも登場する芸術的な名品まで多岐にわたります。100の「モノ」たちは、それらを手にした人々の日々の営み、信仰の対象、激動する社会背景など、様々な「歴史の断片」を私たちに語りかけます。中には初めて目にする地域や文化からもたらされた物もあることでしょう。一方、私たちになじみ深い文化が残した物にも、思いがけない発見があることに驚くはずです。
本展を通じて、地球をめぐる時空を超えた世界旅行をどうぞお楽しみください。


「人類の文化遺産の殿堂」が総力を結集、全8部門のコレクションを一堂に
「先史・ヨーロッパ」「古代エジプト・スーダン」「中東」「ギリシャ・ローマ」「アジア」「アフリカ・オセアニア・アメリカ」「コイン・メダル」「版画・素描」の8つの所蔵部門から厳選した100作品(グループ展示などを合わせた総点数約190点) を一堂に紹介します。

時代と地域を越えて、驚きに満ちた200万年の世界旅行へ
最古の石器が作られた人類発祥の地から現代のグローバル社会まで、「モノ」を手がかりに人類の歴史をたどります。舞台はアジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニア、南北アメリカと世界中にまたがります。

人気映画や教科書でもおなじみ、大英博物館屈指の名品が来日
ハリウッド映画「ハリー・ポッター」第1作に登場する「ルイス島のチェス駒」、日本の教科書にも紹介されている「ウルのスタンダード」など、コレクションの中でも抜群の知名度を誇る名品が来日。同館の代名詞とも言える「ロゼッタ・ストーン」は、本展のために原寸レプリカを特別制作し、展示します。



2015年4月18日(土) ─ 6月28日(日) @東京都美術館
2015年7月14日(火) ─ 9月6日(日) @九州国立博物館

2015年9月20日(日)―2016年1月11日(月・祝) @神戸市立博物館





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (752)
パッチワークの作品づくり (215)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (330)
パッチワークの展覧会 (85)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (178)
ハンドメイドの作品づくり (59)
刺繍&その他手芸の本 (96)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (114)
暮らし (586)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: