2016-02

シラー・チュベルゲニアナとレンテンローズと・・・ - 2016.02.29 Mon

何やら小雨模様&風が強い。またしても台風並みの低気圧通過・・・。
北海道は猛吹雪になるそうです。どうぞお気を付け下さい。
こちらでも今夜遅くには雪orみぞれの予報が出ています。


我が家で"春告花"と認識しているシラー・チュベルゲニアナが咲きはじめました。
これからぐいぐい伸びて、GWの頃には葉っぱも無くなってしまう・・・。
隅っこに植えっぱなしなのですが、玄関脇にあって気づきやすいこともあって、けな気でかわいい。
SN3S3462.jpg


クリスマスローズ もとい レンテンローズ
SN3S3456.jpg
クリスマスローズと言いながらクリスマスの時期には咲かないなぁ、どこかよその国ではクリスマスに咲くのかしらと長年疑問だったこのお花、ほんとうはレンテンローズというのだってTVで知りました。
レンテンとはキリスト教のアッシュ・ウェンズデー(灰の水曜日=イースターの46日前)からイースター(復活祭)までの期間であるレント(Lent:キリスト教の四旬節)に咲くことから付けられたのだそうです。
たぶん、園芸店で売り出すときに、レント&レンテンって日本ではなじみがないし、お花は似ている(同じクリスマスローズ属)のでクリスマスローズで行っちゃえってことになったのでしょうね。何年も前にクリスマスローズって表記で買いましたもの。
これは白ですけど、レンテンローズはいろいろな色があることが特長だそうです。
うちの紫のはまだつぼみです。


昨日の朝刊一面
mini_160228_1026.jpg
自分で調べなくても、載せてくれました。
ただし、選択肢がない・・・(ノ_-;)ハア…


北浜・淀屋橋界隈散策 - 2016.02.26 Fri

北浜・淀屋橋界隈はお気に入りの洋風建築も多く、行ってみたい場所ではあったのですが、折がなく・・・
(キタでもなく、ミナミでもなく、ビジネスマンでもなく、市民でもなく・・・σ(・・;))

『樋口愉美子のステッチ12か月』展で、リネンバード北浜店を訪れたので、いいチャンス!
真冬の寒さでしたけど、晴れていたのでうろうろしてきました。
下調べはばっちり!(大大阪モダン建築建築MAP大阪/神戸

以下、興味のある方は Read More↓ から見てくださいね。長いです(・・;)
(画像はクリックすると別窓で大きくなります)

『樋口愉美子のステッチ12か月』展 - 2016.02.25 Thu

mini_160225_10570.jpg

mini_160225_10570001.jpg

リネンバード北浜店で開かれている『樋口愉美子のステッチ12か月』展に行ってきました。

ステキでしたよ~!
そして、本で見るより小さい印象=細かい!

キットもいくつかありましたけれど(いくつか売り切れ)、生地セットを1組だけいただいてきました。
さ~て??(笑)


『樋口愉美子のステッチ12か月』展

“ゆっくりと流れる季節を思いながら一針一針を刺すことは、
わたしにとってとても愉しく胸踊る時間であり、
豊かな自然の恵みに感謝の気持ちを込めることでもあります”
(「樋口愉美子のステッチ12か月」より)

刺繍作家 樋口愉美子さんの著書“樋口愉美子のステッチ12か月”に掲載された作品群をリネンバードで展示します。
巡る季節の移ろいを“12か月”というテーマで表現されています。
植物は健やかに、動物は愛くるしく、のびのびとほどこされた刺繍はエネルギーに満ち、そこからは、手作業の楽しさや安らぎを感じ取ることができます。

リネンバードの生地で作ったトートバッグやクッションと刺繍糸をセットにした材料セットや、仕立てた刺繍をアートのように壁に飾れる木製パネル、生地セットなど、たくさんご用意いたします。

リネンバード
二子玉川店 2016.02.06 sat - 02.15 mon
北浜店   2016.02.20 sat - 02.29 mon
  大阪市中央区高麗橋1-7-3  北浜プラザ内1F  (北浜プラザは元三越大阪店の場所)

    


    

電力自由化、5つの誤解 - 2016.02.23 Tue

sindenryoku.jpg

電力小売り全面自由化詐欺の被害ってもう出ているのでしょうか?
報道されているのに気づいたことはないのだけど・・・
(そのうち短縮形が浸透するのかしら)

(いつもは重い腰の)消費者庁が手まわしよくこんなチラシを作ったそうなので、掲示。

まぁ、ネットを見られる人が被害にあうことは少ないのでしょうけれど。
詐欺師ってほんとにいち早く対応するからアタマいいなぁって思う・・・って感心してる場合じゃないのだけど。


☆原発を使う電力会社より少々高くなっても別の電力会社を使いたい
☆安定供給が保証されていなくては困る
☆オールガスにはしたくない(インフラを1社に頼りたくない=1社が倒れるとみんなアウトになるから)

さ~て、どうする??σ(・・;)


刺しゅうのブローチ - 2016.02.22 Mon

mini_160222_1332.jpg

キルトも飽きたので、ちょこっと刺しゅう。
ブローチができました。

寒いので、家にあったウールの布にウールの刺しゅう糸。
いきなり応用作品?と自分でも思わなくもなかったのだけど、適当な麻布がなかったこともあり・・・。
何がたいへんだったかって、図案を写すところ。
写したはずの図案も消えていくので途中からフリーハンドになってしまって・・・
先生、ごめんなさいって感じです。

樋口愉美子のステッチ12か月 を参考にさせていただきました。


手づくり手帖 Vol.08 早春号 - 2016.02.18 Thu

手づくり手帖 Vol.08 早春号 です。

あまり買うつもりはなかったのですけれど、青木和子さんの表紙に魅かれてしまって・・・

付録も 青木和子さんデザイン・監修の「春の庭のドイリー」
綿麻生地、刺しゅう糸、転写紙、針のセット
ステキね~♪

パッチワークはこうの先生の、大きめピースの、すてきな作品たち❤
(でも・・・キルトはしっかり入ってる・・・(・・;))


立ち読みは → こちら


注:『手づくり手帖』Vol.8の付録「春の庭のドイリー」
刺しゅう糸の使用本数の表記が一部されていませんでした。
指定されている本数以外の刺しゅう糸の本数は、3本になります。
お詫びして訂正いたします。
ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。



手づくり手帖 Vol.08 早春号

特集:庭(ガーデン)にまつわる手づくり

巻頭特別寄稿
 私の庭と手づくり 桐原春子

ガーデンにまつわる手づくり1
 庭と刺しゅうをめぐる物 青木和子
 魅惑のプリント「リバティ」 荻原延元

ガーデンにまつわる手づくり2
 こうの早苗さんのキルトとガーデンの素敵な関係 こうの早苗

ガーデンにまつわる手づくり3
 アイリッシュ・クロッシェレース  草原の植物をモチーフに 北尾惠以子

ガーデンにまつわる手づくり4
 至福の文様世界(4)ウィリアム・モリスと「文様の花園」―インド、中国との出会い― 鶴岡真弓


特集2 おとなの学校
 Lesson5 ちりめん細工の桜の押絵小箱  南 尚代
人気テーマ「おとなの学校」。今号は、伝統のちりめん細工を今に伝える日本玩具博物館に協力をいただき、きれいに仕上げる「押絵の小箱」のコツを習います。

特別企画
 やまとの匠、日本のこころ真田紐 その一真田紐師  江南 和田伊三男
実用品なのに美しく、しかも丈夫。そんな真田紐の不思議と魅力、現代に生きる使い方、未来への展望などを、真田紐の将来を見据える、15代真田紐師、江南 和田伊三男さんに2回に亘って語っていただきます。

季節を感じる特集
 生活を彩るアート ポーセラーツ
 フルリストが提案する 花のある暮らし(4) ピボワンヌ
 洋裁日和(4) 茅木真知子さん「手づくりエプロンの愉しみ」
 岩﨑啓子さんの体思いやりレシピ  おいしい! ヘルシー! 旬の野菜で“もう一品”

巻頭連載:季節のレース切り絵 蒼山日菜

連載 エッセイ
 五感の調べ(8)  吉岡幸雄
   日本人は何を纏ってきたか
   親しみある茶色、胡桃色

 心から形へ(8) 美しきもの 赤木明登

 テキスタイルの風(4) 北の国のリトル・モリス 点と線模様製作所 岡 理恵子さん

 フォークアートに見るアメリカン・スピリット(3) 針刺しと針道具 小林 恵

人・ミュージアム 手の人
 伝統と個性がまざり合う、新しい手まりの世界 荒木永子さん

 英国式刺しゅうに魅せられて 笹尾多恵さん

 美の集まる場所を訪ねて(8) 江戸伊勢型紙美術館

 紳士の手づくり礼賛(8) 縫う人 田中宏和さん

手づくりとアイディア
 作ってみましょう(4) 布選びも楽しんで! 小さながま口 ヨシコさん
 アイディアの逸品 ドレスデンポーチ 菅原順子さん
 村西恵津さんに教わる 季節を映すモダン絵手紙(4) やっぱりサクラ、さくら
 自分色を楽しむために 素材を楽しむ手づくり モダン・レティキュール瀨戸まり子さん





核の"ゴミ" - 2016.02.11 Thu

mini_160210_1538.jpg
ここで触れられているTVニュース番組をたまたま両日とも見ていた。

2日目にキャスターが憮然とした表情で「ゴミではなく再生資源だ 云々・・・」と訂正(?!)されているのを聞いていて
我が家では「じゃ、うちのゴミも再生資源だ。ゴミなんて言っちゃいけない」って笑っていたのだけれど

関電から厳重な抗議が来たに違いない。
(あ、政府関係者からか?なんせ政府の方針に反することを報道したら電波停止だそうだから)

一般ニュースでわかりやすく伝える場面で、再生する見込みが全くないものを"ゴミ"と言わずしてなんなのだろう?
しかも処理する手段もない。

「原発敷地内でとりあえずためておくところも2020年までいっぱいにならない」(大意)とも言っていたが
2020年って何年後よ(-"-)


関電も、「ウランを既にこれだけ買ってしまっているから(買う契約をしてしまっているから)すみません、これだけは使ってしまわないとその分丸丸赤字になるので」とか言えばいいものを、大上段に安い電力を消費者の為にとか言うから許せなくなる。
原発が安いか??
ゴミの処理にいくらかかる??
もし地震が起きたら、地震ではなく単なる事故でも処理するのにいくらかかる?? 何年かかる??
フクシマから何も学ばないのか??

地元はお金が落ちるので、再稼働を認めてしまった。
万が一事故が起きたら実効的な逃走手段もないのに。
琵琶湖が汚染されて、近畿の多くが水も使えなくなるのに。

今「日本文化のかくれた形(かた)」という本を読んでいる。
日本の社会・文化・思想の深層に内在する「かくれた形」(archetypes)を論じようというもので
その中で評論家の加藤周一さんが「現在主義」をあげていらっしゃる。
過去は振り返らない、できるだけ早く忘れる。未来のことは起きた時に素早く対応する。
(例示として日本特有の絵巻物をあげていらっしゃるのだけど、確かに過去は巻き取られて見えないし、未来も巻いてあって見えずにいて、見えるのは現在拡げているその場面だけ)
この本は元々は1984年刊行のモノなのだけれど、日本人の本質が変わるはずもなく。
(この本、なかなか面白いですよ。講演集なので簡単だし。まだ1/3ほど読んだところですが)

話がそれてきてしまった。
ゴミはゴミです、きっぱり。



POPET - 2016.02.09 Tue

mini_160209_0922.jpg

ドームのお土産っていただきました(深謝)
ちょっと見えにくいんですけど、(一瞬ガムかと思った(・・;))箱の中身はクマの形をしたビニールの袋で
ゴミを入れるとクマの形に完成するというものです
(私は知らなかったんですけど有名?)

popet.png

これ、布の裁ちくずとか糸くずとか捨てるのにぴったり。
(硬いものだと破れてしまう)
"これがいっぱいになるようにがんばって縫ってね"っていうお気持ちなのですけど
身近な目標で、うれしいなぁ❤ (いたって単純σ(・・;))

いっぱいになったらクマの形が完成で、うれしいじゃない?
本来ゴミの分別をするべく作られたもののようですけど、いっぱいになっても捨てられないに違いない。
クマを見ながら "この辺はあれを作ったところ" とか振り返ってしみじみするに違いない。
まだひとつも入れてないクセに妄想が広がります。

    いっぱいにするためにわざと裁ちクズを作ったらどうかしらん (゜゜☆\(--メ)ポカッ



「捨てる」という行為を「餌をやる」に置き換えてみると
ゴミ袋は可愛いペットへと生まれ変わります。
ゴミを捨てることでペットは餌をもらい育ち、
ゴミ袋がいっぱいになった時、それはペットが大人になった時。
大切に育てたペットは立派に成長し巣立って行きます。
「ポペット」はゴミで育つペット。
分別をしなかったり、捨てなくていいものまで捨てたりすると
おなかを壊してしまいます。「ポペット」の体調は環境と同じ。
ポペットをかわいがることは環境にも優しいこと。
ちょっと散歩に出かけたくなる。落ちてるゴミを拾いたくなる。
誰かにプレゼントしたくなる。思わず笑顔になってしまう。
POPETは、ポケットにしのばせると、
日常がちょっと楽しくなるモノ(ゴミ袋)です。




【追記】
阪本あかねさんのマッキナでは、これに端切れを詰めてホビーショーで売ったことがあるんですって!
2009年の4月に!
私、ちゃんと目を開けていたのかしらん・・・

ずいぶんな量が入るようで、私のクマの完成はいつになることやら・・・とほほ。




ばらのタペストリー その1 - 2016.02.06 Sat

mini_160206_1113.jpg

ばらのステキなパネル柄はちょっと前から持っていて
先月こうの先生のご本で使われているのを見て思い出し・・・
ちょこっとちくちく。トップ完成。
こうの先生のご本を見ていた割にはカジュアルなものになりました。(身分相応(笑))

私、2枚(だけ)の布で作ったのは初めてのような気が・・・。(いつもスクラップ)

ボーダーにレースと、ラティスに刺しゅうを入れるかもしれない。入れないかもしれない。

とりあえずキルトですね。

がんばります。(その2があったらいいなぁヾ(・・ )ォィォィ)




neko shirt ねこ刺繍 - 2016.02.05 Fri

すてきなししゅうの本を見つけました。

     neko shirt ねこ刺繍

ねこがほんとにリアルですごい!

息子さんのシャツに彼の好きなねこを刺しゅうしたのが始まりだったとか。

そこから動物の種類も広がって、犬、かえる、金魚・・・etc

それぞれその飼い主さんの注文による1点もの。

リアルで、なおかつウィットに富んだ配置にはうならされます❤
それぞれ表情がかわいい!


さすがにこの本は買ってないのです。
作品はこのFlickrのサイトで見られます。

作者のhiroko kubotaさんは奈良在住だとか。
残念ながらもう注文は受けておられないそうです。
(お値段とか知りたかったですね)

neko2.png
   耳の中までこのリアルさ!
   しかも、これが"うちの子"だなんて! もうとろけちゃいますよねぇ。


neko shirt ねこ刺繍

刺繍アーティスト、hirokoが刺繍する「ねこシャツ」は、週に一枚ペースで世界に発信されている。
依頼者から送られてきたねこ写真を元に、シャツのポケットからねこが顔を覗かせている刺繍だ。
写真?と思えるほどの出来映えで、日本では無名だが、
すでに彼女の名前を騙ったニセモノが世界に出回っている。
「ねこシャツ」刺繍を多数紹介するとともに、作り方のヒントも紹介。
オリジナル小物刺繍の図案もあり、刺繍も楽しめます。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (752)
パッチワークの作品づくり (215)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (330)
パッチワークの展覧会 (85)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (178)
ハンドメイドの作品づくり (59)
刺繍&その他手芸の本 (96)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (114)
暮らし (586)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

最近読んだ本

UNの最近読んだ本

Search

Monthly Archive

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: